ここでは、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」
第2話のあらすじをネタバレしていきます。

タイトルは「坊ちゃん」。

 

主人公である四三の生い立ち。そして妻になる綾瀬はるかさん演じる「スヤ」の登場が見どころと言えます。

いだてん2話の感想や再放送予定、視聴率(わかり次第)なども紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

 

【大河ドラマ】いだてん2話のあらすじをネタバレ

いだてん 2話 ネタバレ あらすじ

 

~前回のラストシーン~

嘉納治五郎(かのう じごろう)(役所広司)が開催した、日本初のオリンピック予選会。マラソン競技で韋駄天(いだてん)のごとき活躍で、みごと優勝を果たしたのは金栗四三(かなくり しそう)(中村勘九郎)だった。

 

~今回のお話~

金栗四三の生い立ち

金栗四三は、明治24年(1891)8月20日、熊本県玉名郡春富町に生まれた。

父親の金栗信彦(かなくり のぶひこ)(田口トモロヲ)は病弱だったが、妻であるシエ(宮崎美子)との間に4男3女の子供が生まれた。6番目、信彦が43歳の時に生まれた子だったので、四三と名付けられたのだ。

父に似て、四三も小さい頃からカラダが弱かった。そして四三が生まれた年、嘉納治五郎は熊本の第五高等中学校(今の熊本大学)の校長に就任したのだった。

四三は嘉納治五郎に抱っこしてもらえたのか?

5年が経った明治29年(1896)、朝食の席で四三の祖母であるスマ(大方斐紗子)がこのようなことを言い出した。

「熊本の嘉納治五郎先生が、柔道を見せてくれるらしいよ」

治五郎は柔道の創始者で後に世界でも知られるようになる。そんな治五郎に会いにいって、抱っこしてもらえば、病弱な四三でも強く育つに違いない!それがスマの考えだったようだ。

 

四三がカラダが弱い元凶である父親の信彦は、意を決して幼い四三を熊本に連れていくことを決めた!というのは、春富町から学校のある熊本市までは十里(約40キロ!)も離れていたからだ。

 

疲れ果てながらも、何とか信彦は四三を連れて五高(第五高等中学校)に到着。だが、治五郎の柔道場の前には注目するたくさんの人が集まっていて、四三は治五郎の姿すら見ることができない。せっかくここまで連れてきたのに、気持ちまで弱かった信彦は、無理やり人波をかき分けて前に出ることができなかったのだ。

 

近くにいた人に四三は持ち上げてもらった。が、結局見れたのは治五郎の「後頭部」だけで、抱っこしてもらうという旅の目的を果たせずに、とぼとぼと父と帰途につくことになるのだった。

 

つらい帰り道。

ようやく家につくと、祖母のスマが尋ねてきた。

「四三は治五郎先生に会えたのか?」

四三が答えるのをさえぎるように信彦が答えた。

「そのために行ったのだから当然だろ。四三は嘉納先生に抱っこしてもらったのだから、もう大丈夫だ」

喜ぶ家族を背に、四三は不満そうに黙り込むのであった。

呼吸法を大発見!

金栗四三 呼吸法

翌明治30年(1897)、四三は尋常小学校に入学。治五郎に抱かれなかったのが原因かは定かではないが、相変わらずカラダも気も弱いままだった。

そんな四三は兄である実次(さねつぐ)(中村獅童)の妻キヨメの出産の際に、大きなことに気づく。

それは「呼吸法」である。お産の時に、母のシエはキヨメに規則的に呼吸をして楽になる方法を教えていた。それを見て学んだ四三は、学校までのつらい登りの山道でその「呼吸法」を試してみたのだ!

 

「すっすー、はっはー」と2回ずつ吸って吐くと、息が苦しくなくなることを発見した。

その「呼吸法」の習得によって、四三は玉名北高等小学校に進学してからも、往復三里(12キロ!)の道のりを楽に早く通学できるようになった。それはまさに「いだてん」のごとき速さだったのだ。

スヤとの出会いと父の死

さらに8年が経過した明治38年(1905)年3月。信彦が血を吐いて倒れた。四三は、医師の春野先生(はるのせんせい)(佐戸井けん太)を急いで呼びにいく。あまりに夢中で走ったために、四三は途中で足にけがをしてしまった。春野先生はそれを見て、娘であるスヤ(綾瀬はるか)に手当を任せて、自分は馬に乗って急ぎ金栗邸に向かうのであった。

 

スヤにけがの手当てをしてもらった四三は、急ぎ家に向かって引き返した。すると、夜が近くなり足元が暗くなったのを案じたスヤが「ちょうちん」を持って後を追いかけてきた。

「危ないから、これよかったら使って・・・ぎゃっ!」

今度はスヤの方が転んでけがをしてしまった。四三はスヤをおぶって家路を急いだ。

 

四三が帰らない金栗家では、父の信彦が昏睡状態になっていた。そうしてうわごとを言い出した。

「四三は・・・嘉納治五郎先生に抱っこしてもらったのだから、とんでもない男になる・・・」

そうして次の遺言のような一言を残し、四三が帰る前に息を引き取った。

「生きろよ、四三、父ちゃんのぶんまで走れ!」

四三、海軍兵学校を受験 結果は?

金栗四三 海軍兵学校

その年、四三は玉名中学校に進学して、寄宿舎での生活が始まった。週に一回は五里(20キロ)の山道を走って実家に帰っていた。実家に帰った四三は家族の前で「海軍兵学校を受験したい」と切り出した。

その理由は、海軍兵学校に入れば授業料はかからずに、卒業したら将校になれたからだ。父の死後、父代わりに四三の面倒を見てくれていた兄の実次も、この考えに賛成してくれた。

 

以後、四三は兵学校の入学試験に向けて猛勉強した。その結果、学力には自信がついたが、身体検査も通る必要がある。まだカラダの強さに自信がなかった四三は、中学校の五条先生から教わった「冷水浴」を毎朝の習慣に取り入れた。それは裸で頭から冷水をかぶる、あらわざ(健康法?)だった。

 

そしてついに向かえた兵学校の身体検査。その検査は四三が考えていたよりも、ずっと厳しい方法であった。

 

試験の帰り道、四三はポツンと橋から川をひとり眺めていた・・・

すると春野スヤが自転車にのって、大きな声で歌いながら近づいてくる。

会いたかばってん 会われんたい
たった一目でよかばってん
あの山一丁越すとしゃが・・・

 

四三を見つけたスヤが、自転車を投げ出して走り寄ってきた。

「金栗さん!父から聞きました。今度海軍兵学校を受けるって」

「落ちました」

 

四三はスヤと二人で河原で話をするのであった。

「みんなの期待を受けて海軍を受けたのに・・・合わせる顔がないです!」

すると、スヤが四三を励ますように言うのであった。

「丈夫だったら、それでいいじゃないですか。丈夫なカラダをお国にために使うか、自分のために使うか、それを決めるのは四三さん本人で自由じゃないですか!」

それを聞いた四三は、なんだか納得して元気が出るのであった。

※)史実によると四三が海軍兵学校の身体検査に落ちたのは、結膜炎が原因だったと言われています。

 

スヤと一緒に家路についた四三は、自転車をこぐスヤの横に並びながら走って、教わりながら一緒に歌った。

ちりりんちりりんと出てくるは
自転車乗りの時間借り・・・

 

それは当時流行っていた「ハイカラ節」の替え歌で「自転車節」という曲であった。

美濃部孝蔵と落語の出会い そして四三は・・・

場所が移って東京。美濃部孝蔵(みのべ こうぞう)(森山未來)は芸者遊びの代金をごまかそうと逃げ回ったあげく、落語の寄席に入り込んだ。

※)美濃部孝蔵は後の古今亭志ん生(ここんてい しんしょう)の本名です。

 

そこで高座に上がっていたのは、名人と言われていた橘家円喬(たちばなや えんきょう)(松尾スズキ)。

孝蔵は円喬がその日に披露していた「付き馬」という話に聞きほれて、弟子になろうと決心したのだった。


 

そして熊本。海軍兵学校の試験に落ちた四三は、中学の級友の美川秀信(みかわ ひでのぶ)(勝地涼)から東京高師(今の筑波大学)を受験すると知らされる。

 

何気なく興味をもった四三は、秀信から「教育」という雑誌を渡されて読み始めた。するとそこにあった名前に驚愕した!

嘉納治五郎

「嘉納治五郎は東京高師の校長先生をやっているんだ」

その秀信の言葉に四三は衝撃を受けるのだった。

いだてん2話の感想

 

今回は主人公である金栗四三の、幼少期から青年期までの成長が一気に描かれた内容でした。

ポイントはたくさんありますが

  • 父である信彦の死
  • 抱っこしてもらえなかったけど、嘉納治五郎のデカすぎる存在感
  • 後の妻になる春野スヤと四三の出会いシーン

などが特に印象に残りました。

 

まず信彦の死です。自分の体質を(不幸なことに!?)受け継いで病弱になってしまった四三のことを、信彦は本当に案じて、愛しいと思っていたのでしょう。

だからこそ、40キロという遠い道のりを歩いても、嘉納治五郎に我が子を抱っこしてもらいたかった。そして健康になって欲しかったのでしょう。それが実際にかなわなかったシーンはこっけいだけど、同時に信彦の悲しさも伝わってきました。

死ぬ間際まで、家族と自分に「四三は嘉納先生に抱っこしてもらったから大丈夫だ」と言い聞かせるシーンは、四三に対する深い愛情が伝わってきて、今回一番泣けるシーンでした。

 

そんな父の思いをくんだのか、やがて四三は嘉納治五郎に出合い、マラソンを走れるほどの健康になっていく流れも感動的です。

幼少期に抱っこしてもらえなかったけど兵学校を落ちる偶然によって、最後のシーンで四三は嘉納治五郎と再びつながることになります。

「四三の人生に重要な関わりがある人物」であることが暗示されて、2話全体を通して嘉納治五郎の存在感の大きさが感じられました。

 

また、綾瀬はるかさん演じる春野スヤとの出会いのシーンも印象的でしたね。ちょっと天然だけど明るい性格のスヤは、綾瀬はるかさんがぴったりの配役だと思います。「義母と娘のブルース」の母役もよかったけど、今年はスヤ役の綾瀬さんを1年間見て元気がもらえそうです。

2人の設定が中学生ぐらいというのには、ちょっと違和感がありますがそれも大河ドラマならではと言えるでしょう。

 

そして、物語全体を通じての、四三と後の古今亭志ん生(ビートたけし)とのつながり。このつながりも毎回徐々に明らかになっていくのだと思います。宮藤官九郎さんの脚本はいろんな伏線が張り巡らされているので、次回からも楽しんで見ていきたいと思います。

 

次回のあらすじはこちら

⇒ いだてん3話のあらすじをネタバレで紹介!感想は?四三とマラソンの出会い

【NHK大河ドラマ】いだてん2話の再放送はいつ?

NHK大河ドラマ「いだてん」の再放送日は

(次の)土曜日の午後1時5分 NHK総合

の予定です。

 

2話の再放送は

1月19日(土)午後1時5分~ NHK総合

となります。

またNHKオンデマンドの見逃し配信で見ることができます。
購入期限は再放送から一週間後の1月26日になります。

 

次回のあらすじはこちら

⇒ いだてん3話のあらすじをネタバレで紹介!感想は?四三とマラソンの出会い