サヴァン症候群であり、小児外科の研修医である湊が、全ての子供達を大人にしたいという思いで、色々なことを乗り越え、成長していくストーリー。
病院の中で、問題児扱いをされている湊ですが、今回も家庭での複雑な環境を抱えた女の子が運ばれてくるところから始まります。
そんな、第4話のネタバレはこちらから。

<スポンサーリンク>


「グッドドクター」の第4話のあらすじ。ネタバレで紹介

小児外科の病室。小児外科医の瀬戸夏美(上野樹里)は、患者の綾瀬奈緒(川島夕空)の症状を聞いていたが、いまいち理解が出来ない。しかし、研修医の新堂湊は、症状を聞きいただけで、奈緒の病状を把握する。
本当に子供の気持ちがよくわかるのね、助かった、と感心する夏美だった。

大きな物音に驚く二人。小児外科に、公園で倒れていたという少女が搬送されて来た。少女は、とても攻撃的になっており、誰も近づくことができない。何も語らず、暴れる少女に、湊は近づいていく。
ベッドで目覚めた少女に、大丈夫です、悪いことはしません、という湊。

少女の担当医にさせてほしいという湊に、反対する小児外科医の高山誠司(藤木直人)だが、なぜか小児外科長の間宮啓介(戸次重幸)は許可するのだった。

夏美の元へ、院長の司賀明(柄本明)が現れ、湊を指導していることについて、いつもありがとうと、感謝を述べる司賀。夏美は、湊から学ぶとこはたくさんある、ただ、周囲とうまくいかない事もあると話す。それを聞いた司賀は、彼を信じて、のびのびやらせてあげて欲しいと頭を下げる。

間宮と猪口が話しているところを見て、隠れる高山。
実は、湊を担当医にさせ、問題を起こさせる。そこで、司賀に責任を取らせ、病院を辞めさせようと、副院長の猪口龍之介(板尾創路)は企んでいた。
いずれ小児外科が無くなったときは、間宮の納得のいくポストを用意する、という猪口に、嬉しそうに答える間宮。

その頃、搬送されて来た少女の身元が判明し、名前は大石あかり(高松咲希)という。
そこへ、あかりの母親、大石薫(瑛蓮)が病院へ駆けつけて来た。

主治医の湊から、あかりの症状が報告された。あかりは尿道に細菌感染が起き、そこから腫瘍ができてしまっている、このままだと腹膜炎を起こしかねない為、手術と10日ほど入院が必要だと説明をする。
そこで、夏実が、あかりが言葉を発さないのは何か先天的なものでしょうか、とたずねる。すると、母親は、私のせいだという。

あかりの実の母親は、あかりが3歳の時に死別してしまい、母親と父親の大石修治(村上淳)が半年前に再婚したのだという。最初の頃は、少しは話をしてくれていたあかりが、徐々に何も話をしなくなっていったという薫。あかりが発見された場所は、亡き母との思い出の公園だった。

病室で、優しく話しかける薫に対して、あかりは目も合わせず、固まったままだった。湊に、あかりをよろしくお願いしますと頭を下げて帰る薫。
薫が持って来た手提げ袋の中にお絵かき帳を見つけた湊。
「僕も絵が大好きです。寂しい時、悲しい時、お絵かきをします。一緒に絵を書きましょう」という湊に、お絵かき帳を奪い取るあかり。
間宮と猪口が話していたことを思い出していた高山。猪口の口から、うまくいけば理事長、東郷美智(中村ゆり)も喜ぶでしょうからね、という言葉を聞いてショックを受けていた。

そこへ、美智から連絡が入るが、緊急のオペが入ったと嘘をつき、約束をキャンセルする。
その夜、湊はあかりの病室で、ベッドから滑り落ちたお絵かき帳を拾う。開いていたお絵かき帳の中身を見てしまった湊に、誰にも言わないで、と初めて言葉を発するあかり。

 

翌朝、医局を訪れた美智は、昨日は緊急オペがなかった事実を知り、平静を装いながらも動揺していた。
小児外科を訪ねて来た薫は、あかりを退院させ、近くの病院へ転院させたいという。あかりの病室の前で、患者の子供達と会話する薫。その中で、湊が自閉症であることを聞き驚く。

あかりを退院させたいと聞いた湊が、急いで病室へやって来た。あかりを抱きかかえ、走り去る湊。止める薫に対し、転院はさせません、絶対に絶対に渡しませんと逃げる湊に、向かい合う薫。

そこへ、夏美と父親の修治がやってくる。
倒れ込んでいる薫に駆け寄る修治。湊に突き飛ばされたという薫に、修治はあかりを奪い取る。

院長室では、湊があかりを連れ去り、薫を突き飛ばしたことについての話し合いが行われていた。間宮は、自分の患者を取られるのが嫌で、手を挙げたのだという。どんな理由であれ、病院内で暴力を振るったことに弁解の余地はないという猪口。近日中に懲罰委員会を開くという美智。それまでは、湊は自宅謹慎となった。

病院を出ていく湊を追いかける夏美。あなたが意味もなく手をあげる訳が無い、何があったか話して、という夏美に、話しませんという湊。このままだとやめさせられちゃうのよ、といっても、話しませんと言い、湊は去っていく。
問題が起こる前に外すべきだったという高山。湊の後は夏実が担当を引き継ぐことになった。

 

とある料亭にて、猪口は、院長も退任の運びとなりそうだと、報告をしていた。そこで、小野寺(羽場裕一)から、東郷記念病院の改革プランの計画書を受け取り、酒を飲み交わす二人だった。
湊は、あかりの、誰にも言わないで、という言葉を思い出していた。

 

夏美は、あかりの病室で、修治と薫に謝罪していた。気を使い、薫を自宅に帰す修治。
手術の説明を聞き、いつからこんなことに、という修治に対し、病状から見て前から痛みがあったという夏美。あかりが自分に伝えてくれなかったことを嘆く修治。以前はよく話し、自分を励ましてくれたと語る。そんなあかりのためにも再婚を急いだのだという。
自分が情けないとうなだれる修治。

<スポンサーリンク>


そんな中、あかりが病室から姿を消した。湊に連絡する夏美。あかりの居場所を尋ねる夏美に、湊は、自分も探すと家を飛び出ていく。

あかりを探している夏美に、入院中の子供達が声をかけ、湊先生は悪くない、という。あの日、一部始終を見ていた子供が、あかりを奪おうと飛びかかった薫は、自分で壁にぶつかり転倒したのだった。

あかりの病室では、高山があかりのお絵かき帳を見ていた。そこへ駆けつけた夏美に、お絵かき帳を見せ、新堂はこのことを知っていたのかもしれないという高山。
そして、ちょうどその時、湊があかりを見つけたと連絡が入る。

思い出の公園だと聞いていた公園にあかりはいた。そこへ一番に駆けつけた湊は、どうして本当の事を言ってはいけないのかとあかりに尋ねる。

病院へ駆けつけた両親に、修治だけを呼びだす高山と夏美。そこで、薫が嘘をついているという事実を伝え、あかりが書いたお絵かき帳を修治に見せる。それを見た修治は、呆然とする。

 

公園で、あかりが我慢すれないいのというあかりに対し、

「ダメです。悲しい時は悲しい。痛い時は痛いと言わないとダメです。そうでないと心が潰れてしまいます。」

という湊。首を振りながら、倒れるあかり。
緊急搬送されるあかり。あかりの状態を細かく報告し、手術の方法も的確に伝える湊。あかりを一番把握しているの湊だと言い、湊をオペ室に入れてあげて下さいと頭を下げる夏美に対し、高山は許可をする。

 

手術が始まり、あかりの手術の成功を祈りながら、あかりのお絵かき帳を見る修治。
そこには、あかりが薫との生活や、修治に対する思いが綴られれていた。

 

再婚して間も無くは、お互いがお互いを知ろうと関係か良好だったが、ふと、亡くなった母への嫉妬から薫の様子が変わっていったのだった。

苛立ちや怒りをぶつける薫に対し、我慢を続けるあかり。お腹が痛いと訴えるあかりに対し、テレビの音量をあげ、無視する薫。

出張の多い修治が帰って来た時だけは優しい薫に、帰ってきて嬉しそうな父親を見て、自分が我慢すればいいと思い込むようになる。
そして、また出張に出かける修治を見送った後、お父さんが家にいたくないのはあんたがいるから、あんたが邪魔だ、と言い放つ薫。何も気づけなかった自分を激しく攻める修治。
そこへ、急いで薫が駆けつける。そんな薫に修治は、今すぐ出て行け、あかりに二度と近づくなと怒りをぶつけるのだった。

 

手術室ではバイタルが下がり、出血が起こる。腹腔内からの出血を指摘する湊。
湊の的確な指示で、あかりの手術は成功する。
夏美とともに、手術の成功を報告する湊に、ありがとうございましたと頭を下げる修治に、まだです、という湊。
病室で目を覚ましたあかりに、一人で我慢をさせて悪かった、と謝る修治。

湊は、あかりに、もう我慢しなくていいです、お父さんに本当の気持ちを言いましょう、という。

あかりは、修治に、ママがいなくなってから、自分のためにずっと頑張ってくれてたこと、お弁当を作ってくれたり、毎日家のことを全部やってくれていたこと、とても嬉しかったけど、パパが辛そうだったという。だから、自分が我慢しようと思ったのだと伝えるあかり。応援する湊。涙を流しながらも、本当はね、パパと二人がいい、と本音を伝える音が出来たあかり。修治も涙を流し、あかりを抱きしめるのだった。
その様子を病室の外で見ていた高山と夏美。夏美は高山に、立派な担当医ですね、と湊を認める。高山は何も言わず、その場を去る。

 

作戦が失敗に終わった猪口は、誰かと電話で話していた。次の手は打ってあると不敵な笑みを浮かべる。
理事長室では、必死に訴える美智だが、取引先の銀行から融資を打ち切られてしまう。

 

いつもの屋上でおにぎりを食べる湊。夏美とあかりの話をしていた湊が、僕もお父さん大好きです、でもお父さんは僕のことが嫌いでした、と告白する。

父親から、殴られたり、蹴られたりしていたという湊。我慢していたらきっと自分のことを好きになってくれると信じていたという。そんな父親でも、湊は大好きだと語る。医者になったら見てもらいたいという湊を、優しく見守る夏美。

高山に呼び出された夏美は、高山から、湊には画像診断科に行ってもらう、と言われ驚くのだった。

「グッドドクター」の第4話の感想

今回は、あかりという女の子がメインのお話でした。あかりの本当のお母さんは3歳で亡くなってしまい、それからは、父親が一人で家事をこなしながら、あかりと暮らしてきたという。
その中で、あかりはあかりで、父親が自分のために、仕事もしている上に、慣れない家事までこなし…そんな父親が心配だった。

父親は父親で、年ごろになってきた娘には、やはり、母親という特別な存在が必要なのではないかと悩んでいた。
お互いが、お互いを思いやっていただけなのに、それが噛み合わないこともある。
そこに、やってきた義母の薫。

結果、あかりに対して、ストレスのはけ口のように、苛立ちをぶつけるのだけれど、今、毎日のように虐待のような事件がたくさんある世の中で、何とも言えない気持ちになった。薫にとっても、きっかがひとつ何かあっただけで、あかりとの関係が豹変する。

いじめやストーカーなんかにも通じるもので、人間って本当に、何かひとつでこんなに変わることもあるんだと、とても複雑な気持ちで見ていました。

何より、そういう状況でずっと二人きりだった事。虐待という問題は、やる側、やられる側もそうだが、そこにだれも入れない事が問題で、今後、こんなケースはたくさん増えるのだろうと思う。周りも巻き込んで助けてもらうことも必要だなと思った第4話でした。

「グッドドクター」の第4話からの今後の予想

今回の義母からの虐待をきっかけで、湊自身も小さい頃から虐待を受けていた事実がわかった。そんな湊の過去も含めて。父親との関係もすごく気になります。

そんな湊を支えて、信じてくれる唯一の存在の夏美。まだ新人ではあるものの、熱い思いを持っていて、それを密かに感じている高山も、夏美の成長を願っている気がする。その関係性は、夏美と湊も同じではないだろうか。
自閉症というものに囚われている中でも、湊の能力の凄さは歴然で、高山は、そこに対して、脅威すら感じているように見える。

高山自身にも、隠している問題があり、そこもどうなっていくのか。
また、理事長の美智との関係もどうなるのか。
病院に対する考えのなかで、ズレが出てきているのか。誰かの陰謀なのか。
美智に対して、嘘をついた高山に、嘘をつかれた事にショックを受ける美智。
院長の司賀も、何を考えているか、なぜ、湊に関して、そこまでの思いがあるのか。湊と何か関係があるのかと、今後がますます気になります。

色々作戦を企てる人たちがいる中で、純粋な思いをこれからも貫いていって欲しいと思う。その思いがきっとこのドラマの感動につながっている部分だなと思います。厳しい現実の中でも、思いを貫いて行く潔さに、これからも期待しています。

<スポンサーリンク>


関連記事はこちら
◆過去のグッドドクターのあらすじ一覧


「グッドドクター」の第3話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について


「グッドドクター」の第2話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について