「大恋愛〜僕を忘れる君と」のあらすじとネタバレで紹介。

母が経営するクリニックで働く北澤尚(戸田恵梨香)と、元小説家で今は引越し屋のアルバイトをしている間宮真司(ムロツヨシ)の純愛ラブストーリー。

婚約者の侑市から若年性アルツハイマーの疑いを指摘され検査を受ける尚。結果はどうなるのか。また、自分の大好きな小説家だった真司との恋はどうなっていくのか。気になる第2話はこちらから。

<スポンサーリンク>


 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第2話のあらすじ(前半)

北澤尚(戸田恵梨香)は病院から間宮真司(ムロツヨシ)のもとへ駆けつける。自転車と事故に会い、病院から来たことを聞いた真司は心配するが、尚は検査の結果も大丈夫だから心配ないと伝える。

東京の街で歩いていたら、交通事故にあう確立は誰だって高い、でも「砂にまみれたアンジェリカ」の作者に偶然出会える確率は限りなく低い、と微笑む尚に、まんざらでもない真司。

おにぎりを食べながら、真司がノートパソコンを使っていたことに気づく尚だが、真司に対して何も言おうとはしなかった。そこへ尚の携帯電話が鳴るが、尚は出ようとしない。「出た方がいいよ」という真司は気を使い、部屋を出て散歩に出かける。

侑市と連絡をとった尚は、翌日仕事の前に侑市と会う約束をする。婚約解消を謝る尚に対し、それは全部会ってから話そうよ、という侑市。侑市は二人で住む予定だった新居で、尚の荷物を見ながら、尚と出会ってからの事を思い出しながら、尚の脳のMRIを思い出していた。

気を使って散歩していた真司を心配して迎えに行く尚。真司は「色々ちょっと急ぎすぎじゃない?だから事故に遭ったりするんだよ」という。今夜は帰らないという尚は、薫に色々言われる事も疲れると話し、両親がいなかった真司は、うるさいぐらい心配してくれるお母さんってどんなんだろうなという。

そういうつもりじゃと謝る尚に、真司は、親に可愛がられて育った人間の方が信用できるからな、と答える。そして、二人は手をつないで夜の街を歩く。尚はとても嬉しそうだった。

 

翌日、侑市の働く堂明大学付属病院のロビーで侑市は尚を待っていた。侑市が心配して待つ中、尚は約束の時間を過ぎて現れる。

 

一方、真司の部屋へ尚の母親の北澤薫(草刈民代)が訪ねてくる。

 

侑市は、尚に、約束を忘れてしまったり、物忘れが頻繁に起こることはあるのかと確認する。尚は医者だから、自分の不可解な行動に気づいているのではないかという侑市に対し、思い当たる尚だが否定する。侑市は、一度しっかりと検査をして欲しいという。

「それはつまり私が、若年性アルツハイマーの疑いがあるという事でしょうか?」という尚に、今はまだその前の段階の軽度の認知障害だという侑市。軽度のうちに対処をすれば、それ以上進行を防ぐことができるかもしれないという言葉に、信頼する侑市が言うなら検査を受けるという尚。

また、それと同時に婚約破棄を勧めて欲しいという尚に、その話はまた後にしようという侑市。

 

真司の部屋を訪ねてきた薫は、「どういうつもりでうちの娘と付き合ってらっしゃるんですか?」と切り出し、尚は物事を合理的に考える娘だった、それなのに真司に狂ったように向かっていると言い、「どういう魔法をかけたの?」と思いをぶつける。

将来を有望された医者との結婚を控えているといい、小説家の真司と比較し、尚とは不釣り合いだと告げる薫。「結婚は一時の情熱でするものではありません。長い人生を共に暮らすのに相応しい相手とするものだと私は思います。あなたもお分かりになりますよね?」と声を荒げる薫。

「俺は結婚なんて考えたことなんてありません」という真司。誰とも結婚なんて考えたこともない、尚に誘われたから寝ました、という真司。「娘さん、、押しかけてきたんです」と言い、真司は、説得しなくてはいけないのは尚の方だといい放つ。

 

薫は、尚に対しても説得を続けるといい、真司にお金の入った封筒を手渡し、引っ越しして尚の前から消えて欲しいと頭を下げる。真司がいなくなれば、尚の気持ちも落ち着くという薫は、あなたの相手は娘ではないと何度も頼み込むのだった。

 

尚は侑市から、アルツハイマーのテストを受ける。緊張しながら答える尚。最初は問題なく答えていくが、徐々にゆっくりになりながらも答える。しかし、最後の質問の答えが出てこなかった。

 

尚は、真司との思い出の場所へ出かけ、覚えているかを確認して、涙をながすのだった。

 

自宅に戻った尚は、検査の結果を伝える。ショックを受ける薫。侑市はどう思っているのかと心配する母に対し、健康であり、母となる知性を持った女性との結婚を望んでいた侑市に自分は無理だと答える。また。今の早い段階で治療をすれば進行が止まることもあるという尚。

ただ、このまま何もしなければ、5年で40%の人が、アルツハイマー病になってしまうのだという。侑市が研究している薬があるが、個人差があり決定打にはなっていないという尚。このまま行けば母親の顔もわからなくなると泣き出す尚。自覚症状もあると打ち明ける尚。

こんな記憶が欠落するかもしれない自分が診察をする事は、患者さんの利益に反する事だと思うという尚。そう思うのであれば、今日は診察を控えるようにいう薫。この2週間真司と出会って、生きてるという実感に満たされていたという尚。

「消える前のろうそくみたいなもんだったのかな」と涙ながらに笑う尚に、万が一、尚がそういう病気だったとしても今まで通り、二人で生きていこうと涙する薫。自分が尚を守るといい、「ママは侑市さんより、よくわかんない小説家より頼もしいから大丈夫」と泣きじゃくる尚を抱きしめるのだった。

 

真司のラインに、尚から、今夜は行けなくなってしまいました、というメッセージが届く。落ち込んでいる尚の元に、尚の怪我を心配する真司からのメッセージが送られてくる。大丈夫だという尚に対し「お大事に」とだけ返す真司。再び落ち込む尚。

薫が置いていった封筒から取り出したお金を見つめる真司。そこへ、木村明男(富澤たけし)から急遽仕事を頼まれる真司は快諾する。

 

引越し屋のトラックの中で、木村に尚との事を聞かれた真司は、うまくいっているという。安定なんて退屈なだけだという木村は「鼻血出しながら生きろよ」と鼻息荒く語るのだった。それを聞いていた小川翔太(杉野遥亮)は「木村さん、今日ちょっと変ですね」という。

落ちこむ尚を、薫は、今後の作戦会議をしようと食事へ誘いだす。そんな母に涙ぐむ尚。馴染みのレストランで美味しい料理を食べる尚は、幸せそうに笑うのだった。

 

その頃、侑市の家では、尚との結婚をなかったことにする方向で話が進んでいた。母の井原千賀子(夏樹陽子)は、健康な女性との結婚を望み、次のお見合いを促すのだった。それを聞いている侑市は複雑な表情をしていた。

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第2話のあらすじ(後半)

侑市に、今後の検査の説明を受ける尚。侑市に任せるという尚は、前向きに振る舞う。侑市に感謝する尚は、侑市でなければこんなに早く気づく事はできなかったと感謝し、式場のキャンセルはこちらですると伝え、婚約解消を進めていく。病院のロビーにいた尚は、真司から食事の誘いのラインを受け取る。

真司が張り切って予約したレストランは、先日、薫と訪れたレストランだった。薫に会った事を伝える真司。何も聞いていない尚は戸惑う。真司は淡々と、薫に100万円をもらった事、これで消えてほしいと言われたと話し、尚は、失礼な母でごめんなさいと謝る。

最初はナメるなと思ったという真司だが、結局はお金をもらってしまったのだという。いいんじゃないという尚。真司は、その封筒を一日眺めていたら、窓を拭きたくなったといい、拭いていたら、尚さんとずっと一緒にいたいという気持ちが湧き上がってきて、ちゃんと付き合おうと思ったという真司。

「たとえ、砂漠を歩くことになっても」という真司の言葉に聞き入っている尚。ちょうどそこへ飲み物が運ばれてきて「砂漠を尚さんと真面目に歩こうと思うんです。乾杯」とグラスを傾ける真司。そのグラスに触れることなく飲み始めた尚。そんな尚の様子を不思議に思う真司。

「あのさ、私やっぱり予定通り、結婚しようと思うの。目が覚めたの。私の幸せはあなたといることじゃないって」という尚は、気まぐれで、自分の都合ばっかりなところは薫と似ているのという。ここは自分が払うから100万はもらっておいてという尚に、何か言えないことがあるんだね、という真司。

尚は、デザートはアップルパイにしようといい、一方的に会話を進める。そんな尚に驚きながらも切ない表情で見つめる真司。自宅に戻った尚に「またあの小説家の元に行ったのかと思った」という薫。「大丈夫。別れて来たから」という尚は、そのまま自分の部屋に向かう。部屋に入った尚は、崩れ落ち、涙を流すのだった。

 

様々な検査を受けた尚に、検査結果を告げる侑市。「アルツハイマー病の前段階です」という侑市に対し、将来的にアルツハイマー病になるのかという尚。侑市は、尚は将来アルツハイマー病になる確率は高いが、全ての人がなるとは限らないともいう。

また、確実な治療薬は今の所はないという事実に対し、絶望的な意見をいう尚に、侑市は、生活を見直すことで良くなることもあるといい、それが一番大事なことだともいう。

セカンドオピニオンも勧める侑市に対して、アルツハイマーの第一人者の侑市に治療を任せるという尚。今後も仕事を続けられると聞き、喜ぶ薫だが、尚は顔色ひとつ変えはしなかった。

 

仕事中の真司は木村から近況を問われ、尚に振られたことを告白する真司。早すぎる展開に驚く木村だが、尚からしてみれば、見たこともない生き物であった真司をちょっと飼ってみたかっただけなんだな、という。真司は開き直り仕事をする。

 

薫は、侑市の母、千賀子の元へ謝罪に訪れた。気になされないでという千賀子。式のキャンセル料を全額払うという薫に、千賀子は、侑市は折半でと話していたといいながらも、よろしくお願いしますと答える。

 

一方で、尚は、新居から自分の荷物の引越しを進めていた。淡々と準備を進め、新居を後にする尚。そこへ、真司の働く引越し屋のトラックが到着する。引越し現場が、新居だったマンションに驚く翔太に、毅然とした態度で仕事をする真司。

引越しを進める中、水漏れの修理を手配した女性に声を掛けられた真司は感謝される。そこで、女性から尚が結婚をやめたことを聞き、驚く真司。そして、尚と食事したレストランで話していた時の言葉を思い出していた。

 

仕事を終え、帰宅した真司は尚に連絡をしようか迷っていた。その頃、尚は真司との思い出の居酒屋に一人で来ていた。帰り道の観覧車を見ながら、真司に連絡をしようとした尚は、急な目眩に襲われパニックになる。尚は、真司に連絡をし、助けを求める。どこにいるのかわからないという尚に、真司は近くに何がある?というが、尚はわからない。

以前一緒に行った居酒屋の近くだという尚に、そこにいてと部屋を飛び出す真司。呆然と歩いている尚を見つけ、急いで駆けつけた真司に、尚は「私、病気なの。そのうちアルツハイマーになるの」と涙ながらに告白する。

 

真司の部屋で、コーヒーを飲む二人。電話をかけた事を謝り、別れたの忘れちゃったのかなとつぶやく尚。「助けて欲しいと思った時、真司の顔しか浮かばなかったんだ」という尚は、自分の症状を説明する。今はまだ自分で助けを呼べるが、進行が進めば、電話のかけ方もわからなくなり、自分が誰かもわからなくなるかもしれないし、真司の顔もわからなくなるかもしれないと話す尚。

「驚いた。尚が病気で喜んでる自分に驚いてる。尚が病気で結婚しないことが嬉しい自分に驚いてる」という真司。自分には両親もいない、金もないし、学歴もないし、資格もなければ、将来もないといい、希望なんてとっくになくなっているという真司。だから病気だなんて屁でもないという。

「尚がガンでもエイズでもアルツハイマーでも心臓病でも腎臓病でも糖尿病でも歯周病でも中耳炎でも、ものもらいでも水虫でも、俺は尚と一緒にいたいんだ」という真司はキスをしようとするが、今じゃない、と、尚は大笑いするのだった。

<スポンサーリンク>


 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第2話の感想

第1話で疑いだった尚の病気が明らかになりましたね。今の段階は若年性アルツハイマーの前段階。このまま、過ごしていくといずれは若年性アルツハイマーになってしまう可能性が大きいという。効果的な治療法がない状態だといい、絶望に襲われる尚。

尚が医者であるからか、絶望の中でも冷静な部分を持っていた気がしましたね。その点では、尚の母の薫も、驚きながらも冷静に受けとめていた感じでした。

そんな中、病気を知る前の薫から別れて欲しいと懇願された真司は、薫に尚のことは本気ではないと思いをぶつけたが、あの時の真司の気持ちはどうだったんだろうか。強がってしまったのか、心の中では自分と別れた方がいいと思う気持ちがあったのか。

病気を理解した尚は、真司に迷惑をかけないよう、別れを決意するが、不思議と時を同じくして、砂漠の中を尚と歩くこと、一緒に過ごしていくことを決めた真司。あれだけの熱烈な思いを伝えていた尚からの別れに真司は、驚きながらも、どこか、そうだろうなとの思いも感じさせる。

お互いを想いながらも離れてしまった二人。侑市との婚約を解消し、真司との思い出を辿る尚は、真司に連絡を取ろうとする。はっきりと別れを告げた尚ですが、真司への想いは止めることは出来なかったんですよね。きっと。

そこで、目眩に襲われパニックになった尚は真司に助けを求める。真司に連絡してくれて良かった…すぐに、尚の居場所を探して駆けつけた真司に、病気を告白した尚。真司は尚を部屋に呼び、ゆっくりと尚への想いを伝える。本当に真司らしくてとてもあったかい言葉が本当に素敵でした。

病気を受け入れた上で、お互いの気持ちを確認した二人。これからは、二人で、病気にどうやって立ち向かっていくのか。本当に心が温まるドラマですね。

 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の今後の予想

アルツハイマーの前段階と診断された尚は、一度は別れを決めた真司に、自分の病気を告白し、それでも尚といたいという真司に涙するのだった。

真司との交際をよく思っていなかった、尚の母親の薫が今後、真司とどう接していくのか。すぐに、真司を受け入れるとは思えないですよね。そんな二人を尚は、どう近づかせていくのでしょうか。

また、婚約は解消したものの、尚の病気の担当主治医として関わり続ける侑市も、これからどんな感じになっていくのか。楽しみですよね。今まで、尚と同じく合理的に生きてきた侑市も、尚と出会い、初めて心が動かされたのではないでしょうか。時折見せる尚への想いが恋をしている感じですよね。

でも、合理的に物事を進めていく母親の千賀子の言う通りに過ごしてきた侑市は、そこに背くことは出来ない。尚を見守っていく重要な人物であることは間違いなく、今後、真司と対立することもあるかもしれないなと思いながら見てますね。

真司の職場の木村に関しても、厳しくもありながら応援しているのがいいですね。家族のいない真司ですが、唯一、心を許して話せる仲だなと思います。

心を許せると言えば、尚にも受付の沢田柚香という親友がいますね。病気のことはまだ知らないのですが、今後、柚香も、尚の力になってくれればいいですね。

尚と真司はこれからどうやってアルツハイマーと向き合っていくのか。希望も何もなかった真司は、希望を失った尚と一緒に一筋の希望に向かって歩き始めたわけです。1日でも多く、幸せな日々が続いて欲しいと願いながら、これから進行による病気の現実も、しっかり見て生きたいなと思いますね。

全く他人事でもないテーマなので、重くなりすぎず、第3話からも楽しんで見ていきたいと思います。

<スポンサーリンク>