日経チャート

引用:https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000&ashi=4

本日の日経平均は、マイナス52円77銭の2万2591円からスタート!
NYダウに引きずられたものと思われますが、株はどう動いたのでしょうか?

急落から一転、日経新聞の報道で急騰!6773パイオニア

パイオニアチャート

引用:https://kabutan.jp/stock/chart?code=6773&ashi=4

パイオニアは業績不振が続き、8月6日の決算発表で営業損益が16億円の赤字、最終損益も予想を上回る赤字となったため、翌日は売りが先行し急落しました。

8日は取引量を示す出来高が激減・・・。ほとんど値動きがないまま取引時間が終了しました。

低位株という事もあり、このままずるずると下がりながら出来高も減少していくのだろうなと皆が思った翌日、日経新聞にある記事が掲載されました。

自動車部品大手のカルソニックカンセイなど複数社に支援を要請、資本・業務提携する検討に入った

8月9日、誰もが売りに出してしまったであろうタイミングでの報道に慌てて買い戻しが入りました。

結果、窓を大きく開けてのGD発進!その後もヨコヨコながらも下値は堅く、プラス15円で引けました。

パイオニアの今後は?

パイオニアは200円から270円くらいの株価を推移していましたが、続く業績不振により、150円を割り、今回の決算で一気に100円を割るのも時間の問題かと思われました。

しかし、資本・業務提携の可能性が出てきたことで、ダラダラと下がる株価に嫌気がさしていた投資家が戻ってくる可能性があります。

事実、下値は堅くプラスで引けることができました。

現在、この報道に対し、パイオニアからは「決定した事実は何もない」とコメントが出ていますが、個人的には時間の問題かと思われます。

これからパイオニア株の購入を考えている投資家は、資本・業務提携決定のIRがでる時期を慎重に見極めなくてはなりません。

仮に資本・業務提携が幻で終われば、決算を凌ぐ、下落に見舞われるかもしれません。

一気にまとめ買いするのではなく、様子を見ながらのトレードがいいと思います。

今後も要注意!9263ビジョナリー

ビジョナリーチャート

引用:https://kabutan.jp/stock/chart?code=9263

7月25日までじわじわと株価を上げ、上昇トレンドに乗ったと思われていたビジョナリーですが、25日公募増資・売出(PO)が発表されたことで、26日窓を開けて一気に株価が下落!

売り板も買い板も大量の注文で溢れ、どっちにも行けない身動きが取れない状態になってしましました。

実はこの株はある有名トレーダーがSNSで頻繁に紹介しており、イナゴと呼ばれる有名トレーダーのSNSなどをチェックし、紹介された銘柄に飛びつく人たちが多い事でも有名な銘柄でした。

二日続けて大きく下落しましたが、その後、大きく回復し、五日間かけて前回の下落に迫る上昇をみせました。

しかし力尽きた様に再度下降開始

強い上昇をみせたビジョナリーでしたが、170円の壁を突破できずに下がっていき、本日は窓を開けて下で始まりました。

結局、終値が128円、前日比マイナス200円で引けましたが、前回の底115円付近が近づいてきているので、そろそろ買ってみようという人が増えているようです。

 

買うのは上昇傾向がみられからでも遅くはない

前回の底付近で反発する可能性は高い!と考える人は多いです。かくいう私もその一人ですが、本当にソコは底でしょうか?

また、もし底じゃなかった場合、損切りの準備は出来ていますか?

新高値更新・新安値更新の時、壁を破ったという事で一気に上昇・下降という波が起きやすい状況になります。

また、まだまだ板には多くの注文で溢れている為、自分の玉が約定されるまで列に並んで待たなければなりません。

売りたいけど売れない、買いたいけど買えない・・・。

ただ監視は怠れない・・・。

こうなると無駄に時間を使ってしまいます。

だれしも最安値で買って、最高値で売りたいです。

しかし、そこまで完璧にチャートを読むことは事実上無理です。

「頭と尻尾はくれてやれ」で、今回は身の部分を美味しく頂ければいいんじゃないかと思います。

本日の注目株!好決算から一気にストップ高!5304 SECカーボン

SECカーボンチャート

引用:https://kabutan.jp/stock/chart?code=5304&ashi=4

昨日、好決算が発表されたSECカーボンですが、同様に先日、好決算が発表された東海カーボンは翌日の相場で大きく株価を落としました。

好決算でも翌日の株価は上がるとは限らない・・・。

そんな不安に駆られながら迎えた9日でしたが、その不安を払拭するように、寄りから株価はぐんぐん上昇!

完全なる上昇チャートになったところで、引けの30分前ほどにストップ高となりました。

終値は1万6240円!なんとプラス3000円で引けました。

もし、昨日の引けで100株でも買っていれば30万円の利益です。

しかし、決算跨ぎはギャンブル性が高く、好決算でも東海カーボンの様な事もあるので注意が必要です。

ちなみに他のカーボン株ですが、SECカーボンが上昇する中、日本カーボン、東海カーボン共に寄りから株価を下げていきました。

SECカーボンに資金が集中してこっちには回らないかな?と思いながらチャートを眺めていると、9時半くらいに底につき、あとはSECカーボンを追いかけるように上がっていきました。

おまけ

本日の個人取引ですが、日本カーボンの寄りからの下落で、ロスカットされてしまいました。

これは設定しておいたものですが、その後の上昇を考えると早すぎましたね・・・。

まだまだ勉強不足です!