「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第3話のあらすじとネタバレで紹介

母が経営するクリニックで働く北澤尚(戸田恵梨香)と、元小説家で今は引越し屋のアルバイトをしている間宮真司(ムロツヨシ)の純愛ラブストーリー。

尚から自分がアルツハイマーの前段階であることを告白された真司。それを聞いた真司はどんな尚であろうと自分の想いは変わらないと告げ、お互いの気持ちを確認する二人。

そんな二人がこれから尚の病気と向き合っていくことになります。尚の症状は抑えることができるのか。気になる第3話はこちらから。

<スポンサーリンク>


 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第3話のあらすじ(前半)

元小説家の間宮真司(ムロツヨシ)の部屋のベッドで眠る北澤尚(戸田恵梨香)。私はいずれアルツハイマーになるらしいと言う尚の言葉を思い出しながら、安堵の表情で眠る尚を見ながらこれからの未来を想像することは難しいと感じる真司。

 

翌朝、朝ごはんの調理器具を探す尚。朝ごはんは基本食べないと言う真司に「前に泊まった時、食べなかったっけ?」と言う尚。そこで尚は真司に新しい部屋へ引っ越すことを提案する。尚は、真司と一緒に過ごしたいが最低な部屋は嫌だと言う。

自分のお金を出すからと言う尚。時間がないと焦る尚に、真司は、これからの治療に残して置いた方がいいと言う。記憶が欠落してくかもしれないという刹那を抱えながらも、贅沢な女はどこまでも贅沢だと感じる真司なのだった。

 

尚の家を訪れる二人。尚とこれから一緒に暮らして行くと言う真司に、尚の母親、北澤薫(草刈民代)は、本当にいいのかと真司に確認する。じゃあ、ここに越してきなさいと言いながら薫は、新居を探すにしても、いい環境で暮らしてほしいと願っている。

そこで、薫は、尚の主治医である、井原侑市(松岡昌宏)は、尚の元婚約者であることを明かす。日本では、アルツハイマーの第一人者であることを告げ、理解してほしいと真司に伝える。複雑な表情で頷く真司。

 

真司は一人で堂明大学付属病院を訪れていた。精神科の侑市を訪ねてきた真司は、侑市を見つける。すれ違う二人だが、視線を感じた侑市は、真司に気がつき目が合う二人。

 

北澤クリニックでは、仕事はしないのかと言う薫に対し、尚は自分ならMCI(軽度認知障害)に診てもらいたくはないと、今後、仕事はしないつもりだと言う。ならば、助手か受付をするかという薫に、まだ病気の公表はしたくないという尚は、他にできることはないか考えると告げる。

 

一方、真司は自宅で自分の通帳を確認し、少ない貯金に頭を悩ますのだった。

真司は、引越し屋でのバイトを増やし、意欲を見せる。そんな真司に、木村明男(富澤たけし)は理由を聞く。サバンナに置いてきぼりにされた女が戻ってきたもんで、それでもって贅沢なんで、と明るくいう真司に、木村は、じゃあシフトどんどん入れてやるといい、真司は感謝する。

 

薫は受付で働く石田ミル(小篠恵奈)に、違う病院での受付を勧めていた。自分に落ち度があったのかというミルは、お給料がいいと聞くと、あっさりとそっちへ行くといい、あまりの変わり身に驚く薫に、お世話になりましたと明るく頭を下げるのだった。

 

真司は、尚のために家中を綺麗に掃除していた。薫に持たされたお寿司を持って帰ってきた尚は、掃除してあることに気づき驚くが「でも、狭〜い」と笑顔で答えるのだった。

お寿司を食べながら、新しい新居を見に行こうという尚に、家賃20万という数字に驚く真司。尚は、明日にでも見に行こうというが、真司は、金曜の夜なら、と答え、金曜日の夜に予約することにした。

「最近、小説書いてるでしょ?私気づいてたんだ」という尚に、真司は、思いついたことをメモしてる程度だといい、たとえ新しい作品書けたとしてもお金になるとは限らないという。尚は真司には才能がある、芥川賞を取って印税が何億か入ってくるまで自分が支えるというが、真司は複雑な思いでいた。

 

侑市は自宅で、侑市の母親の井原千賀子(夏樹陽子)から新しいお見合い相手を紹介されていた。千賀子は、侑市にふくよかな女性を勧め、もう痩せた人は嫌とつぶやく。侑市は、一日で3人に会えないかといい、全てを一日で済ませてたい気持ちでいた。

 

尚と真司はベッドで眠りにつこうとしていたが、そこで、何か質問して、という尚。自分の記憶がちゃんとしてるかどうか知りたいという。真司に聞いてほしいという尚に、好きな小説の名前や、お母さんの旧姓、真司が捨てられた神社の名前を聞く。

この3つの質問に答えられなくなったら別れようという尚に、別れないという真司。このままアルツハイマーに移行しなければ別れない、という尚に「どうなっても別れないよ」と答える真司。

「私の頭の中に鍵かけて記憶の砂がこぼれないようにして」という尚に、真司は、おでこをつけて、かかったよ、と言い眠りにつく二人。かっこいいことを言う真司にこらえきれず笑い出す尚。

 

尚はクリニックで薫の助手をしていた。受付の沢田柚香(黒川智花)に「11時からの清水さんはまだみえてないの?」と聞くと、柚香は驚いた顔で、先ほど帰られましたけど、と答え、尚はハッとするのだった。

尚は、柚香を呼びだし、自分の病気について詳しく説明する。尚は、今はまだ内緒にしておいて、といい、分かったわと、いう柚香だが、驚きを隠せない。

柚香は、尚の為になんだってする、といい、子供を抱えて仕事のない自分を雇ってくれたことに感謝し、尚の役に立てるように頑張ると伝える。

尚に対する侑市の思いを尋ねる柚香に、尚は、侑市は、愛とか恋とかではなく、より良き伴侶が欲しいだけだ、というが、柚香は、人ってそんな風に割り切れるものなのかな、という。

 

朝、尚が目を覚ますと、真司がこっそりと出かける用意をしていた。声をかけた尚に、外で小説を書いてくるという真司。今夜7時マンションの見学だからという尚に、わかったと出て行った真司だが、実は、引越し屋のバイトに出かけていた。

一日に何件もの仕事をこなす真司に声をかける木村。金のかかる女もいいもんなんだよな、と話す木村に笑顔で去って行く真司。

 

夜になり、約束のマンションの前で待つ真司。そこには、尚の姿はなかった。

尚は、スーパーで食材を選んでいた。そこへ、真司から尚の携帯に電話がかかってくる。今どこにいるの、という真司に対し「スーパーだよ」と答える尚。とっさに理解した真司は、自分もそろそろ帰るからと伝え、電話を切る。

電話を切った尚は、ふと携帯のスケジュールを確認すると、今日がマンションの見学だったことに気づくのだった。尚は、帰りながら、3つの質問を何度も繰り返していた。

マンションの見学に訪れていた真司は帰宅すると、玄関に鍵が差しっぱなしになっていた。鍵をこっそりとポケットに入れ、明るく帰ってきた真司に対し「約束忘れちゃってごめんなさい」と落ち込む尚。

早くしないと時間がないという尚に、真司は明るく振る舞うが、尚は落ち込んだまま。そんな尚に、真司は自分の顔のホクロを、押してみて、という。言われた通りに尚が、ホクロを押すとおどけてみせる真司。それを見た尚は笑い出すのだった。

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第3話のあらすじ(後半)

堂明大学付属病院に、真司が侑市を訪ねてやってくる。真司は、尚の病気のことを聞きたいとやってきたのだった。尚と生きていきたいという真司は、最近の尚の様子を見て、尚が今どんな状態でどんな治療をしているのかを聞きにきたという。

侑市は「正式なご主人ですか?」と尋ねる。家族ではない限り話すことはできないという侑市に、これから家族になるつもりだという真司は、引越しを考えているが、居住状態が変わると尚の病気に影響はないのかだけでも教えて欲しいというが、お答えできませんと去って行く侑市。

「教えてくれてもいいじゃないですか。先生にとっても大事な患者さんであるわけじゃないですか、北澤尚さんは」という真司。大事な患者であるからこそ守秘義務は守るといい「正式に結婚されてはいかがですか?」と告げ立ち去る侑市。

 

とある休日。真司と尚はビールのイベントへ訪れていた。イベントを楽しみながら尚は涙を流していた。尚が幸せすぎて怖い気持ちを真司も理解していたが、真司は、気付かないフリをして過ごしていた。

 

その頃、侑市はお見合い相手と会っていた。食事の途中で、鹿肉の料理をみた相手が、鹿がかわいそうでと泣き出し困惑する侑市。

対照的に、肉やお酒を堪能しながら、とても楽しそうな尚と真司。

次のお見合い相手と、美術館を訪れていた侑市は、以前、尚と美術館へ来たことを思い出し、微笑んでいた。そのお見合い相手は、霊感があると言い、侑市に、違う女性のことを考えていたでしょ、と言い、霊感の為には髪の毛もふくよかな体系も変えられないと笑うのだった。

最後である3人目のお見合い相手と、ディナーをする侑市。そのお見合い相手は、極端に声が小さく、意思が伝わらない。そんな中、尚との食事を思い出し、侑市は、無邪気な尚ばかりを思い出していた。

 

イベントからの帰り道、楽しそうに歩く二人。ホクロを押して、おどける真司に尚は心から笑うのだった。

 

お見合いから帰宅した侑市は、母の千賀子に「悪いけど誰でもいいや」と告げる。侑市の子供を産むには母親がしっかりしていないとという千賀子に、じゃあ誰もないかな、と答え、千賀子は、また新しい人を探すというのだった。

 

次の日、朝ごはんを食べる尚と真司。バランスのいい食事を取らないとという真司の言葉に、尚は、そうだっけ、と忘れてしまっていた。それに気づいた真司は、話をごまかし、尚は真司に、3つの質問をして、といい、尚が3つの質問に答えられたことを喜ぶ二人。

 

一方、侑市は自宅に泊まり、朝ごはんを食べて出かけて行く。侑市が尚の事を考えていることを、侑市の父親に伝える千賀子。病気では仕方がないという父親に対し、千賀子は、わかってはいても侑市がかわいそうだと涙する。

 

尚は侑市の病院を訪れていた。そこで、1人の老女が倒れ込む。駆け寄った尚に、誰かに追われているという老女。さらわれて殺されるという老女を追いかけてきた息子と看護師に連れていかれる老女はアルツハイマーのようだった。

侑市との診察中に、尚は「さっき会った人みたいになるんですよね、私」という。10年もかけてじわじわ右肩下がりにあの人みたいになるなんて耐えられないと言い、最近ではすごく楽しいことがあるとすごく悲しくなってこのまま死んでしまいたくなると打ち明ける。

尚は、病気が進行する前に心が壊れてしまうのではないかといい「こんな思いするんだったら余命3ヶ月って言われた方がずっと楽だった。もう生きているのが嫌だと思ったら殺してくれますか?」と涙ながらに訴える。侑市は、尚に、医師ならそういうこというもんではないという。

尚は、先生には、これまで生きてきたこと、学んできたことが指からどんどんこぼれ落ちていく感じは分からないという。長年この病気と向き合ってきているので、普通の人よりはわかる、という侑市に、尚は、冷静になり謝るのだった。

そこで、尚に、侑市は最先端医療の話をする。まだ治験の段階ではあるが、MCIにも対象である新薬も選択肢の一つとして一緒に考えていきましょうといい「希望を捨てないで下さい。希望を捨てたら病気に負けてしまいますよ」と励ます侑市。

あなたらしくポジティブでいて下さい、出会った頃みたいに、といい、いつでも自分の携帯を鳴らしてくれていいという侑市の言葉に、安心する笑みを浮かべる尚だった。

クリニックに戻った尚は、薫に、クリニックの患者のデータをまとめたいという。薫は賛成し、論文にまとめたらいいという。そんな尚に、侑市との診察でいい事でもあったのかという薫に対し、前から考えていたことよ、と笑顔を見せる尚だった。

 

尚は、真司とのラインのやりとりで、今日も遅いという真司に対し、真司が小説を書いている場所を明かさないことで、何かあるのかと感じ始めるのだった。

 

一方、真司はお金の為に必死で無理をしながらも働いていた。自分の中でアドレナリンが出すぎていたことも気づかず、40歳という自分の体力にも過信してしまっていた。

引越し先からの帰りのトラックの中で、腹痛を訴える真司。異常な痛みを訴え、救急で病院へ連れて行く後輩の小川翔太(杉野遥亮)は、木村に連絡をし、心配する二人。そこへ、医師から、真司の病名は、尿管結石で、原因は、疲労や水分不足、日頃の食生活だと告げられる。

 

小川は真司の携帯をこっそり取り出し、指紋認証をし、尚に連絡をする。

新しいマンションの見学に来ていた尚は、小川からの連絡を受け、病院へ駆けつける。そこで、頭を下げる尚に、真司がいつもの3倍のシフトを入れて頑張っていたことを告げ、小川は帰って行く。

病室へ向かった尚は、眠る真司の脈を取っているところに、真司が目を覚ます。「俺が倒れちゃ意味ないよな」と苦笑いの真司に「小説書いてたんじゃなかったのね」という尚。

小説を書いているフリをして仕事を3倍に増やしても大したお金にもならず、だからといってヒモになっていくのもどうかと思って、という真司に「自分のことしか考えられなくてもごめんなさい」という尚。今までのマンションでいいという尚に、真司は、無理すんなよという。

真司は、こっそり侑市に会いに行ったことを明かし、コンプレックスを刺激されたことも原因ではあると話す。尚は、そんなに真司を傷つけてしまっていたなんてと反省する。尚は、小説を書く時間を奪い、体まで壊させてしまったことを謝るのだった。

「ひどいな、確かに。ひどいけど、好きなんだぁ。好きと嫌いは自分じゃ選べないから。好きになっちゃったら、どんな尚ちゃんだって、好きなんだから」と言い、尚は真司を抱きしめ「好き。侑市さん」とつぶやく。真司は、驚き固まった表情のまま、抱きしめられていた。

<スポンサーリンク>


 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第3話の感想

アルツハイマーの前段階であるMCI(軽度認知障害)であることを告白し、いずれはアルツハイマーに移行していくかもしれないという尚の告白を受け入れた真司は、これから尚と尚の病気とともに歩んでいくことを決意する。

尚の母の薫も意外にも2人のことをすんなりと受け入れた印象でしたね。もっと反対して揉めるかとも思ったんですが、すぐに応援してくれる形になってよかったですよね。

尚の元婚約者であり、現在も尚の主治医である侑市ですが、合理的に生きようとしている中で、尚の事が気になっているのが見え隠れしています。新しいお見合いをしたことがきっかけで、尚への思いに火がついた気がしますね。

そんな侑市の気持ちに、母の千賀子も気づくほど、尚の事を思うようになる侑市。診察の時に、尚に言った、いつでも自分に連絡をして来てという言葉は、侑市の本音だったような気がしましたね。柚香が言っていたように、人の気持ちってそんなに簡単ではないんですよね。

そんな中、真司は侑市の事が気になり、会いにいくが一度目は声をかけられず終わる。尚のために仕事を増やし、なんとか頑張っている中で、尚の物忘れも頻繁になってくる。そして、今度はきちんと侑市に向き合うが、家族でもないと門前払いをされてしまった真司。

きっと、自分に金銭的にも余裕があれば、尚に自信を持って結婚のプロポーズをできたのかもしれない…そんなコンプレックスを突きつけられた感じがして、真司は仕事を自分の限界を超えて仕事を増やしてしまったのかなと思いましたね。

その結果、疲労がたたって、尿管結石となり入院する真司。そこへ、駆けつけた尚は、自分のわがままで真司に無理をさせてしまったことを涙する。そこで、真司は、そんな尚も好きだからと受け止めて、自分にできる精一杯の意地を見せたのだという場面が素敵でしたね。

感動的なシーンの最後に、尚が真司と侑市の名前を間違えて愛の言葉を口にするところで第3話は終わりました。いや、なんとも切なすぎるラストで、悲しいんだけど、また、続きが気になってしまいました。今後の2人の行方が気になって仕方ない!!

 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の今後の予想

最後のラストが衝撃すぎたのですが、やはり、ここからは尚の病気の進行が進んでいくことも多くなってくるのかと思いますね。その進行度も気になるところですが、尚と真司の二人の関係がどうなっていくのか。

そこには、きっと尚のことを想い始めている侑市も絡んでくるのかなと思いますね。また侑市は尚の主治医ということで、尚にとっては欠かせない人物であり、頼れる存在なわけで、そのあたりがどうなっていくのかが大きなポイントですね。

また、尚の病気の進行に対して、真司が対応していけるのか。今は、笑ってごまかせる話ではありますが、これからは重たい事も増えてくるのかなと考える中で、真司は、いつくるかわからない症状と向き合っていかなけならない。

そして、尚も、楽しい時間に真逆の悲しい現実と向き合わなければならない気持ちを考えると、いつかは、そんな気持ちもいつかは持てなくてってしまうのかと考えてしまうと悲しすぎるのですが、そこに向き合いながらも、真司とならば笑顔で毎日過ごしていけるはず。

目を背けてはいけない事なんだけれど、きっと、目を背けることも大事だよと感じる場面がたくさんあって、それは私たちの日常にも重なる部分があって、見ている側にも教えられることが、これからもたくさんあると思いますね。

そういう大きな意味で見ると、病気を通して、いろいろなものに重ねてみれば、とても身近に感じるドラマだなと思います。希望を捨てずに頑張る尚と、尚を支える真司のこれからを楽しみに、もうすでに第4話を心待ちにしています。

 

https://twitter.com/dairenai_tbs/status/1055796928854745088

<スポンサーリンク>