サヴァイ症候群の研修医の湊が、病院という組織の中や社会の中で、成長をしていくストーリー。
湊の父親が湊の病院へやってきた。果たして、湊と父親はどうなるのか?
気になる第6話のネタバレはこちらから。

<スポンサーリンク>


「グッドドクター 」の第6話のあらすじ。ネタバレで紹介

テレビで、小児外科の研修医の新堂湊(山崎賢人)を見た湊の父親の新堂航(遠山俊也)は東郷記念病院を訪ねてきた。航に、湊に連絡するようにと連絡先を受け取った、小児外科医の瀬戸夏美(上野樹里)は、院長の司賀明(柄本明)に相談する。

一方、小児外科医の高山誠司(藤木直人)から、当直を任されるようになった湊。自信がついた湊は、見違えるように生き生きとしていた。

 

院長室で、夏美は、湊から以前、父親から暴力を受けていたと聞いたと話す。司賀は、夏美に、このことは湊には黙っているようにいうのだった。

高山に呼び出された湊は、産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)を紹介される。鶴田は相談したいことがあるという。

産婦人科と小児外科の合同カンファレンスが行われ、そこで、周産期心筋症を患う妊婦の水野理香の胎児に、リンパ管腫が見つかった。鶴田は、EXITという帝王切開の際、胎児と妻帯を切り離さずに気道を確保し、分娩させるという手術を提案する。

母親は周産期心筋症を患っているため、この過程を30分で行わなければならないと高山はいう。もし、失敗をしたら母体と胎児、両方の命に危険が及ぶリスクがあり、そんな危険な手術をやる必要があるのか、と小児外科長の間宮啓介(戸次重幸)は反対する。

リスクを踏まえた上で理香本人が手術を望んでいるという高山。助手には、夏美と湊をつけるという。

夏美と湊は、理香の病室を訪れる。赤ちゃんの帽子を編みながら、初めての妊娠で流産してしまったこと、その後、3年間の不妊治療を経て、今回の妊娠に至ったことを語った。

それなのにと落ち込む理香に、お腹の赤ちゃんは必ず治すことが出来ますという湊。理香が編んでいる帽子もかぶることができるという。大丈夫という夏美に、「一つお願いがあります。私はどうなってもいいんで、この子だけは助けてください」という理香なのだった。

医局の湊の机の上には、高山が湊に明日までの覚えておくようにと、たくさんお資料が置かれていた。それを嬉しそうに、目を通す湊なのだった。

病院を出る湊に、航が声をかけてきた。航を見た瞬間、子供の頃がフィールドバックし、体をこわばらせる湊。会いたかったと抱きついてきた航に、湊は呆然とする。

翌日、好きな人とご飯に行くと喜んでいる湊に、誰行くの?と聞く夏美。
湊は、父親が会いにきて、僕に会いたかったと言ってくれましたと嬉しそうに語る。
夏美は司賀に、今夜、湊が父親と食事に行くことを伝える。わかったと答える司賀。
そこには、湊に対する行動調査の書類があった。

 

その頃、理香の夫の悟が病院にやってくる。理香に会わないようにしている悟は、EXIT手術に反対しているという悟。母子ともに危険な手術ならば、悟は、母体を優先させたいという。

その日の夜、湊は夜景も綺麗な三つ星レストランにいた。そこで、湊は父親がくるのを待っていたのだ。

高山は理事長の東郷美智(中村ゆり)に呼び出される。そこで、この間の話を聞いてしまったと切り出す美智。恋人の自分が言えないことも、夏美には言えるのねという美智に、そういう君はどうなんだ、副院長の猪口龍之介(板尾創路)の言いなりになって、という高山。

美智は、融資に困っている病院の状態を知っている副院長の猪口龍之介(板尾創路)から新日本医療グループの傘下に入ることで病院が残せるという話を聞いていた。

今いる患者を見捨てるのか、君には大事なものが見えていないという高山に対し、私が相談したい時に、仕事ばかりを優先してきたのは誰?と想いをぶつける美智。言い争いたい訳ではないという美智に、高山は、もう一度、冷静になって考えた方がいいという。

<スポンサーリンク>



院長室を訪れた航。航のことを調べた司賀は、目的はわかっていると、興信所での調査結果を見せるのだった。

湊の待つレストランに現れなかった航。湊はレストランからの帰り、航を見かける。追いかけてきた湊は、航に、どうしてきてくれなかったのかという。

湊を通り過ぎていこうとする航は、湊を振りほどいたと同時に、落とした封筒から多額の札束が見える。お前に会わないだけでも受けさせてもらったと笑う航は、金さえ手に入ればもうお前に用はないんだよと去って行く航。

「お父さんは僕にずっとずっと会いたかったんじゃないんですか?医者になった僕を見て好きになってくれんじゃないんですか?」

という湊に、ふざけるな、俺の人生をめちゃくちゃにしたやつに会いたいわけねぇだろ、と怒鳴りつける。僕にはわかりませんという湊に「あの時、先にお前が助けられたせいでソウタは死んだんだよ」と湊を突き飛ばす。

あの時、落下物の下敷きになり、湊とソウタは病院に運ばれたが、湊が先に延命治療を受けたため、ソウタは亡くなったんだという航。
「そんなの嘘です。司賀先生は、僕に言いました。お兄ちゃんはかわいそうだったけど即死だったと言いました。少しも苦しまずに天国に行ったと言いました。そんなの嘘です」

とすがりつく湊を突き飛ばし、お前なんかいなければよかったのに、と言い残し去って行く航。
湊は司賀の元を訪ね、真実を問いただす。司賀は、ソウタは即死ではなかったが、もうすでに手遅れだった為、湊を優先したのだという。

それを聞いた湊は、自分よりもソウタが助かるべきだった、その方がみんな幸せでした、僕が天国に行くべきでした、と言い放ち、部屋を出て行く。
走って出て行く湊に遭遇した夏美。

夏美に、湊は、早くに母を亡くし、航から否定されて育った、と語り始める司賀。
そんな湊を支えてくれていたのがソウタだったのだという。

事故が起こり、手遅れのソウタより生きる可能性のある湊を救ったことで、司賀に対し、航は怒りをぶつけるのだった。事件後、そんな父親の元に置いていけないと思い、司賀は警察に通報し、湊は、児童施設に引き取られる。

お兄ちゃんはどこ?という湊に、お兄ちゃんは天国に行ったという司賀。そして、左胸をノックし、ここには天国に通じるドアがあって、寂しい時や苦しい時、いつでもノックしたら、湊の声はお兄ちゃんに届くという司賀。
司賀は、大切なひとを失った悲しみを知っている湊だからこそ、いい医者になれるはずです、という。

自宅に戻った湊は、兄を思い出していた。お前は医者になれ、お前はバカなんかじゃない、すごいんだぞ、といってくれた兄、そんな兄がくれた、手作りの木のメスを持ちながら、ごめんなさいと謝り続ける湊だった。

 

次の日、出勤してこない湊を心配する夏美。
そこへ、理香が狭心症の発作が起きる。母親が予断を許さない中、その影響で、お腹の中の胎児も血流障害が起きているという。すぐにEXITを行わなければ、お腹の子供は助からないという夏美。しかし、今の理香の状態では手術に耐えられないという鶴田。

リスクはあるが、可能性はある、家族の意向を確認することに、という高山。悟は、そんな危険な手術なら、母体を優先して欲しいという。

理香の意識がない為、最終的な判断は、夫である悟の意見で決まる。病院としては意見を尊重するしかない、という高山。諦めきれない夏美は、湊に電話をかける。何度かけても電話に出ない湊に、夏美は伝言を残す。聞こえてるんでしょ?、理香さんが狭心症になった、相談したいことがあるから医局にきてと電話をきる夏美。

 

医局に現れた湊に、夏美は、レントゲンを手渡すが、「僕はもう相談には乗れません。僕はもうお医者さんにはなれません。今日はそれを言いにきました」という湊。

湊は、兄はいつも自分を助けてくれた、そんな兄が一番助けて欲しいときに自分が邪魔をしたという。もう胸を叩いてもお兄ちゃんの声が聞こえません、もうどうしたらいいかわかりせんという湊に、夏美は、司賀が言っていた、大切なひとを失った悲しみを知っている湊だからこそ、必ずいい医者になれるはずだという言葉を伝える。

「あの日、生かされたあなただからこそできることがあるんじゃないの?」

という夏美。
夏美は、悟の思いも、理香の思いも理解できる、だから両方の命を救いたい、という。
理香さんのちゃんをどうしても助けてあげたいの、と訴える夏美は、だからあなたの力を貸して欲しい、明日病院で待ってるから、と湊にレントゲンを手渡し立ち去るのだった。

 

病室を訪れた湊に、何を言っても自分の気持ちは変わらないという悟。助かる方を助けて当然だという言葉に、兄を思い出す湊。

湊は、悟の気持ちもわかるが、目を覚ました理香が、赤ちゃんがいなくなっていたら、理香の悲しみは図りきれない、と語る。
その言葉に、悟は、今までの理香の苦労や子どもへの想いを思い出す。

不妊治療の末、赤ちゃんを授かった日、女の子だとわかり、愛が実るで愛美と自分が名付けたこと。
どうすればいいのかわからないといい涙する悟。そんな悟に湊は、自分の兄の話をし、誰にもそんな思いはして欲しくないと訴える。「あと少しです。あと少しで理香さんはお母さんになれます。理香さんをお母さんにしてあげれるのは、悟さんだけです」という湊。

 

翌日、悟がEXITを望むと伝えてきた。
EXITが始まり、手術が進む中、リンパ管腫が退治の気道全体に及んでいることが判明する。タイムリットが迫る中、エコー画像を見守っていた湊が、ここです、とメスを入れる部分を指示し、急いで処置をする。

病室で理香が目を覚ます。赤ちゃん、と理香が目をやったところには、元気な赤ちゃんがいた。涙する理香は、悟に編んだ帽子を手渡し、悟が被せた帽子には、まなみ、と名前がついていた。悟は、理香に、産んでくれてありがとう、と感謝するのだった。

 

それを見ていた夏美は、「私はあなたに改めて教わった。どんなに自分の無力さに嫌気がさしても、患者を助けたいっていう思いだけは無くしちゃいけない。あなたの想いが届いたから、愛美ちゃんはお父さんとお母さんに会うことができた。誰がなんと言おうとあなたは立派な医者よ」と告げた。

いつのも屋上に、司賀と湊がおにぎりを食べていた。湊は、司賀に、自分がどうして天国に行かなかったかわかったという。それは、子供を救う為だという、兄もそうなって欲しかったのだと思うといい、もう二度とあんなことは言いません。自分を助けてくれてありがとうございましたと感謝する湊。

副院長の猪口から、お答えをお聞かせ願えますか、と言われた美智は、よろしくお願いします、と答え、頭を下げる。
高山の元には美智から、「私たちもう終わりにしましょう」とメールが届いた。

 

院長室で司賀は、自分の診断結果を見ていた。そこにはステージIVの胃がんであり、他の臓器にも転移が見られると書かれているのだった。

「グッドドクター の第6話の感想

湊を訪ねてきた湊の父親は、湊に会いにきたのではなく、湊を利用しにやってきたのだった。そんな父親の元で育った湊に、院長のような存在がいてくれた事が本当によかったし、湊の純粋な思いが、周りも湊を見守ってくれる人たちが溢れていく。

人は、信じてくれたり、受け止めてくれる人がいるだけで強くなれるんだなと感じた回でした。
今回の患者のようなケースの場合、母体優先か、子供を優先させるのか。とても難しい問題でしたが、きっと母親ならば、子供を優先させて欲しいし、周りからすれば、きっと母親を優先したいという気持ちがあると思う。

世の中には助けられない命があるのは事実だけれど、そこまでのプロセスが今後の人生を変えるんだなと感じました。それをサポートしてくれるのが医師であり、大切な兄の命とともに生きている湊に、これからも、すべての子供達が大人になれるように頑張っていってほしいなと思いました。

今まで、何があっても立ち向かっていった湊が、初めて、現実から逃げ出した回だった気がしました。結果、戻ってきた湊がとても強くなって戻ってきた気がしました。一度、逃げたことで、また一回り湊を成長させた気がしましたね。
これからも、湊の成長を楽しみながら見ていきたいです。

「グッドドクター の第6話からの今後の予想

今後気になったのは、最後に、院長をおとしめようとしている副院長の猪口と手を組んでしまった美智が、どういう行動に出ていくのか。

高山にも別れを告げ、美智は何を決意し、どの道に進んでいくことに決めたのか。
今後、高山は、そんな美智にどういう思いで接していくんだろう。融資を断られていた病院はどうなっていくのか。
病院の行方もですが、湊を心から支えてくれている院長に、何が起こるのか。ますます目が離せませんよね。

第6話で、最後に院長が開いた診断結果は、ステージの進んだ胃がんで、転移が見られると記されているという終わりでした。まさかの展開に湊はどうするのか。
また湊の1番の理解者である院長をどう助けるのか。

衝撃的な事実ですが、今後、ドラマの中でも重要なポイントになっていくとは思いますね。
また、湊を利用した父親も、まだ、このまま終わるとは思えず、湊と何かしら関わっていくのではないでしょうか。子供の頃と変わらず、純粋な心でぶつかっていく湊ですが、これからも、また一回り、ふた回りも大きくなる湊が見れるのを期待しながら、応援したいと思います。

また、小児外科にまた新たな患者が現れ、湊を含めた小児外科チームが一生懸命向き合っていくのを、小児外科の一員のような気持ちで見ていきたいと思います。

◆過去のグッドドクターのあらすじ一覧


「グッドドクター」の第2話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について


「グッドドクター」の第3話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について


「グッドドクター」の第4話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について


「グッドドクター 」の第5話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について

<スポンサーリンク>