サヴァン症候群の研修医の港が、周りの偏見を受けながらも、病院という組織の中で成長させていくストーリー。
湊を画像診断科へ移動させるという高山に、驚く夏美。
湊はどうなるのか。気になる第5話はこちらから。

<スポンサーリンク>


「グッドドクター 」の第1話のあらすじ。ネタバレで紹介

とあるステージで、伸びやかな声で歌う少年、羽山響(城桧吏)。響は、天才ボーイソプラノ歌手として名を馳せていた。その姿を、客席で見守る父親の羽山徹郎(三浦誠己)。

 

響のテレビ中継が流れる中、飲み屋では中年の男たちが、テレビを羨ましそうに見つめている。その後ろで、テレビを見ていた一人の白毛の男性が、タバコをもみ消していた。

 

小児外科病棟では、入院患者の子供達とともに、研修医の新堂湊(山崎賢人)と看護師の(浜岡謙太)がテレビに響に夢中になっていた。

 

ホールで練習をしている響に対し、ピアノを弾いていた父親は、ピアノを叩きつけ、そんなんじゃベルリンで大恥かくぞ、としかるのだった。そこで、響は急に咳き込み座り込んでしまう。
病院へ運ばれた響。父親の徹郎に、主治医の瀬戸夏美(上野樹里)は、響の喉は、炎症を起こして膿が溜まっており、詳しく検査をするというが、咳も治まったので、と帰ろうとする。

小児外科のミーティング中、小児外科医の高山誠司(藤木直人)は、湊を呼び、響のレントゲンを見せる。湊は、下咽頭梨浄窩瘻という病名を答える。梨浄窩に穴が空いている、先天性的の難病で、甲状腺などの痛みを発症する、と説明する湊に、高山は、正確に診断できたのは新堂だけだ、という。夏美は、高山から港を画像診断科に移動させると言われたことを思い出していた。

湊は、響に必要な検査を説明し、適切な方法を答える。
主治医の夏美は、響の症状と手術が必要だということを父親の徹郎に説明する。

ただし、手術の際、声帯の近くにある神経を傷つけてしまうと高音が出なくなるという恐れがあるという夏美に、冗談じゃない、そんなリスクのある手術は受けさせられないという徹郎。しかし、このままだと、病状は悪化し、炎症を繰り返すという夏美。

来週リサイタルで出国を控えている響に、痛みだけ取ってやってほしいという徹郎。夏美の説得に声を荒げる徹郎の声を、診察室の外で聞いている響は、ため息をついていた。そこへ、やってきた湊は、ため息はリラックスさせてくれる効果があると語る。

 

小児外科の入院病棟に、響がやってくる。
響の大ファンである武智倫太朗(斎藤汰鷹)は、大喜び。
一時的な入院だと説明する夏美に、手術が遅れれば遅れるほど症状は悪化する、と釘を刺す高山。

響の病室に、湊が入院患者の子供達を連れてくる。小児外科で行われる発表会に、響を誘う倫太朗だが、響は渡された楽譜を破り捨てる。
それを知った徹郎は、小児科長の間宮啓介(戸次重幸)と夏美に、金輪際、子供達を近付けないでほしいと警告する。湊に、ここにいられなくなってもいいの?という夏美。夏美は、高山が、湊を違う科に移動させようとしている今、湊に問題を起こして欲しくない一心だった。

 

その頃、副院長の猪口隆之助(板尾創路)は、電話の相手に、新体制にふさわしい人材を集めていると話していた。猪口は、高山の資料を見ながら、誰にでも人に言えない過去はあるものですね、と言い笑う。

 

響の病状が悪化する。症状を伝え、手術を勧める高山に対し、リスクがあるなら手術はしない、痛みだけを取ってくれという徹郎。湊は、いくら痛みを取ったとしても響は苦しいままだと訴える。「どうしてお父さんなのに助けてあげないのですか」と徹郎に迫る湊。
高山は夏美に鎮痛剤を投与するように指示をし、ダメです、と訴える湊を外へ連れ出す。

 

高山は、湊に、画像診断科に行けと転科願を手渡す。小児外科にいたいという湊に対し、画像診断科でも患者の命を救うことに変わりはないという高山。

自分の感情をコントロール出来ない人間に患者と関わる仕事はできない、という高山に、「僕は小児外科医になります。どれだけ怒られても小児外科医になります」と転科願を手放し、走り去っていく湊。

走り去る湊とすれ違った夏美は、高山の元へ向かう。そこで、猪口の話し声が聞こえる。
猪口は、高山に、そんなに弟と重なりますか?と声をかける。これ以上、あなた方の思うようにはさせられませんからね、という高山。
高山は、湊を駒に、院長の司賀明(柄本明)を失脚させようとする猪口らに対し、湊が画像診断科に移れば、猪口らの望むようなトラブルを起こすようなことはないという。それを隠れて聞いていた夏美。夏美に気付き驚く高山。

 

二人で食事に出かける高山と夏美。
猪口の策略を聞いた夏美は憤る。湊は、兄を小さい頃に亡くし、その悔しさが忘れられないんだと思うという夏美。湊の夢である、全ての子供を大人にしたいという言葉に、ハッとする高山だった。

響が眠る病室では、湊が眠ってしまった響のイヤホンを外し、自分の耳にあててみるのだった。
食事の帰り道。高山に弟がいたことを切り出す夏美。

その頃、理事長の東郷美智(中村ゆり)は、融資を受けてくれる銀行を一つ一つ当たっているところだった。そこで、美智は、高山に相談したいことがあると連絡をするが、掛け直すと言われ、電話の向こうから、夏美の声が聞こえるのだった。

 

夏美と橋の上で飲みながら、語り始める高山。

「俺の弟にも夢があった。弟も、新堂と同じ自閉症だった」

子供の頃から、車が好きで、車の整備士になる事が、夢だったという。両親は無理だと反対したが、高山は、頭を下げて回り、工場で弟を働かせ始めた。しかし、同僚からいじめを受けるようになり、帰宅途中に声をかけてくる同僚たちに、パニックを起こした弟は、遮断機の下りた踏切に飛び込み、亡くなってしまった。

「何もさせない事が弟のためだったんだ。自立なんてできるはずない。夢なんて諦めろ。」そういうべきだったと悔やむ高山。湊を見ていると、弟を思い出す、いずれ傷つくことになる湊を見たくないのだという。
高山の電話は切れておらず、美智は、その会話を全て聞いていた。

 

翌日、徹郎が響きを迎えに病室を訪ねると、響の姿がない。
息子に何かあったら責任を取れるのかと声を荒げる徹郎。そこに現れた湊は、響の居場所を言いたくないという。そんな湊に、あとでちゃんと話は聞くから、響くんの居場所を教えて、という夏美。

響は、離れた教室の片隅で、膝を抱えていた。ドイツにはいかないという響を、無理矢理連れて行こうとする徹郎。無理強いはいけませんと、何かを取り出す湊。これを見てください、と響の音楽プレイヤーを差し出す。そこには、楽曲が1曲も入っていなかった。
どういうことだという徹郎に、「歌なんて嫌いだ。歌えば歌うほどお父さんは僕を見なくなった。声なんて出なくなったっていい」と訴える響。

 

息子に何を吹き込んだんだ、と湊をせめる徹郎。転院をさせるという徹郎は、「あなたみたいな普通じゃない医者がいる病院に、大切な子供を任せることはできないんですよ。新堂先生もご自分の立場を考えられたらいかがでしょうか」と言い去って行く。

湊に、画像診断科に行く事を考えて見たら、と勧める夏美。そうすれば、今日のように厳しい言葉を浴びせられることもないという。どうしてそんな事を言うんですか、そんなことを言う瀬戸先生は嫌いです、と走り去る湊。

響の部屋へやってきた倫太朗は、学芸会に出る不安を語る。入院生活が長い倫太朗にとって、学芸会は大切なイベントなのだった。そんな倫太朗を見つめる響。

学芸会当日。張り切る倫太郎が倒れてしまう。検査の結果、白血病の再発の可能性があるという。学芸会には参加できなくなり、麟太郎を心配する子供達は泣き始める。

響は、無菌室で落ち込む倫太郎を見つめる。これからまた、厳しい治療と、向き合って行く倫太郎。
部屋に戻った響は、ゴミ箱から自分が破った学芸会の楽譜を拾うのだった。

そこへやってきた湊は、なぜ倫太郎が響の歌が好きなのか、聞いた事があるという。それまでは、あした死んでしまうカモという恐怖を抱えていたが、響の歌を聞くと、安心して、明日への希望を感じれるようになったのだという。
「響くんは今、歌が嫌いかもしれません。でも、響くんの歌が好きな人はたくさんいます。倫太郎くんもその一人です」という湊に、お願いがあるという響。

無菌室の倫太郎の前に集まった、湊と子供達。そこで、子供達は合唱曲の「365日の紙飛行機」を歌い始める。そこには、喉の痛みを我慢しながら歌う響の姿もあった。

泣いている倫太郎に紙飛行機を渡す湊。そして、みんなで紙飛行機を一緒に飛ばすと倫太郎は笑顔で喜んでいた。それを見て、子供達もみんなで喜ぶ姿を、徹郎は見ていました。

 
<スポンサーリンク>


徹郎は、あんなに笑う響を久しぶりに見た、と夏美に話し始める。
妻を亡くしてから、生きがいは響だけだったという徹郎。響の才能を伸ばしてやれる事なら何だってやってきたという。しかし、いつの間にか、大切なものまで奪ってしまっていたという徹郎。
夏美に、息子をどうか、手術してやってくださいと頭を下げ、「私が聞きたいのは、あの子の歌声じゃない、笑い声です」と微笑むのだった。

 

手術に向かう夏美に、湊は自分で書いた、響の喉の絵を差し出す。その絵には、CTにも映らない部分も描かれており、これを参考に手術をすれば、響の声を残す事ができるという湊。響の夢を守りたいという湊は、夢は生きる力をくれます、簡単に諦めてはいけませんと夏美に話す。

 

湊が描いた絵を、高山に見せたなつみは、湊を響の手術に参加させてほしいと頭を下げる。
この絵を見て、彼は写らない細部の神経まで把握しています、彼の力が必要ですという夏美に、高山は認めるのだった。

 

症例のない手術に、失敗を心配する美智に対し、院長の司賀は、彼らが守りたいのは、病院の体裁でも何でもない、子供の未来です、という。それが小児外科医の仕事だと。

 

手術が始まり、手術をリードして行く湊を信頼し、手術を進める夏美。
徹郎をはじめに、倫太郎や子供たちが、響の手術を心配していた。

 

無事、手術は成功する。

目を覚ました響は、徹郎に感謝を伝える。合唱できた事が嬉しかったという響。自分の歌がだれかのためになるんだって、と父のおかげだという。僕、また歌いたい、歌いたいよ、という響に、涙ながらに、また歌えるよ、と手をにぎりあう二人。
立ち去ろうとした湊に、ひどいことを言ったことを謝り、何とおわびしたらいいのか、という徹郎に対し、お詫びならもうもらいました。僕の給料の5ヶ月分の歌声をタダで聞かせてもらいました、と言い、みんなが笑顔になるのだった。

 

手術を終えた夏美は、高山に、先生の言葉は彼に響いていますという。今回の新しい手術方法に関しても、響たちには伝えなかった。それは、高山に、根拠のない希望は与えるなと言われたからだという。ちゃんと吸収し、成長していますという夏美。足りない部分があっても、お互い補い合って、チームとして最善を尽くせる医師になれば、それでいいんじゃないでしょうかという。高山先生だからこそ、彼の夢を守れるはずですと、頭を下げ、出ていく夏美。
高山は湊に、当直を命じる。その後、湊の転科願を見つけた高山は、破り捨てるのだった。

 

テレビのニュースに湊が映し出されたとき、飲み屋で一人の男の手が止まる。
その男性は、統合記念病院を訪れ、通りが買った夏美に、新堂先生はいらっしゃいますか?と声をかける。失礼ですが、という夏美に、その男性は、父だと名乗るのだった。

「グッドドクター 」の第5話の感想

今回、小児外科医に運ばれてきた響。輝かしい栄光の中で、どこか影のある男の子で、湊は彼の心の光をもう一度取り戻させるのですが、響の父、徹郎は妻の代わりにと、響に一生懸命になるが故、響の心が見えなくなってしまっていたんですよね。

湊は自閉症というものを通して、子供たちの心の中を素直に見れる存在であり、彼だから見えるものがある。しかし、時として、大人の社会では、そんな湊に対して反発が怒るのも事実なんですよね。

高山が、自身の弟も自閉症で、周りから受けた弟に対するいじめを明らかにし、夢を追いかけさせた事で、弟は、パニックになり亡くなるような事が起きてしまった、夢なんか追いかけさせなければよかったと後悔している高山。でも、夢を追うことは間違いではなくて、夢を持ったり追いかけるのは自由で、素晴らしいことだと思う。問題は、自閉症の弟への周りの理解や、サポートが足りなかったということ。しかし、一人の人間だけの為に、どれだけ向き合ってくれるか、そんな会社がどれだけあるのか。

 

今後の社会の問題提起だなと思いながら見ていました。自閉症でも、みんなと変わらない夢を叶えれる世の中を作っていくというのは、正直、いろんな問題があるけれど、みんなが少しずつの優しさを持って相手に接してあげることが、第一歩な気がします。でも、きっと、それは全ての人に対してであって、特別視しないことも偏見をなくすことのスタートなんではないかと思いました。毎回、本当にいろんな事を考えさせられるドラマで、とても楽しみです。

「グッドドクター 」第5話からの今後の予想

湊に対して厳しい態度を見せていた高山。自身の弟と同じ自閉症の湊に、亡くなった弟の姿と重ねて見ていた高山は、湊の事を考えて動いていた。そして、湊に対して、理解を見せ始めた高山が、今後、湊の理解者になってくれるのではないかと思う。夏美とともに、湊を支えながらも、夏美が言っていたように、チームとして、最善を尽くせる医師に湊をサポートしてくれる気がします。

また、病院の経営に悩む美智と高山との関係も気になるところ。夏美との会話を聞いていた美智。高山に対する思いがどうなっていくのか。
副院長の猪口の策略は今後、ますますパワーを増してくると思うので、湊にまた新たな問題を起こさせるよう、仕掛けてくるのではないでしょうか。

そして、とうとう湊の父親が、湊を訪ねてやってきます。湊に虐待をしていたという父親が、なぜ、今湊を訪ねてきたのか。これから、湊にどう関わっていくのか。このドラマを通しても、とてもだいいな部分になってくると思うし、そのことによって、湊に何か変化があるのか?

ドラマとしては、半分を過ぎた頃なので、ここから、いろんな人のいろんな問題も明らかになっていくと思うので、今後の展開から目を離せません。新たな患者とのストーリーにも期待しながら楽しみにしたいと思います。

 
◆過去のグッドドクターのあらすじ一覧


「グッドドクター」の第2話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について

「グッドドクター」の第3話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について


「グッドドクター」の第4話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について

 

 
<スポンサーリンク>