最近は猛暑続きで人間にも自動車にも過酷な日々が続いております。こんな暑い日に道中で自動車が故障して立ち往生!なんて最悪な状態は避けたいものです。

故障を防ぐ為にも愛車の定期的なメンテナンスは大切です。近年の自動車は壊れにくくなっていますが万が一を避ける為にも車検だけではなく、こまめな点検を心がけたいですね。

今日は自動車のメンテナンスの中でも最もポピュラーとも言える”エンジンオイルの交換”について少しお話ししたいと思います。
<スポンサーリンク>



そもそもエンジンオイルって何をやっているの?なぜ汚れる?

エンジンオイルは文字通り、自動車のエンジン内に入っているオイルで、”潤滑油”としてエンジンが元気に動くためにはなくてはならない存在です。

もっと細かく説明すると、エンジンオイルには主に6つの役割があって

  1. 防錆(エンジン内のサビを防ぐ)
  2. 緩衝(爆発の衝撃から部品を守る)
  3. 減摩(金属同士の摩擦を減らす)
  4. 密封(隙間を埋めて圧縮力を高める)
  5. 清浄(エンジン内部の汚れを落とす)
  6. 冷却(爆発による熱を吸収する)

と言った役割があり、単なる潤滑油としての役割だけでなく実に様々な役割を担っている大切なオイル、人間で言うところの”血液”と同じような働きをしていると言えます。

そして3、5の働きの副産物としてエンジンオイル内に金属粉や、燃料が燃えたことによるススなどが蓄積されることによってエンジンオイルが汚れていきます。一般的なエンジンには”オイルフィルター(エレメント)”と言われるフィルターがついていて、その汚れをこしとってくれていますが、当然フィルターにも限界があっていつかは交換が必要になります。汚れ=走行距離と言ってもほぼ間違いないので、エンジンオイルは走行距離を目安に交換時期が判断されているのです。

また1、5の働きに関係してエンジンオイルにはオイルの他に添加剤成分が配合されていて、エンジンの性能をより長く発揮できるように工夫されているのですが、この添加剤成分は時間が経つと酸化によってその性能が低下していきます。ですのでエンジンオイルは汚れ(走行距離)だけではなく、年数によっても交換が必要になってきます。

エンジンオイルが劣化するとどうなるの?

汚れが溜まって添加剤成分も減少した劣化したエンジンオイルを使い続けるとどうなるのでしょうか?

実はエンジン内部には油路と言われるエンジンオイルが通る小さな穴が無数に張り巡らされていて、エンジン各部隅々までオイルが行き渡るように設計されています。

汚れが溜まったドロドロオイルはその小さな穴を通る事が出来るのでしょうか?答えは”NO”です。油路が詰まってしまうとエンジンオイルが必要な箇所に行かなくなり、最終的にはエンジンが焼き付いて壊れてしまいます。

先ほどエンジンオイルは人間で言う”血液”だと例えましたが、人間もドロドロ血液だと血管が詰まってしまって重大な病気や、時には死に至ることもありますよね?自動車も同じで、たかがオイル交換を怠っていただけで、エンジンが死んでしまうこともあるのです。もし自分の血液を新品に取り替えられるとしたら、喜んで取り替えますよね?

また、実はあまり知られていませんが、正常なエンジンでもエンジンオイルは走行していると自然に減少していきます。それは燃料が燃える部分の潤滑もエンジンオイルが行なっていて、僅かながらに燃料と一緒に燃えてしまうオイルがあるので自然と減っていきます。ですので汚れだけではなく、量も使用とともに減っていきます。”減った分足せば良いのでは?”そんな意見もあると思いますが、減る頃には汚れも蓄積されているので、補充も兼ねて交換するのが良いと言えます。

劣化したオイルを長く使用していると、エンジン内部の摩耗が早く進むのでオイルを掻き落とす能力が減ってしまい、このオイルの現象する量が増加してしまいます。

車の心臓であるエンジンを長持ちさせる為にも定期的なエンジンオイルの取り替えが必要になるのです。

どのくらいの頻度で替えれば良いの?

では定期的とは一体どのくらいの頻度のことを言っているのでしょうか?

自動車で使用されている各油脂類にはメーカーによる推奨交換時期が決められていて、トヨタの例をあげると、エンジンオイルは

・1年または15,000km走行のどちらか早い方(*シビアコンディションは7,500km)

*シビアコンディションとは悪路走行や高知走行が多い方や走行距離が極端に多い方、長時間のアイドリングが多い方や短距離走行ばかりの方など、自動車にとって過酷な状況で使用されている事

と定められています。年数と距離両方の交換時期が定められているのは前述した理由からですが、現場の身になってみるとこの15,000kmという走行距離に疑問を感じます。

15,000km走行したオイルは真っ黒になっていて、量もかなり減っている事が多くスパンが長過ぎるのではと感じるのです。確かに15,000kmごとの交換頻度でも10万kmくらいまでなら故障せずに走れるでしょう。しかし本来自動車は適切にメンテナンスしていればもっと走れます。例えば20万km30万kmこの車に乗りたいと思うのであればもっとスパンを短くするべきだと思います。この辺りはエンジンのメーカー保証が各メーカー10万kmで設定されている事に関係がありそうです。

では車を長持ちさせるにはどのくらいの頻度がベストなのか、ズバリ

・1年または5,000km走行のどちらか早い方

が良いと考えます。なぜなら5,000km走るだけでもエンジンオイルは目に見えて汚れているのが分かるからです。

また、普通車、商用車、軽自動車によって交換時期を変える必要もあり、普通車は5,000km、商用車軽自動車は3,000kmごとの交換がベストだと考えます。商用車や軽自動車はその特性上エンジンの負荷が普通車に比べて大きいので、早めの交換が長持ちさせるには望ましいと言えるのです。

またエンジンオイルの劣化が激しいターボ車はメーカー指定で5,000kmが交換時期だったりもします。

5,000kmごとにエンジンオイルを交換していれば、オイルが原因のエンジン内部のトラブルはほぼ起きないと言っても過言ではありません。事実5,000kmごとにエンジンオイルを交換している40万km走行のタクシーのエンジンを開けた事がありますが、汚れはほとんどなく40万kmとは思えない状態でした。(3万kmエンジンオイルを替えないでいるだけで、エンジン内部は真っ黒になってしまいます。)

たかがエンジンオイル、されどエンジンオイル。定期的なエンジンオイルの交換によって自動車の寿命を伸ばし、長持ちさせる事もエコだと思います。

<スポンサーリンク>