暑さも和らぎ、いよいよ秋の気配が近づいてきました。

秋は実りの季節。

そして、自然と関わる機会も多い時期です。

十五夜もまた、そんな秋の大切な行事の1つです。


<スポンサーリンク>



十五夜とは

「うさぎ、うさぎ、何見てはねる、十五夜お月様見てはねる」

有名な童謡「うさぎ」のワンフレーズです。

秋のきれいな月を眺めていると、ふと昔歌ったこの歌を思い出し、口ずさんでしまうかもしれません。

「十五夜」という行事は知っているし、月見団子を飾るのは知っているけど、やったことはない、という人もいるかもしれません。

簡単そうだけど、なかなか重い腰が上がらない人もいるかもしれませんが、せっかく日本に住んでいるなら、四季を感じる行事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

十五夜とは何か

十五夜というのは、旧暦の8月15日に秋の収穫物をお供えし、夜の月を愛でる行事です。

日本では昔から月を神聖なもの、として認識しており、縄文時代にはすでに月を愛でる風習があったといえあれています。

平安時代に中国から月見の風習が伝わると、貴族の間で流行しました。

貴族たちは空に浮かぶ月を眺めるのではなく、水面や盃の酒に映った月を愛で、酒を酌み交わし、船の上で詩歌や還元に親しんでしたそうです。

江戸時代になると庶民の間にも十五夜を楽しむ風習が広がっていきます。

ただ、貴族のように月を眺め楽しむものではなく、収穫を祝う意味合いが大きかったようで、収穫を喜び、感謝する日となりました。

旧暦では、月の満ち欠けにより日付を決めていましたので、十五夜とは、「旧暦8月15日の満月」を意味します。

旧暦は1873年まで使われていました。

旧暦で秋は7月~9月で、その真中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれます。

ですので、十五夜のことを「中秋の名月」と呼んだりもします。

ちなみに新暦では、9月7日~10月8日頃にあたります。

では、新暦で十五夜は9月15日と思っている方も多いかもしれませんが、旧暦と新暦では暦にズレが生じてしまうため、現在は十五夜の日付は毎年変わってしまいます。

このズレは月の満ち欠けを基準にするか、太陽の動きを基準にするかで生じたもので、現在旧暦の8月15日は9月中旬から10月上旬の間にやってきます。

2018年は9月24日(月)が十五夜にあたります。

また今年以降を見てみると、2019年は9月13日2020年は10月1日です。

そして十五夜だから必ず満月か、というとそうとは限りません。

毎年1日前後ずれてしまいます。

今年の十五夜も満月の日ではなく、1日遅れの9月25日が満月になります。

十三夜

十三夜とは「後の月」と呼ばれ、十五夜とセットで行い、2回月見をするのが昔からの習わしです。

どちらか一方だけを行うことを「片見月」または「片月見」といい、縁起がよくないとされてきました。

十三夜は旧暦の9月13日に十五夜同様、月を愛でる行事です。

十五夜は中国から伝わってきた行事ですが、十三夜は日本独自の行事になります。

2018年は10月21日(日)が十三夜になります。

2019年は10月11日2020年は10月29日になります。

今年の十三夜は日曜日なので、昼間に子どもたちと楽しく準備して、夜月をゆっくり愛でるのもいいかもしれません。

また十五夜は一番美しい月が見られるとしていますが、実はこの時期は台風も多く、天気が良くないことも昔から多かったようです。

十三夜は十五夜の次に美しい月が見られる日で、十五夜の時よりは天気がよいことも多かったようで、「十三夜に曇りなし」という言葉があります。

はたして今年の十五夜・十三夜はどうなるでしょうか。

十五夜に飾るもの、食べるもの

十五夜に用意するもの

十五夜に準備するものには以下のようなものがあるとよいです。

・月見団子

・ススキ

・里芋、サツマイモ

・秋の収穫物(果物・野菜)

・三方

・月見台

 

①月見団子を三方に並べる

十五夜にちなんで15個または満月の数の12個(閏年は13個)用意します。

<15個の場合>

1段目に3×3の9個

2段目に2×2の4個

3段目に2個

<13個の場合>

1段目に3×3の9個

2段目に2×2の4個

<12個の場合>

1段目に3×3の9個

2段目3個

 

これを三方に並べます。

三方とは折敷に台がついたお供え用の器です。

なかなか自宅にない方もいるかと思います。

わざわざ用意しなくても、皿に白い紙を乗せ、その上にお団子を乗せてもかまいません。

 

②月見台の準備

月から見て左側にススキや秋の収穫物を置き、右側に月見団子を配置するのがよいとされています。

月見台は、縁側など月の見える場所か床の間に飾るのがよいです。

ススキはまだ実っていない稲穂の代わりとしての役目があります。

またススキは、神様の依り代であり、魔除けの意味もあります。

ただ、ススキが手に入りにくい場合もあるかと思いますので、無理はせず、秋を感じられるものを用意してください。

十三夜に用意するもの

基本的に用意するものは十五夜と同じです。

月見団子の数は十五夜と同じ考え方で、12個または13個です。

ただし「里芋・サツマイモ」ではなく、「豆・栗」を用意することが多いです。

そのため、昔から「十五夜」のことを「いも名月」「十三夜」のことを「まめ名月」や「くり名月」とも呼んできました。
<スポンサーリンク>


十五夜の献立

十五夜は収穫を祝い、神様に感謝する日ですので、その時旬の食べ物を献立に取り入れることが理想です。

秋を代表する食材は、里芋、サツマイモ、しいたけ、しめじ、鮭、柿、栗、梨、ぶどう、などたくさんあります。

ごはん

・きのこごはん

・栗ごはん

・さつまいもごはん

味付きごはんだと子どもも喜んで食べてくれるし、献立全体を見たときにも豪華になります。

この中から、「栗ごはん」の作り方を紹介します。

栗ごはん

材料(4人分)

◇栗 20個

◇米 2合

◇水 2カップ弱(400g弱)

◇酒 大さじ2(30g)

◇塩 小さじ1/2(3g)

◇黒ゴマ 適量

作り方

①栗は表面を軽く洗い、耐熱ボウルにいれて、少し熱めの湯を入れて20~30分置いておきます。

②少しやわらかくなったら表面の皮と中の薄皮をむきます。

キッチンバサミを使うと簡単です。

③大きめのものは半分に切り、水にさらします。

④米をとぎ、ザルに30分ほどあげて水気を切ります。

⑤炊飯器に米、水、酒、塩を入れ、軽く混ぜたら上に栗をのせ炊いていきます。

⑥器に盛り、黒ゴマをかけたら完成です。

おかず

・筑前煮

・けんちん汁

・きのこのホイル焼き

・里芋、かぼちゃの煮物

・里芋、かぼちゃのコロッケ

十五夜に筑前煮やけんちん汁は定番ですし、秋の食材をたくさん食べることができておすすめです。

ですが今回は、子どもと一緒に作れる「きのこのホイル焼き」と、十五夜のお供えとして定番の「衣かつぎ」の作り方を紹介します。

きのこのホイル焼き

材料(4人分)

◇しいたけ 4枚

◇しめじ 100g

◇まいたけ 100g

◇えのきだけ 100g

◇エリンギ 2本

◇サラダ油 適量

◇塩・こしょう 適量

◇酒 小さじ4(20g)

◇バター 20g

◇レモン お好みで

作り方

①しいたけは軸をとり、斜めに3等分し、しめじ、まいたけ、えのきだけは石づきをとり、小さな房に分けます。

エリンギは石づきをとり、縦に4つに割いておきます。

それぞれ4つに分けておいておきます。

②アルミホイルにサラダ油を塗り、①で分けた4つ分の1つをのせます。

③②に塩・こしょう、酒小さじ1を振り、バター5gをのせてホイルをとじます。

これを4つ作ります。

④オーブントースターで5分程焼くか、魚焼きグリルで7分程焼きます。

⑤好みでレモンを添えたり、絞ったりして完成です。

衣かつぎ

里芋の皮を平安時代に女性がかぶっていた衣に見立てた料理です。

材料(4人分)

◇里芋 小20個

☆赤みそ 80g

☆砂糖 大さじ5(45g)

☆みりん 80mL

◇柚の皮 適量

作り方

①里芋をきれいに洗い、皮のついたままたっぷりの水でゆっくり煮ていきます。

または蒸し器(15分)やレンジ(ラップをして15分)を使って柔らかくする。

②皮の上から1/3のところに包丁で切り込みを入れ、皮をむきます。

③鍋に☆の材料を入れ、弱火にかけながら水気を飛ばしていきます。

④柚の皮をすりおろし、③に混ぜ、里芋につけていただきます。

卵を使った料理

最近は卵を月に見立てた料理も十五夜のメニューとしては人気なようです。

どのようなものがあるかというと、

・月見うどん、月見そば

・卵黄付きつくね

・月見バーガー

たしかに見た目もいいですし、月見うどんなどなら簡単に楽しめそうです。

それこそ

・目玉焼き

なんていうのも、簡単に月を連想する一品としてはおもしろいかと思います。

デザート

月見団子が定番ですが、秋の食材を使ったデザートも食べたいですね。

・栗きんとん

・栗ようかん

・スイートポテト

・どらやき

・フルーツポンチ

どらやきのように月に見える円形のお菓子でもいいですし、秋は美味しい果物もたくさん取れますので、食べやすい大きさに切って、炭酸水や甘いシロップと一緒に食べるだけでも実りの秋を感じられます。

ちなみにぶどうのツルなどは、月と人をつなぐ縁起のよいお供え物とされています。

ここでは、やはり定番の「月見団子」を紹介します。

ただし、月見団子は飾って、月を愛でてから食べてください。

月見団子

団子作りは難しそうに見えて、実は30分程でできてしまうので、材料さえあれば簡単です。

<関東風>

月のように丸い形が特徴

材料(15個分)

☆上新粉 130g

☆砂糖 大さじ2(18g)

☆片栗粉 大さじ1(9g)

☆熱湯 200mL

◇片栗粉(とり粉) 適量

作り方(約30分)

①耐熱ボウルに☆の材料を入れて、混ぜ合わせる。

②①を10分ほど吸水のため置いておく。

③耐熱ボウルにラップをし、レンジで2分加熱する。

④1度取り出し、混ぜたら再びレンジで2分加熱する。

⑤クッキングシートに取り出し、よくもんで15等分にし、手に片栗粉をつけて丸める。

※熱いのでもむときは、タオルやふきんで押さえる

⑥蒸気の上がった蒸し器で⑤を5分ほど蒸す。

以下の動画も参考にしてみてください。

<関西風>

紡錘形の団子にあんこを巻くのが特徴

材料(15個分)

☆上新粉 150g

☆砂糖 大さじ1(9g)

☆片栗粉 大さじ1(9g)

☆熱湯 190mL

◇こしあん 300g

作り方(約30分)

①ボウルに☆の材料を入れて混ぜ、クッキングシートに取り出してよくもむ。

②生地を15等分にし、紡錘形に整える。

③熱湯で②を茹で、浮き上がってきたら冷水にとり、水気を切る。

⑤15等分に分けたあんこを伸ばし、団子の端を残して巻く。

以下の動画も参考にしてみてください。

あんの作り方

先ほどの団子には砂糖を入れているので、ほんのり甘く、そのまま食べてもおいしいです。

でもせっかくならおいしく食べたい!という方のために、2つのあんを紹介します。

<みたらしあん>

団子といったらこれ!

材料

◇しょうゆ 大さじ3

◇砂糖 40g

◇片栗粉 大さじ1

◇水 大さじ1

作り方

①鍋にしょうゆと砂糖を入れ、沸騰させる。

②片栗粉と水を混ぜて水溶き片栗粉を作っておく。

③鍋がふつふつしているところに②を入れ、とろみをつけていく。

④とろりとしたら完成。

<黒蜜あん>

深い甘味がおすすめです

材料

◇黒砂糖 60g

◇水 60mL

作り方

鍋に材料を入れて、とろりとしてくるまで温めたら完成。

 

ちなみに中国では十五夜には「月餅」を食べるようです。

 

まとめ

2018年の

十五夜 9月24日(月) 満月は9月25日

十三夜 10月21日(日)

ちなみに旧暦10月10日の夜には、「十日夜(とおかんや)」が東日本を中心に行われます。

収穫祭が行われ、地の神様に感謝を表す日で、「田の神様が山に帰る日」といわれ、この日までに稲刈りを終わらせることが多いようです。

今年の十日夜は2018年は11月17日(土)で、十五夜、十三夜とあわせて3回月見をするとさらに縁起がよいそうです。

用意するものは、月見団子や秋の収穫物

献立は秋の食材を使ったもの

 

難しく考えず、「秋らしいもの」を準備することから始めてみてください。

コスモスでも、うさぎの置物だけでも十分です。

食事だって、凝ったものを準備する必要はありません。

ご飯を炊くときにちょっと秋の食材を入れるだけでも、目玉焼きを焼くだけでもいいです。

いつものメニューだってかまいません。

月の見える位置に食卓を移動させて、食事をするだけでもいいとと思います。

 

日本は四季のある美しい国です。

そして、その四季ごとに受け継がれてきた年中行事があります。

地域や家庭によって多少違いはありますが、その行事を受け継いできた気持ちは変わることはないはずです。

今はネット環境も整っており、簡単に情報を入手できる時代ですが、「味」を伝えていくことは「情報」だけでは難しいと言えます。

ぜひ、年中行事を上手く使って、家庭に伝わってきたもの、伝えていきたいものを子どもたちに伝承してみてはいかがでしょうか。
<スポンサーリンク>