日経チャート

トルコリラショックをもろに受けた昨日とはうって変わり、本日の日経は498円65銭で引けました。

そんな中、本日の株価はどうだったのでしょうか?

大底から復活の兆し!マツオカコーポレーション

マツオカチャート

マツオカコーポレーションは2017年12月13日に上場した会社で、主にアパレル品のOEM(請け負い)製造を手掛けており、ユニクロ製品も手掛けていることから上場以降、ユニクロと共に株価の上昇が期待されていました。

初値は3800円を付け、今年二月には5290円の最高値をつけました。

しかし、地合いの悪化と決算結果の不振により株価が急降下。

一時、2800円台をつけるなど底が見えない展開が続いていました。

一旦は上昇気配をみせたものの・・・

長い間、3000円から3500円をうろうろしていましたが、5月15日出来高を伴って上昇し、3500円の壁を破りました。

その後もグングン上昇し、5月22日4480円の今年最高値を更新しました。

しかし、最高値を更新したところで目標達成といわんばかりに失速・・・。

またしても下降していきました。

夏には出来高も減少・・・。終わったかに思えたが・・!

3000円を切る手前で下落が止まったものの、取引量を示す出来高が激減し、一日の値動きもほとんどない状態になってしまいました。

東証一部とは思えない出来高であまりの出来高の少なさに、朝寄らない日もあったほどでした。

そして、トルコリラショックで全面安になった8月13日。

日経も暴落し、株価も全面安の中、マツオカコーポレーションの出来高が一気に上昇しました。

10日に決算発表したマツオカコーポレーションでしたが、決して超絶決算というわけではありませんでした。

しかし、決算の中身が評価され、今後の有望株として再評価されたと考えられます。

二日間で800円程の上昇は、今後の展開も十分に期待できる数字であり、まだまだ伸びしろを感じさせます。

今後ユニクロとの関係から、中国市場の値動きも重要になってくると思いますが、米中貿易摩擦の影響も少なくなってきたことからなかなかいい状態といえると思います。

決算で暴落・・・クラウドワークス

引用:https://kabutan.jp/stock/chart?code=3900

決算明けで暴落した株があります。

クラウドワークスです。

決算結果は決して暴落につながるような数字ではありませんでしたが、ここには業績に関係なく力業でチャートを動かす筋が入っているという情報があり、今回の暴落はその筋が空売りを仕掛けたのではないかといわれています。

決算結果も良好ではなく、寄りから下落すると、「決算結果が悪かったからみんな売っているんだ!自分も早く処分しないと!」と狼狽売りにつながりやすく、暴落の原因になります。

空売りしているトレーダーは株価が下がれば下がるほど利益が出るので、多少の力業を使っても株価を上げさせないようにします。

少し株価が上がってもすぐ下がってしまうと、ここはもうしばらく上がらないと考え、多くのトレーダーは買い控え、もしくは売りに出してしまいます。

そうなると株価は下落の一途をたどり、底につくまで下がり続けます。

暗雲立ち込める展開に冷え気味の相場ですが、今後はどのように推移していくのでしょうか。

しばらくは下がりっぱなし?それとも・・

本日は空売り勢の勝利でしたが、空売りも利益確定の買い戻しが必要になってきます。

空売り勢が利確し、株価が上昇したところが買いのチャンスだと思われますが、焦って飛びつくと少し株価が上がったところで再び空売り勢に狙われ、さらなる下落につながる恐れがあります。

ではどのように判断するかというと、信用買いの比率や空売りの比率の確認が重要になってきます。

空売り比率は勿論ですが、信用買いの比率も重要で、現物株で保持しているトレーダーは超長期保有も可能ですが、信用買いのトレーダーは手数料の関係から、そういうわけにもいきません。

現物に比べ、株を手放しやすく、折角上昇してもやれやれと簡単に売られてしまっては、すぐに株価は下がってしまいます。

一般的に、株価の上限はなく、下限(0円)は存在するため、空売りのほうがリスクが大きいといわれますが、心理的には上昇よりも下落のほうが動揺を誘い、焦って損切りなどの判断ミスをしがちです。

また空売りを行うトレーダーは資金面でも潤沢である事が多く、冷静に底を見極めないと返り討ちにされてしまいます。

ただ引けにかけて買い戻しが多少入ったので総悲観という訳ではありませんが、慎重を期すならしばらくは新しいIRの出現を待つか、空売り勢の利確を待ったほうが賢明そうです。

おまけ

本日の取引結果

日経暴落から一夜明け、本日の日経平均は大幅プラスで引けました。

昨日暴落した株の買い戻しチャンスと感じ、昨日暴落した株中心に取引しました。

3064monotaRO 5600円買い、5650円売り プラス50円

5302日本カーボン 6650円買い、6750円売り プラス100円

UUUMの出来高が上昇していたので購入の機会を伺っていましたが、迷っているうちにストップ高になってしまいました・・・。

明日が楽しみです。