新人ケースワーカーとして働き始めたえみる。
いろんな問題を抱える人たちに寄り添いながら成長していくストーリー。
少しづつ、ケースワーカーとして進み始めたえみる。
今回は、えみるの同期の担当する受給者に新たな問題が…気になる第4話のネタバレはこちらからどうぞ。

<スポンサーリンク>


「健康で文化的な最低限度の生活」第4話のあらすじ。ネタバレで紹介

区役所に一組の親子がやってくる。
岩佐朋美(安達祐実)と娘の咲(吉澤梨里花)は、担当ケースワーカーの七条竜一(山田裕貴)を訪ねてやってきた。
遊びたいとグズる咲を、先輩ケースワーカー、半田明神(井浦新)が見ている間に、朋美と七条は面談を始める。
1年前に夫のDVで離婚した朋美は、6歳の娘の咲と二人暮らし。現在は、生活保護を受けながら、求職中で、面接を受ける日々だという。

営業職を希望している朋美はに対し、七条は、子供も小さい上に、残業があるかもしれない事を心配するが、近くに妹がいて困った時は頼めるという朋美に、きっとお子さんも頑張っているお母さんが好きだと、励ます七条に、動揺を隠している様子の朋美。

半田の代わりに、咲と遊んでいた義経えみる(吉岡里帆)は、おままごとの時に、母親役となった咲から、厳しく、責め立てる言葉を聞く。
言うこと聞けないなら出て行きなさい、あんたさえいなければ、と、いつも母親に言われているという咲。そこへ面談を終えた朋美がやってきて、仲良く二人は帰っていく。

 

どうしても、咲の言葉が気になったえみるは、七条を食事に誘う。
いつもの定食屋で夕食を食べる二人。
咲の言葉を聞いたえみるは、七条に、少し気にした方がいいと思って、ストレスをぶつけているような気がして、と助言する。えみるの言葉を聞きながらも、朋美なら、大丈夫だと、自分をコントロール出来る人だと言い切る七条。自身もシングルマザーで育った七条は、朋美に対して、感情移入をしてしまうと言う。

 

定食屋で働く阿久沢正男(遠藤憲一)が、店長の青柳円(徳永えり)から叱られていた。円いわく、阿久澤は、仕事に集中できていないのだという。心配するえみる。

朋美の家では、朝もまだ薄暗い中で、床の汚れをを執拗に拭き続ける朋美がいた。

 

区役所での会議で、係長の京極大輝(田中圭)から、稼働能力調査の徹底を命じられる。働ける受給者に関しては、徹底的に就労指導を行うようにという京極。
これを受けて、みんなが必死に就労指導に取り組む中、七条は、朋美に連絡をし、面接の結果を尋ねる。朋美は、就職が決まったと言い、2、3ヶ月で生活保護からは抜け出せると言う。おめでとうございますと喜ぶ七条。色々な手続きの為にも、近いうちに生活課へ来て欲しいと伝えるが、実は、朋美は、面接には受かってはいなかった。

 

友人とカフェで会っていた朋美は、働くつもりで、保育園も延長してもらうと言う。

友人から、何気なく、シングルマザーだと保育園も優遇して入れることを羨ましがられ、離婚して、結果、ラッキーだったじゃんと言われた事に傷つき、働いている友人の忙しさにも、焦りを感じてしまうのだった。

 

保育園にお迎えに行く朋美。そこで、保育士から咲の上靴が小さくなっていて痛がっていることを指摘された朋美は、ハッとする。帰り道で、朋美は咲に、足、痛い?と聞くが、咲は、痛くない、まだ我慢できると答えるのだった。

 

帰宅した七条は、母に朋美のことを話していた。俺を育てる上で一番大変だったことは何?と聞くと、母は、一番も2番もない、すべてが大変だと言う。助けてって言えないお母さん、たくさんいるのよという母に、頷く七条だった。

 

朋美と連絡が取れなくなった七条は、様子を見に、朋美の家を訪ねるが、チャイムを鳴らしても誰も出て来ない。

七条は、連絡をくださいと置き手紙をし、帰る。しかし、朋美は家の中にいて、友人の充実したSNSを眺めていた。

 

お昼を食べながら、リゾート話に花を咲かせるえみると桃浜都(水上京香)。そこで、結婚の話題になり、「結婚、出産、子育て、それって世の中が勝手に引いたルールでしょ?私はそのレールの上を進みたくない」と言う栗橋千奈(川栄李奈)。その言葉に、考えさせられるえみるだった。

 

七条と歩きながら、千奈との会話を思い出し、結婚や出産は当たり前だと思っていた、岩佐さんはどうだったんだろうね?と言うえみる。
そこで通りがかったスーパーで、朋美を見つけ、声をかける七条に対して、逃げるように立ち去る朋美。

 

京極に相談した七条に、それはもう保護費はいらないと言う事ではないのか、と言う京極。

これ以上、連絡が取れないようなら、保護費の打切りも考え、動くように言われる七条は戸惑いを隠せない。
そこへ、半田が、打ち切りにしても本人と話してみないとわからない、という。

係長の言葉を気にする七条に、半田は、係長だって本心で言っているとは限りませんよと去って行く。
そこへ、岩佐の妹が、七条の元を訪れる。

妹は、なんども電話をしたり、メモを残したりしたことから、七条をストーカーと勘違いしていた。
そして、朋美がまだ仕事が決まっておらず、面接も不採用だったことを明かす。
姉は、昔から責任感が強く、人の期待に応えようとする、そんな性格だから嘘をついてしまったのだろうと語る。

 

後日、朋美が生活課を訪れる。体調が優れず連絡できなかったと謝る朋美に、苦しいのは岩佐さんだだけではないと言う七条。全国のお母さんみんな大変です、もう一度、求職活動をやり直そうと話す。

頑張って欲しい、踏ん張って、負けて欲しくないと言う七条に、頑張りますと作り笑顔で答え、お手洗いに立つ朋美。

 

追い詰められた表情のともみを見たえみるは、朋美の後を追う。
トイレに入った朋美は、トイレには入らず、窓を開け、下を見つめていた。
そこへ、追いかけて来たえみるが声をかける。大丈夫ですか?と言うえみるに対し、あきらかに態度がおかしい朋美に、今日は無理しないほうがいいと言うえみる。

しかし、朋美は、私は働けます、私は生活保護なんか受ける人間じゃないと声を荒げるのだった。

 

朋美が区役所を後にした後、七条に、朋美をあまり追い込まないほうがいいと忠告するえみる。理由を訪ねる七条。そんな二人を、会議室へ連れて行く半田。

えみるは、トイレであったことを話す。勘違いではないかと言う七条。
夫のDVを受けていた朋美のことをちゃんと考えてあげて欲しいと言うえみるに、俺が一番岩佐さんと接してんの、だから、俺が一番岩佐さんのこと分かんの、と言い切る七条に、わかってないよ、と言うえみる。

「人って簡単に死んじゃうんだよ」と語るえみる。えみるは、自分と同じ思いはさせたくないという。
そこで、半田は、一度と精神科を受診することを提案する。ここで自分たちが議論するより、専門家の先生に診てもらことが必要だと言う。

 

朋美に電話をする七条だが、精神科を受診することを勧めると、朋美は、怒って電話を切ってしまった。頭を抱え込む七条を見詰めるえみる。

<スポンサーリンク>


えみるは担当している丸山の家を訪ねる。痴呆が進む祖母と暮らしている孫のハルカ(永岡心花)は、祖母の介護を一人で行っていた。

私にできることがあれば、何かあれば言ってねとしか言えない自分を、七条に偉そうに言ったくせに、自分がしてあげれることは何もないと、無力感に襲われるのだった。

 

定食屋で働く阿久沢は、心ここに在らずで、全く仕事に身が入っていない。働きたくないならいつ辞めてもいいと言う円に、娘からの手紙を差し出す阿久沢。

手紙を読み、涙する円。人生の再スタートさせて、これからって時に…と言葉を失う。
娘の住所が書いてあるのに、会いに行かない阿久沢に対しても、苛立つ円だった。

 

一人残り、朋美の書類に目を通している七条の元に、京極が現れる。
就労決まったか?と訪ねる京極に、言葉を濁す七条。

新人の七条に、受給者の性格が掴める訳がないと言う京極に、自分は岩佐さんの性格は掴んでいると言い切る七条だが、

岩佐さんに対して熱くなる気持ちはわかる、母子家庭で育ったやつしかわからない感情、そういうやつだろ?と語り始める京極。

自身も母子家庭だった京極は、子供の頃に自分の母親が体調を崩した時、いつも仕事で忙しい母親と、一緒にいられることが嬉しかった、きっと母親もそうだったと思うと語り始める。

 

「今、君が岩佐さんの気持ちにならないで誰がなる?誰よりも母親の気持ち、わかっているはずだろう」

 

と言われ、もうちょっとあんたに甘えとけばよかったと話す、自分の母親を思い出し、七条は朋美の家へ急いで向かうのだった。
それを柱の影で聞いていた半田は、何事もなかったように、京極に挨拶をし、帰る間際に、係長だから七条くんを動かせたんですね、と言い帰って行く。

 

朋美の家では、飲み物をこぼしてしまった咲は謝り床を拭いていた。

朋美は椅子から立ちがり、ちょっと買い物に行ってくるねという。朋美が出かける、その時、家の電話が鳴る。電話だよ、という咲に、うるさいうるさいうるさい、と怒鳴りつけてしまい、咲は泣き出してしまう。

いっぱいいっぱいになり、しゃがみこむ朋美。
電話が留守番電話に切り替わり、七条の声が聞こえる。

七条は、岩佐さんの気持ちに寄り添えてなくて、やればやるほど岩佐さんに迷惑をかけてしまいそうで、だから伝えられることだけは伝えようと、と話し始める。

「子供の頃、頑張っている母親の事も好きでしたけども、頑張ってない母親の事の方がもっと好きだったなって。だってその方が、一緒に居られる時間が長かったから。一緒に入られて嬉しかったから。だから、今は頑張らないで欲しいです」

夜分にすいません、そう言って電話は切れた。冷静になった朋美は、泣いている咲を抱きしめるのだった。

朋美の精神科の病院を訪れる七条。朋美は、うつ病を患っていた。元夫からのDVに加え、働かなければというプレッシャーで、もし、受診していなければ、自ら命を絶っていたかもしれないと聞かされる。

区役所に戻った七条を、朋美と咲が手を繋いで待っていた。

僕が追い詰めたせいで、すいませんでしたと謝る七条に対し、七条に感謝しているという朋美。七条の言葉で楽になれたという。しばらくは、求職活動はせず、咲を守っていくために、母として頑張りたいという朋美は、咲とともに笑顔で輝いていた。

 

定食屋で食事をするえみると七条。いつものように笑い合いながら、ご飯を食べる二人。そこには阿久沢の姿はなかった。阿久沢は大切な人と会うのだという。

 

阿久沢の家を訪れる娘の麻里(阿部純子)。緊張して、迎え入れる阿久沢とは反対に、15年ぶりの再会にかなり軽いノリの娘に、本当に麻里なのか?と戸惑う阿久沢なのだった。

「健康で文化的な最低限度の生活」の第4話の感想

シングルマザーの朋美が、元夫からのDVで心に傷を負ったまま、働かなければいけないという葛藤の中で、自分を追いつめてしまうというケースでした。
また、そこで担当ケースワーカーの七条が、朋美に対して、執拗なほどに、頑張れを押し付けてしまうような形になってしまい、ますます朋美を追い込んでしまうという結果に…

 

また、娘の咲が、母を思い、我慢しながら日々を過ごしていてなんとも言えない切なさを感じました。
朋美が早くに、精神科を受診していれば、こんな不幸の連鎖はなかったのだけど、頑張って働かないと思っている人間が、自分から受診はしないよなぁ。と思いながら、でも、妹にしても身内ですら、病気かもしれないと気づかれない怖さ。

 

特にシングルマザーという肩書きが、一人で頑張らなくてはならない、みたいになっているけれど、一人で頑張る分、心や体をもっと気遣ってあげないといけないなと思いながら、見ていました。
そして、結果、追い詰める形にはなってしまいましたが、同じシングルマザーという環境で育ってきた七条だからこそ、朋美を救えたのだと思いました。本当は、一番理解しあえる関係だったんだなぁと思います。そして、そんな七条の心に訴えることができたのも、同じ環境で育った京極だったからで、ふと、見渡してみれば、自分の理解者や分かり合える人間は、意外にいるのかもしれませんね。

「健康で文化的な最低限度の生活」の第4話からの今後の予想

今回は、初めてえみるの担当ではなく、同期である七条の担当する受給者とのストーリーでしたが、今後、他の同期のメンバーの担当する受給者とのまた違ったストーリーがあるのかもしれませんね。

また、同期だけではなく、先輩ケースワーカーの半田であったり、上司である京極のストーリーも是非見てみたいです。
また以前、えみるの担当受給者として登場した、丸山ハルカの今後もとても気になるところです。以前は、冷めた言葉で答えていたハルカが少し、えみるに対して心を開いたような言葉になっていて、これからもっと心を近づけることができるのだろうか。痴呆の祖母を一人で面倒を見ているハルカ。これからの日本にとっても課題である部分が多い気もします。

 

そして、最後の最後に、登場した阿久沢の娘の麻里が、まさかの軽いノリで驚いた。
しかも、母が闘病の末に亡くなったと、手紙を送ってきて、あの雰囲気にはびっくりでした。今後、母との事、いろんなことが明らかになっていくのかなとは思います。

阿久沢の娘に対する思いもこれからどうなっていくのか。これからますます見逃せないです。
えみるは、これからまたどんな人達と出会っていくのか。成長していくえみるが、今後も楽しみです。

◆過去の健康で文化的な最低限度の生活のあらすじ一覧


健康で文化的な最低限度の生活」の第2話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について


健康的で文化的な最高限度の生活の第3話のあらすじ。ネタバレで紹介。感想や今後の展開について


健康で文化的な最低限度の生活の第1話のあらすじ。ネタバレ注意。感想や今後の展開はどうなる?!

<スポンサーリンク>