国産車における高級ミニバンと言えば、トヨタのアルファードと

ヴェルファイアがあげられると思います。

しかし両車はとても似ており、高級ミニバンを探しているユーザーにとっては、

どちらを選ぼうか悩みどころでもあります。

そこで今回は、アルファードとヴェルファイアを様々な観点から比較し、

果たしてどちらがKing ofミニバンなのか、検証してみたいと思います。

<スポンサーリンク>


そもそもアルファード、ヴェルファイアってどんな車?

2000年代初頭、すでに高級ミニバンとて先陣を切り、成功を収めていた日産エルグランドに対抗して、

2002年にトヨタ自動車が初代アルファードを投入しました。

そして2代目アルファードへモデルチェンジする際に、ヴェルファイアも発売。

ヴェルファイアはアルファードから分離する形で発売された車種で、

両者は兄弟車種という位置付けとなります。

初代アルファードこそ、当時流行り始めたばかりのファミリーカーとしてのミニバンといった立ち位置でしたが、

2代目になってより高級志向へモデルチェンジし、

三代目となった現行のアルファード、ヴェルファイアに至っては、

個人ユースにおけるファミリーカーとしての利用のほか、

社長や芸能人の送迎車としても使用されるようになり、国産最高級ミニバンとしての座を不動のものとしています。

ではいよいよ実際にアルファードとヴェルファイア、

どちらが上なのか比較してみることにします。

これから購入される方のご参考になればと思いますので、

現行モデル(3代目)を基準にお話を進めます。

アルファードとヴェルファイアの共通な部分はどこ?

通常、兄弟車種というのは、車として共通な部分が多く、

共通ポイントに関しては、全く同じ仕様のため、比較ができません。

特に現行のアルファード、ヴェルファイアに関しては大部分に互換性があり、

そのせいでどちらにするか迷いがちです。

具体的には、搭載しているエンジンラインナップや

グレード展開(グレード名こそ異なりますが、それぞれの内容は同じです)外板色や内装色に至るまで、共通です。

グレードごとのオプションの内容までもが同じなので、車体価格も同じです。

ここまで共通部分が多いと、迷ってしまいますし、

ましてやどちらが上かどうか、決定する事は困難です。

しかし当然車名が違う以上、異なる点もあります。

そこで三番勝負と銘打って、様々な角度から比較検証してみます。

アルファードとヴェルファイア対決!第1回戦、外装デザイン対決!

車を選ぶ上で多くの方が重要視するポイント、外見。

アルファード、ヴェルファイアの最大の違いといえばここではないでしょうか。

フロントマスクと、リヤのデザインに差別化が図られています。


引用https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

こちらがアルファードです。

一方でヴェルファイアはと言いますと。

引用https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

フロントマスクは、どちらかと言うとアルファードの方が、

華やかさの中に大人の高級感を散りばめ、落ち着いた印象を受ける一方で、

ヴェルファイアに関しては、アルファードよりメッキパーツをふんだんに使用し、

見た目の派手さや煌びやかさを演出し、若年層受けを狙っているように感じます。

リヤは、テールレンズのデザインに差別化が図られていて、

アルファードが線を意識した意匠、ヴェルファイアは四角を基調にした意匠となっています。

さて題名にありますどちらが上かどうかですが、

正直デザインに関しては個人の好みの部分が大きく、甲乙つけ難い部分でもあります。

個人的にはアルファードの上品な高級感の方が好みですが、

ヴェルファイアのやんちゃさが好みの方もいるかと思います。

一回戦はどちらが優れているとは言い切れないので、引き分けとします。

アルファード0-0ヴェルファイア

アルファードとヴェルファイア対決!第二回戦 取り扱い販売店対決!

数少ない違いその2ですが、購入できる販売店が異なります。

トヨタには赤色のトヨタ店、緑色のトヨペット店、オレンジのカローラ店、青色のネッツ店の4つの販売店があり、

それぞれで取り扱っている車種が異なります。

アルファードは緑の看板トヨペット店

ヴェルファイアは青い看板のネッツ店で購入することができます。

そこで2回戦ではこの販売店の違いに着目してみようと思います。

まずアルファードのトヨペット店ですが、アルファードの他に代表的な車種として、

ハリアーやマークXを取り扱っていて、どちらかと言うと価格の高めな車種ラインナップで、

子育てがひと段落した熟年層世代をターゲットにしています。

逆にヴェルファイアのネッツ店は、ヴィッツやヴォクシーといった、

若者向けの車種ラインナップとなっていて、それぞれの販売店でターゲットにしているユーザー層が異なるのが分かります。

さて、勝負の行方ですが、アルファード、ヴェルファイアは高級ミニバンとして売り出され、King ofミニバンの称号を争っています。

二回戦では販売店視点で比較していますが、こちらもどちらが優れているか甲乙つけるのは難しい話です。

しかし、高級ミニバンを購入しようとしている方にとっての満足できるサービスや応対がより期待できるのは、

普段から高級車を扱っており、お客様の年齢層も高めなトヨペット店なのではと考えられます。

よって二回戦は僅差ではありますが、アルファードの勝利とします。

アルファード1-0ヴェルファイア

余談ですが、あまり知られていませんが、

トヨタの販売店はフランチャイズ制を採っていて(一部例外はあります)、

同じ町のトヨペット店とネッツ店でも運営している会社は全くの別物であることがほとんどです。

ですので、メーカー設定価格が同じアルファードとヴェルファイアを同じ時期に購入しようとしても、

値段に差が生じる可能性があります。

販社独自の施策などを行っている事もありますので、

販売店を越えて比較してみると良いことがあるかもしれません。

アルファードとヴェルファイア対決!3回戦販売台数対決

さていよいよ最終戦です。

3回戦は両者が3代目にモデルチェンジした2015年1月からの累計販売台数を比較してみたいと思います。

販売台数が多い方が当然人気のある車種と言えますし、

1、2回戦は決着の付けづらい項目でしたが、3回戦は恨みっこなしの数字が物を言う対決となります。

では実際に比較してみましょう。

日本自動車販売協会連合会が発表しているデータを参照に、

2015年1月から2017年12月までの3年間、両車の販売台数を合計してみました。

すると・・・・

アルファード
→128,711台

ヴェルファイア
149,373台

ヴェルファイアの方が約2万台多く売れていることがわかりました。
よって3回戦はヴェルファイアの勝利となります。

アルファード1-1ヴェルファイア

ここで試合終了です!

両車ともに熱い闘いを見せてくれましたが、

惜しくも引き分けという結果に終わりました。

ちなみにこんな動画もあったりします。

<スポンサーリンク>


やはり1回戦のデザイン対決で引き分けた事が、

勝敗に大きく影響しているようです。

結局どっちが上なの?

三番勝負は引き分けに終わりましたが、

一回戦の結果が全てを物語っていると思います。

車としての“走る、停まる、曲がる”といった基本性能に差がなく、

オプションや価格にも差がないため、単純に見た目が気に入った方を選ぶ事が正解なのかもしれません。

実際検証してみても、外見以外の違いを見出すのが大変でした。

今回はアルファードとヴェルファイアを比較。

どっちが上!と銘打って様々な角度から比較しましたが、結果は引き分け。

デザインは単純にどっちが上と決定できないので、この様な結果となりました。

直感を信じろ!とはよく言われますが、

どちらかが選び迷った際には、一番はじめにビビッときた方を選ぶと良いのかもしれません。

<スポンサーリンク>