2018年8月8日の株式市場概況

本日の前場は、前日のNY市場株高を好感し、

前日に10,000円の大台乗せをクリアしたソフトバンクグループの

上昇に沿うようにジリ高で上昇、

日経平均株価は一時22,800円台に乗せました。

しかし、後場に上期決算を発表した資生堂の

期待に届かぬ失望売りでの暴落の影響を受け、

140円程の値幅を消し、行ってこいの展開となってしまいました。

 

この株が強いと日本の株式市場は元気になる!

ということで本日も強かった「ソフトバンクG」に注目してみました。

 

再び時価総額第2位!急浮上のソフトバンクGに注目

ソフトバンクGは本日も会心の動きを見せ、

前日比+480円の10,530円で終えました。

 

時価総額は11兆5900億円程度まで膨らみ、

約1カ月ぶりにNTTドコモを抜き去り、

時価総額第2位に踊り出ました。

4~6月期の好決算がこの強さの背景にあり、

チャートは日足、週足、月足とすべて先高を期待できるような、

そんな強いチャートを描いています。

13:30の資生堂急落における先物一気下げにも

200円程の下落がありましたが、その後は押し目が拾われ、

しっかり値を戻す強さでした。

 

また、同じくソフトバンク関連の

「4726ソフトバンク・テクノロジー」

も終値で上場来高値を更新しています。

どちらも非常に強い動きが続いているので、

明日は果たして調整があるのか、

このまま突き進んでいくのか大注目です。

 

 

2018年8月8日のストップ高株・ストップ安株

 

ストップ高の代表銘柄は「6033 エクストリーム」

先週の2日に「同社のIP(知的財産)「ラングリッサー」について、

スマートフォンアプリのライセンス許諾先である

天津紫龍奇点互動娯楽が中国でiOS版の配信を開始した」

というIRから一気に火が付き、この5営業日で2.5倍を達成中です!

 

超理想的な急騰です。

動意づく前も日足チャートは直近高値を超えていたので、監視、

そして保有されていた人は、きっと笑いが止まらないでしょう!!

これがあるから株は面白いんですね。

今日の動きは、4,310円のストップ高で寄付き、

その後一気に4,000円割れまで急落します。

大量のしこりが出来てしまったと監視から目を離しがちですが、

スーパーヒーロー銘柄はなんのそのですね(笑)

 

前場の安値を2度割りましたが、

そこから持ち直しての後場一気のストップ高でした。

これは非常に強い動きです。

 

これだけ上昇しても、まだ時価総額は116億円です。

明日以降の展開に目が離せないですね。

もしかしたら「3906 ALBERT」型の大相場に発展するかもしれません。

 

もう一つのストップ高注目銘柄は「7867 タカラトミー」

 

7日に発表した中間期業績予想を上方修正したことで

好感されてのストップ高です。

2018年4─9月期の連結営業利益予想を

従来の40億円から55億円に引き上げました。

定番商品の「リカちゃん」やトレーディング・カードゲームの

「デュエル・マスターズ」、玩具の「ベイブレードバースト」

などが引き続き好調に推移したようです。

また、6月から出荷を始めた「L.O.L.サプライズ!」

が人気だということです。

株価は、これまで1,000円以下で売られてきただけに反動も大きく、

今回のストップ高で需給が好転する期待感もあるので

今後の監視銘柄になりそうです。

 

ストップ安は本日はありませんでした。

 

明日も決算での材料を踏まえた、個別銘柄主体の展開となりそうです。

本日の「5301 東海カーボン」のように好決算でも

それまでの期待で上昇している銘柄は、

一旦売られることもありますので、注意が必要です。

ストップ高注目銘柄の「7867 タカラトミー」のように

売られ過ぎていたのに好決算、という銘柄の方が上昇しやすい、

そういう傾向も頭に入れておく必要があると思います。

 

このところ大きな出来高を伴ったインサイダー的な、

銘柄が出現しています。

本日、「6079 エナリス」に超絶IRが発表されました。

KDDIとJパワーがエナリスにTOB、なんと1株700円!!

(本日のエナリスの終値は513円)

夜間取引のPTSでは、もちろん買えたらラッキーの

613円、+100円のストップ高です。

昨日の連続大陽線で、私も本日監視していました。

延々と押し目買いが入り、最後まで非常に強い動きだったので

明日の監視銘柄はこれだなと思っていました。

すると引け後にTOBという、しかも700円という

とんでもないIRが出てしまいました。

この3営業日の買いまくった方たちは

もしかしたら何か情報を掴んでいたかもしれません。

こういうことが株の世界では、起こり得るんですよね。

今回の違和感を感じ取ってエナリスを持ち越した人が

TOBというお宝をゲットできました。

良いチャートを作っておいて逆のマイナスIRも

起こることはありますが、エナリスはKDDIとの

繋がりがありましたので、先見性があれば、

チャンスをものにできるのだと思います。

株式の世界は宝さがしの旅でもあります。

楽しみながら投資していきたいですよね!