婚約者との破談から心を病んでいたももが、直人と出会い、優しい心を取り戻していく。
ももへの婚約者の思い、月島流を乗っ取ろうとする思惑が、どうなっていくのか。
第3話のネタバレはこちら。
<スポンサーリンク>


「高嶺の花」の第1話のあらすじ。ネタバレで紹介」

月島流の華道家、月島もも(石原さとみ)は、商店街で自転車屋を営む、風間直人(峯田和伸)と直人の友達、原田太郎(吉田ウーロン太)の営む肉屋の名物のコロッケを食べる。
そんな二人に、直人の友達、太郎は、自分の妻との悩みを打ち明ける。

太郎は、長い間妻と口を聞いていないという。
今はコロッケが大事なんだと笑うもも。

そこへ、太郎の娘、原田秋保(高橋ひかる)が現れる。
ももは、秋保が持っていたクマのぬいぐるみを見て、小さい頃持っていたクマのぬいぐるみを思い出す。
しかし、今ではクマがどこへ行ったのかさえわからないと語る女子。それを聞いていた直人は、女子は冷たい、大人になればクマよりもイケメンなんだと嘆くのだった。

いつもの喫茶店。ママの今村佳代子(笛木優子)、直人に太郎、友達の田村公平(袴田吉彦)とももが集まる。
そこで、直人は泣き母、節子(十朱幸代)が、父親が亡くなった時、節子は泣いてばかりだったと語りだす。
励まそうと何をしても笑わなかった節子が、父との馴れ初めを聞くと、嬉しそうに話し始めたという。

そんな節子を、直人は、興味はなくとも毎日聞き続けたのだという。
その話に感動したももは、祭りの時に直人が言ってくれた言葉を思い出し、大失恋をを忘れさせてくれる、割と簡単だって、痛い失恋を忘れさせてくれる方法を、みなさん参考にしましょう、とみんなの前で明かす。

盛り上がる中、忘れる必要はないという直人。
忘れようと思うから辛いのだと。そこで、直人はホワイトボードに円を描き始める。
この円は別れの痛みで、円の中にもう一つ円を描き、ドーナツのような円を、チョコで包むのだという直人。
また、感受性の強い芸術家タイプは、壊れてしまいやすいのだと。

ハッとするもも。けれど、それは、現実逃避ではないのかというママに、直人は、一時避難なんだという。
それを聞いたももは、節子に対して毎日馴れ初めを聞き続けた直人に、これからは自分の馴れ初めから聞いてくれるのね、スイートチョコねと言う。
快諾する直人に、急に態度を変えて、顔に水をかけ、怒りながら出て行く。
なんとなく理解を示すママに、なぜ、怒ったのかわからず困惑する男性たちなのだった。

一方、婚約者の吉池拓真(三浦貴大)は、薄暗い家の中で何かを明らかにしようとしていた。
雑誌の取材を受けるももに、宇都宮龍一(千葉雄大)が声を掛ける。
警戒するももに、宇都宮は、ももを褒め、持ち上げる。
さらりと交わすももだったが、連絡先をたずねる宇都宮に対し、快諾する。
そこへ、心配した妹の月島なな(芳根京子)は間に入るが、二人は仲良く雑誌のツーショットを撮影する。

その頃、汚れたクマを手洗いしている直人。
喫茶店でのももの一部始終を聞いていた秋保に、怒った理由をたずねる直人に、
秋保は、デリカシーの無さを指摘する。

節子が甘い思い出を聞いて立ち直れたのは息子だから、
ももにとって直人は少なくとも好意を持っている相手なのに、そんな相手から、嫉妬もなく、自分のことも好きではないのだと感じたももは怒って帰ったのだと言う秋保。
のらりくらりとした返事を返す直人に、呆れる秋保。
<スポンサーリンク>


そんな時、ももの前に拓真が現れる。
驚くももに、拓真はあるものを手渡す。
そして、拓真はももに、調べてくれと訴える。
逃げるように立ち去ったももは、自宅で紙袋から、ある筒を開ける。そこには、拓真の妻である吉池真由美(西原亜希)が、月島流の師範代である事の証明書だった。

宇都宮のショーを見に来たなな。
しかし、宇都宮は諸事情により不参加となる。
イベント後も会場に残っていたななは、迷子の女の子を優しく保護していた宇都宮を発見する。
母親と再開できた女の子に、笑顔で引き渡す宇都宮を見たなな。
近づいてくるななに気づいた宇都宮。ついつい憎まれ口をきいてしまうななを軽くあしらい去って行く宇都宮。

駅前のスナックでももは、飲みつぶれていた。
ももは、いい女がいるという店金だと、もものわがままをなんでも聞いてくれるオーナー。
そこへ直人が来店する。相当飲んでいるももを心配する直人。
そして、喫茶店でのことを謝り、植物園のペアのチケットを渡し、ももをデートに誘う。
しかしももは、もういいと、直人の物語を問いただすのだった。

人の庭に垣根超えて水くれてやるって、随分上から目線だと思いをぶつける。
自分の庭に花も咲かせられないのにと、酔いつぶれてしまうももだった。

翌日、部屋を訪れていたななに、二日酔いのももが、拓真が来たことを伝え、渡された証明書を指さす。
それを見たななに、拓真の奥さんのものであること、偶然かもしれないが、誰かが拓真に彼女を差し向けたのかも知れないと告げ、シャワーへと消えて行くもも。

宇都宮と関係を持っている、月島ルリ子(戸田菜穂)は、ももに接近する宇都宮に対して、ななを家元にすると言う約束だと、怒りをぶつける。
宇都宮は、自分との関係を家元にバレたらどうすると逆にルリ子を追い詰める。
私たちは同類だと言うルリ子に、宇都宮は、あなたは俺のスパイになった、二度と意見などしないようにと釘をさす。

その頃、自転車での日本一周の旅に出ていた中学生、堀江宗太(館秀々輝)は自転車がパンクしてしまう。
バスで帰ると連絡をしてきた宗太に、家に戻ってまた引きこもるのかとメッセージを送る直人に、ふざけるなと怒る宗太だったが、宗太の不安を感じ取った文面や、優しく背中を押してくれる直人に、バスには乗らず、自転車のパンクを修理し始めるのだった。

実家の練習部屋へやって来た、ももとなな。
ななは、拓真に真由美を近づけたのはルリ子ではないと、ももが結婚して月島ではなくなることを喜んでいたと話す。
それに、ハニートラップをしてくれるような女の人はいない、と言う。
しかし、ももは、師範や師範代クラスの人間をもう目的にいうことを聞かせられる人がいる、と言う。神様のように崇めた奉られるたった一人の存在。それは家元の月島市松(小日向文世)だった。

市松のもとを訪れ、私の結婚を壊したのね、と問いただすもも。市松は静かに語り始める。
拓真が月島家に婿入りしてもいいと言っていたのに、ももは、拓真の家に嫁入りをしようとしていた。
華道家として自信を無くしていたももは、そこから逃げようとしていたこと、ももの才能を愛していると言う市松。

色恋に溺れるなと言う一松は、一人ぼっちでいろという。
それが、芸術家として輝く道であり、宿命だと言う。

あなたを絶対に許さないと言うももに、いつか感謝をすると言う市松。ももは、涙を流しながら、その場を立ち去る。

とあるバーで、ももを待つ宇都宮。
ももの代わりに姿を現したななに、帰ろうとする宇都宮だが、落ち込むななを見て、席へ戻る。
そして、家元と結婚する、それが俺の運命だと言い切る宇都宮に対し、ななは自分が家元になったら、それが運命になるのね、と答える。

帰りの車の中、運転手の高井(升毅)が父親がももの結婚を壊した事など全てを知っていたことを知るもも。
知らずとも、ももの結婚を破談にしてしまったことへの罪悪感から自分を解雇してくれという高井に、
ももは、甘えないで自分近くにいて、この顛末を見届けて!と言い切り、部屋へ戻る。

洗面台で鏡をみるもも。
自分が何者なのか・・・父の画策や言葉に、鏡の自分が歪んで見える。
こわい!そう思って「助けて」とつぶやくももに、直人からもらった植物園のチケットが目に入る。

植物園には直人が一人で立っていた。落ち込む直人の後ろから現れるもも。
そこでももに、直人は父のことを語り始める。父に認められたくて頑張っていた直人。
しかし、父が亡くなり、傷つき、世の中の不条理を憎んだと涙を流す。なぜ自分の父なんだと、もっと悪いやつはいるのにと。
そこで自分の物語は終わってしまったと号泣する直人に、クマのぬいぐるみはなんであんなに汚れているのかわかる?と尋ねる。

ももは「私たち女子の・・・ヨ・・ダ・・レ」
と言い、直人に口づけし、抱きしめるのだった。

高嶺の花を見逃してしまった!動画配信はどこだ!

毎回ドキドキワクワクの

「高嶺の花」なんですが、

毎週決まった時間に見るのって難しくないですか?

見逃した!

もしくは、用事があって見れなかった~

DVD取るの忘れた。

途中から見たら面白い。以前の放送内容知りたい。

そんな思いでネット探してこの記事に来た人もいるでしょう。

そんな方へお勧めのサービスが2つあります。

日テレ無料オンデマンドはこちら

日テレ無料オンデマンド

スマホやタブレットをお使いの方は番組選択後
日テレ無料TADA!というアプリが
立ち上がるかと思います。
そちらをインストールすれば無料で見る事ができます。

こちらはテレビ放送後、1週間放送しております。

逆にいうと放送後1週間しかみれません。

放送された最新話しかみれないんです。

では、もっと以前の放送見たい時はどうすればいいでしょうか?

そんな時にお勧めなのが2つ目のサービス!

こちらのサービス。

huluです。

huluはテレビなどでもCMをやっているので

ご存知の方も多いかもしれません。

パソコンやスマホ、タブレットで動画を楽しめるサービスです。

え、ただHuluって有料のサービスじゃないの?

と思う方もいるでしょう。

現在、Huluでは2週間のお試しキャンペーンを

やっており、登録は無料でできます。

そしてHuluだと全ての作品が無料で視聴できます。

huluだとTBSオンデマンドとは違い

1週間過ぎても過去配信を見る事ができます。

以前の「高嶺の花」を視聴する事ができるのです。

是非、一度試しに使ってみては如何でしょうか?

Huluには他にも面白いコンテンツがいっぱいあります。

是非、そちらも試してみてはいかがでしょうか?

そして試した結果、もしお気に入りの動画が

高嶺の花以外になければ

2週間以内に解約すればお金はかかりません。

無料で今までの高嶺の花を

視聴する事ができるのです。

またHuluは携帯キャリア決済に対応しております。

ですのでドコモ、au、ソフトバンクの携帯を使っていれば

クレジットカードなくても登録できてしまいます。

ですので、お気軽に試す事ができるかと思いますよ。

是非、「高嶺の花」を見逃してしまった!

「高嶺の花」の過去の放送がみたい!

そんな方は是非、Huluを使ってみては如何でしょうか?

huluはこちら

「高嶺の花」の第3話の感想

前の彼氏との破談から、立ち直りつつあるように見えていたももだったけど、まだまだそんなに簡単ではなくて。
でも、直人と過ごしている時間が、拓真のことを考えずにいられることで元気に見えているだけなんだなと思った。
そして、直人は、それこそが、失恋の傷を癒すことだと思っていて、でも、それが結局本当の意味での解決にはならない。だから、ちょっとの動揺ですべてが揺らいでしまう気がする。

毎回、わがままなももの、直人に対する態度がとても面白い。ドSなももと純粋で鈍感な直人の掛け合いは、滑稽な解い笑えます。

宇都宮の野望は、果てしなく、ももにまで及ぼうとしているが、そこに絡んでくるルリ子との関係や、そんな宇都宮に惹かれてしまうななの思い。
複雑なのが、親子で宇都宮を巻き込んで発展していきそう。
また、闇の中に見せる、宇都宮の暖かい部分も見えて、少し救われた気がしたなぁ。

自転車日本1周の宗太に関して、色々な思いをメッセージとして送る直人だが、今回は、自分自身に向けて送っているところもあるのでは?と思えた。
きっと、宗太にエールを送りながらも自分にも頑張れと一歩踏み出す踏ん切りをつけていた気がする。
それが、最後の直人の号泣につながっていたと思う。みんなが自分の物語を頑張って描いているんだと痛感した第3話でした。

「高嶺の花」の第3話からの今後の予想

まずは、宇都宮とななの関係。きっと、真逆な闇を持つ宇都宮だが、時折見せる暖かな部分だったり、自分と似たところにも共感していくんだろうなと。
執拗にももを追いかける宇都宮に対して、ななの心情はどう揺れ動くのか?
また、母と宇都宮との関係にも今後迫っていくんだろうか。とっても気になるポイントですね。

あとは、今回はあまり出てこなかった、前の彼氏の拓真が、ももに対してどうなっていくのか。
嫁との関係は?
ももの破談は本当に市松が仕組んだハニートラップだったのだろうか。
そして、市松とももとの師弟関係、家族としての関係が、どうなっていくのか。

何より、直人とももの関係は?恋愛としてうまくいくのか。邪魔されたりしながらも、絆を深めていくのが毎回楽しみです。
また直人の仲間達が、いつでも見守っている状況もとても素敵で。
幼馴染なところもあるからか、心配しながらも、みんなで悩み、笑える、とても心地いい存在感だなぁと思います。

今後、ももが花道への愛情を取り戻せるのか、親のエゴを越えていけるのか。
ますます目が話せず、楽しみなドラマです。
ももには、全てを切り拓き乗り越えていく強さと、時折見せる母のような優しさがあって、見ている側の爽快感も半端ないです。今後もぜひ見ていきたいと思います。

<スポンサーリンク>