「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第6話のあらすじとネタバレで紹介。

母が経営するクリニックで働く北澤尚(戸田恵梨香)と、元小説家で今は引越し屋のアルバイトをしている間宮真司(ムロツヨシ)の純愛ラブストーリー。

暖かく幸せな結婚式を挙げた尚と真司は、新生活をスタートさせ、二人で病気と戦っていくことを決意する。真司も小説家としてのスタートさせ全てが幸せに始まったのだった。気になる第6話はこちらから。

<スポンサーリンク>


 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第6話のあらすじ(前半)

 

2014年、9月。MCI(軽度認知障害)である北澤尚と再び小説家となった間宮真司(ムロツヨシ)の新居での新しい生活がスタートした。そこには元同僚の木村明男(富澤たけし)と小川翔太(杉野遥亮)が引越し祝いとして手伝いに来ていた。

新しい生活に張り切る尚。無理をしないように、という真司に、難しい本を読んでも忘れちゃうし、真司の奥様として頑張るという尚。そこで。リビングにベッドが置いてあることに対し、自分の仕事部屋にベッドを置こうという真司だが、真司にはいい環境でいい小説を書いてもらいたいという尚は「それが最後の私の願いなんです」という。

 

尚とともに診察に訪れた真司。すると、そこへ爽やかな男性、松尾公平(小池徹平)が隣に座る。「伊原先生の患者さんですか?」といきなり声をかける公平に苦笑いで交わす二人。そこへ、尚の診察の番がやってくる。席を立つ尚と真司。

 

「先生のおかげで正式に結婚することができました」と感謝する真司に対し、おめでとうございます、と答える担当医の伊原侑市(松岡昌宏)。

尚の検査の結果は、以前と比べてとても良くなっていた。尚のことを大切にしてあげてくださいという侑市。「進行を食い止めるには、規則正しい生活、バランスの取れた食事、質のいい睡眠、何より、愛情ですから」という侑市の言葉に幸せな笑顔の二人なのだった。

幸せそうに退室していく二人を見た看護師が「幸せそうでよかったですね。松尾さんの奥さんはアルツハイマーだってわかった途端、出て行っちゃったのに」と話す。そこへ、公平が診察に入ってくる。

公平は検査の手応えがなかったことから、自分の症状が進んでいるというが、侑市はそんなことはないという。しかし、公平は侑市の言葉を信じようとはしない。また、保育士をして働いている公平は、自分の働いている園長が、子供達の保護者に、公平の病気がバレるのを恐れているといい、事務の方へ移らないかと持ちかけてくるというのだった。

公平は、生きがいである保育士という仕事を奪われたくないといい、侑市に先生からも言ってくださいと訴えるのだった。

診察を終えた公平は、通りがかりの看護師に、尚と真司のどちらが病気なのか?と聞く。そういったことは答えられないという看護師に対し、公平は、そうですよね、と笑顔で返すのだった。

ロビーで待つ尚と真司の側で、子供が泣き出した。そこへ、公平が現れ、泣いている子供を笑顔にさせる。それを見た真司は「キラースマイルだね、あの人」というが、「真司はエンジェルスマイルだね」と答える尚。そんな二人を、公平は見つめているのだった。

 

ある日、二人の家に続々とアップルパイが届いていた。取材の際、タイトルのアップルパイの意味を答えるのが面倒な真司がアップルパイが好きだと答えた為に、送られてきたものだった。木村の元やお世話になったところへアップルパイを配り終えた二人は、ゆっくりとアップルパイを食べる。

脳みそとアップルパイの続きは書かないの?という尚は、彼女は医者と結ばれたが、主人公の元に戻ってくるという続きが見たいというが、世に出た以上、もう二人のものではないという真司。また、困難や苦労する現実は描きやすいが、幸せは描きにくいという真司。真司の思いを受け止めた尚は「新しい小説頑張ってください。真司は私の夢だから」という。

真司は心の中で、このささやかな幸せは公にするのもではない、自分だけのためにとっておこうと思っていた。まだこの時は…と思い返すのだった。

 

侑市の母、伊原千賀子(夏樹陽子)は侑市に電話をかけ、お似合いは一体いつ再開するのかと尋ねる。お見合いはもういいという侑市に、侑市のお嫁さんが決まらないと安心できないという千賀子。人としても子供の親にならないと患者の気持ちはわからないという千賀子の言葉に、侑市じゃ電話を切るのだった。

侑市は、小さい頃から素直ないい子だったのに、と言う千賀子は、尚との出会いが侑市を変えたと言い始める。

 

その頃、ベッドで真司の記事を見ていた尚と真司。そこに、唐突に真司が「尚ちゃん、子供作ろう」と言う。捨て子で家族を知らない自分は、尚と3人で家族になりたいという。しかし、尚は、私は子供の成長を見届けられない、自分の母親が記憶をなくしていく姿に子供は傷つかないのか、私は惨めではないの?と尋ねる。

もし、その時が来たとしても自分が2人分やると言う真司は「無理にとは思わない。ちょっと考えて見て欲しかっただけなんだ。ごめん」と言う。

 

実家を訪ねた尚は母親の北澤薫(草刈民代)に、子供のことを相談するが、反対される。そこにいたシングルマザーの受付の沢田柚香(黒川智花)も子育ての大変さを語る。薫は担当医である侑市に相談してみなさいと告げるのだった。

<スポンサーリンク>


「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第6話のあらすじ(後半)

尚は侑市の元を訪れ、子供を作ることについて相談をする。諸手を挙げて賛成はできないが、そういった選択肢を否定する気ににもなれないと言う侑市。施設で育てられた真司は、親子3人での生活に憧れがあると言う尚に「お子さんの事は、ご主人の思いに押し流されてはいけないと思います。もし、あなたに迷いが少しでもあるのならやめたほうがいいと思います」と言う侑市。

また、子供が母親が記憶を失くしていくのを見て傷つかないか?と言う尚の質問に、侑市は、傷つくんじゃないですか、と答える。ただ、どんな経験でも人を豊かにすると思えば、良い子に育つ可能性だってあると言う。

焦らずゆっくり話し合うべきだと言う侑市に、尚はMCIの治験への参加を申し出る。その新薬の効果が見られれば、子供のことも考えられると言う尚。侑市は、尚を食堂へ誘う。

 

食堂で食事をとる尚と侑市。侑市は尚に、何人かの学生の前で、自分のこれまでの経緯やMCIという病気に対する経緯や思いなどを話してくれないかという。また、適度の緊張は脳を活性化させるという侑市は、学生たちの教育だけではなく、尚の治療の一環になるというのだった。

尚は、「もう医師としてだれかの役に立てるとは思っていませんでしたけど、学生さんの勉強の役に立つなら、ぜひやらせて頂きたいです。また、自分の治療の一環になるならなおのこと」と快諾する。すると、そこへ、公平がやってくる。同席した公平は尚の名前をメモに取り、質問を繰り返す。

見かねた侑市が、公平が去年学生たちの前で講演をしてくれたことを話すが、公平はその事を覚えていなかった。また尚も同じ病気だとわかった公平は、前向きに病気と向き合い、お互い頑張っていこうと話し、尚は笑顔で、はいと答えるのだった。

 

真司は担当編集者の水野明美(木南晴夏)と食事をしながら、打ち合わせをしていた。新しい真司の作品を絶賛する明美だが、地方への仕事を避ける真司に対し、尚もともに同行してしてはどうかという明美。「妻を表に出す気はありません」という真司にそうですかと答える明美だが、心に止めておいて欲しいと真司に伝えるのだった。

 

帰宅した真司に、学生たちの前で講演することになったことを話す尚。絶対に見にいくよという真司に対し、尚は、医学生を観察して小説に生かすようにいう。そこで、今日の公平とのことを真司に話す尚は、公平の印象を好印象だったと語るのだった。

また、MCIの治験を受けてみようと思うと告げる尚。その新薬が効けば、子供の事も前向きに考えるという尚を、真司は抱きしめ、感謝する。

 

尚は、講演会に向けて原稿を書き始めた。自分の経歴や環境を綴り、生きとし生けるものの神秘を感じることが出来て産婦人科医になって良かったと感じたという尚。また、当時の自分は、恋愛なんて必要ないと仕事に邁進していたという。

 

公平と食事する尚は、どんな風な内容を書いたのかを尋ね、公平から色々なアドバイスをもらっていた。

 

尚は、MCIになった辛さを切々と綴り、その辛さを救ってくれたのが、好きな人の存在だったという。人生に不要だと思っていた恋愛が私の危機を救ってくれたのです。自分には残された時間は少ないと思い、その頃の私は、いつも走っていました、と綴る尚なのだった。

何度も講演会の練習を重ねる尚。「手術の前の晩、あなたの患者さんが何を祈り、何を願ったのか、そのことに思いをはせることのできる医師となってください。それが私の願いです」と尚は、原稿の最後に綴るのだった。そこへ、担当者の明美から真司の希望する取材が出来ると真司に連絡がくる。

しかし、その時間は尚の講演会の時間であった。明日を逃すと次にいつ会えるかわからないという明美に、仕方なく引き受けることにした真司。そのことを尚に伝える真司は、遅れてしまうがなるべく早く行くといい、尚は、仕事を優先させてというのだった。

 

講演会当日。緊張した尚がそこにいた。会場には、尚の母の薫、そして、公平の姿もあった。尚がマイクの前に立ったと同時にマイクがハウリングしてしまう。その音を聞いた尚は、パニックを起こして倒れてしまう。ストレッチャーで運ばれる尚を見ながら、公平は不敵な笑みを浮かべるのだった。

タクシーで講演会へ向かっていた真司の元へ、薫から、尚の意識がないと連絡を受ける。急いで、尚の元へ向かう真司。

ショックで目眩を起こした薫に、侑市が寄り添う。尚が倒れた原因がアルツハイマー病ではないですよね、という薫に対し、原因ではないが、この事をきっかけにアルツハイマー病が進むことはありうると答える侑市。「あの子は静かにゆっくりこちらも納得しながら変わっていくのかと思ってました」という薫。

病院に着いた真司は、尚の元へ走っていた。

その頃、病室には尚のそばで髪の毛を撫ぜている公平がいた。真司と何度もつぶやく尚に「そうだよ、ここにいるよ」と答える公平は尚にキスをする。そこへ、部屋に入ってきた真司に対し、不敵な笑みを見せる公平。

真司は公平を押しのけ、尚に声をかけるが、真司を見た尚は「誰?」と答えるのだった。遅くなってごめんねという真司に、目を閉じる尚。

部屋を後にした公平は、鼻歌を口ずさみながら、上機嫌で飛び跳ね、非常階段を降りて行くのだった。

真司は心の中で、尚の恐怖も悲しみも俺には何一つわかっていなかったようだ、だからこそこれを書かなければならないという思いがつき上げてきた、夫を見失って行く妻を俺が書かないで誰が書くんだと、決めたのだった。

 

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の第6話の感想

今回の展開はまさしく恐怖の一言でしたね。公平の恐ろしさが詰まったラストでしたね。

幸せな新婚生活を始める尚と真司。尚の病気の状態も回復傾向にあり、喜ぶ二人。本当によかったなと思う中で、新たな人物、同じ病気を患っている松尾公平の登場です。明るい笑顔で好青年な公平でしたが、時折見せる闇の部分があり、公平も何かを抱えながら、生きているんだなと感じましたね。

ただ、公平の場合は、病気がわかった時点で妻が出て行き、職場でも生きがいを失う恐怖と戦う中で、公平の中に何かが生まれていったのかもしれないですね。その何かが、ラストで一気に顔を出した気がしました。これも病気のせいなのか、それとも…

極度の緊張や、トラブルも重なって倒れてしまった尚に対し、病気の進行を心配する母の薫。その薫に侑市がかけた、これを機に症状が進む可能性があるという言葉。

そんな中、急いで駆けつけた真司に対し、尚は誰なのかがわからないというショッキングな事実。きっと、真司は真司で、この先もずっといつか本当に自分のことがわからなくなるかもしれないという恐怖と戦っていかなければならないわけですよね。この病気は、全ての関わっていく人間それぞれが、恐怖を抱えながら生きていかなければならないんだなと感じました。

今後は、こういう状況も増えて行くのかとは思いますが、一分でも二人の幸せな時間が続きますように、と願いながら、また二人の子供についても期待しながら、見ていきたいなと思いました。

「大恋愛〜僕を忘れる君と」の今後の予想

今後の予想については、まずは尚の病気の進行ですね。尚は倒れたことがきっかけで、病気の症状が進んでしまうのか。

そのことを心配している薫も、精神的に疲れていて、尚のことでいっぱいいっぱいな真司は、そこまで気が回らない。そこに、尚のことを気にしてくれている侑市が、薫へのサポートをさりげなくしてくれていましたね。その事で、薫まで倒れることなく尚を見守っていけているのかなと思いますね。

そして、衝撃のラストだった、公平の暴走ですね。妻に逃げられ、職場でも不安定な状況の公平は、同じ病気である尚に、安心感のようなものを感じてしまったのか…もしくは、単に尚の幸せが許せなかったのか…公平が今後変わっていくのかがポイントだとは思いますが、公平の尚に対する思いが増していくことは考えられますね。

真司と尚は、尚自身もいろいろなことを忘れていく恐怖がある中で、真司にとっても、いつ本当に自分のことを忘れていくかもしれないという恐怖と戦っていかなくてはならない。夫婦として二人が目指す場所は決して高いところではなく日々の幸せ。それをひとつひとつ重ねていく日々が尚の回復に繋がっていくはず。

そんな二人に子供という生きがいができたなら、と期待してしまいますね。きっと笑顔で素敵な家族になれるはず。第7話が早く見たい!!

<スポンサーリンク>