「高嶺の花」の第10話のあらすじとネタバレを紹介

華道家の月島ももと冴えない自転車屋の風間直人の純愛ラブストーリー。

直人のことが忘れられないももは親友に直人をハニートラップしてくれるように頼み、それを隠れて聞いているもも。果たして、直人はハニートラップに負けてしまうのか。最終回はどうなる?!

気になる方はこちらから。

<スポンサーリンク> //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

「高嶺の花」の第10話のあらすじ(前半)

月島ももの親友、新庄千秋(香里奈)は、ももに頼まれ、自転車屋の風間直人(峯田和伸)にハニータラップを仕掛けいた。その様子をこっそりと電話で聞いていたももは、辛くなり電話を切ろうとする。

 

「これ、ドッキリですよね?」という直人の言葉に手が止まるもも。自分がそんなにモテるわけがないと笑う直人に、ごまかさないでという千秋。

「元カノのももさんのことですか?まだ引きずってるていうか、思ってるから?」という千秋に対し、そうですかね、という直人。バレなければいいという千秋に、直人は、その考えは犯罪者の理屈だという。

つまり、浮気ってひどいこと、後ろめたいことだって思ってるのに、なぜ浮気をする人間が多いのか。直人は、それは顔が浮かばないからだという。その時に、奥さんや彼女の顔が思い浮かばないからだと。「俺、もうすでに浮かんじゃってるんです。ももさんの顔が…」という直人。

くるくるいろんなももの表情が浮かんでしまってるという直人は、千秋に対して謝り、服を着るように渡す。「そうだよね。その間、忘れられてるのがわかるから、だから惨めで一緒にいるのが耐えられない」という千秋。

でも、男は浮気するものだと、どんと構えているのが大人の女という評価も…という千秋に「俺はそういう女性には惹かれないです。好きな人、彼氏、旦那さん、裏切られたら自分がぶっ壊れてしまう。そんな人がいいです。絶対に」という直人。

お蕎麦屋さんの分厚い湯呑みと、薄くてもろいティーカップはどちらが割れやすいと思いますか、という直人に、千秋と、電話の向こうにいるももは、ティーカップだと答える。しかし、直人は、割れやすいのは湯呑みだと答える。

「(高嶺の高級ティーカップは)大切にされるから。俺が大切にするからです」という直人の言葉に。電話の向こうで、ありがとうと、ももは泣き崩れるのだった。

 

月島なな(芳根京子)は、月島の家元である市松(小日向文世)に、月島の財産に関して全て放棄すると、弁護士とともに伝えるなな。それを聞いた母の月島ルリ子(戸田菜穂)は、正気でもないとななに訴えるが、市松はそれを認め、ななのことを破門する

止めようとするルリ子に、月島をよろしくお願いします、と頭を下げるのだった。

 

いつものスナック喫茶では、本当の姿をした千秋に驚く直人や、友人の田村幸平(袴田吉彦)と原田太郎(吉田ウーロン太)、今村佳代子(笛木優子)だった。今までで初めてももから男の話をされ、直人がどんな人間か見てみたかったのだという千秋。

すいませんこんなんで、という直人に対し、なかなかチャーミングだという千秋。

「見抜いていたんだよね。私とももが知り合いだって」という千秋に、全然、という直人。千秋は、気づいていたから自分の仕掛けたハニートラップにも引っかからなかったと思っていたという。

でも、電話で聞いていたももにとってはよかったかな、という千秋の言葉に、恥ずかしがる直人。ももの顔が浮かんでしまうという直人の言葉に、好印象の女性陣だった。

 

ももの家へ、ななが少しの間泊めてほしいとやってくる。ななを心配するももに対し、宇都宮龍一(千葉雄大)のことを人生で初めて好きになった、全てを投げ出してもいい人だというなな。逆に、自分の中で華道はそんなに大切なものではなかったと気づいたのだという。

「お花を嫌いになりたくないの」というなな。市松から破門を言い渡されたななは、市松の顔が、なんだかとても優しい顔に見えたという。本当はこれが望みだったのかもしれないといい、やはり市松は、ももを家元にしたいのだというなな。しかし、自分は実の娘ではないというもも。

「愛されてなかった?お父さんに」というななの言葉で、小さい頃、自分に優しく花を教えてくれていた父の姿を思い出すのだった。

 

その頃、宇都宮は市松と会っていた。ななが家元にならないことは想定内だという市松。ももに対しても、実の親子でないことはいずれバレるとわかっていたという。

ななには篆文がないという市松は、芸術とは、天才たちの人生を懸けた戯れなのだという。

華道をビジネスの面から支えてもらうのは大切なことかもしれないと、宇都宮に、ももとの婚姻を勧める市松。驚く宇都宮に、ももは兵馬をもひれ伏す篆文をもつという市松。

市松は、そんなももを見たくないかと宇都宮に告げる。「兵馬がひれ伏す…」という言葉に宇都宮は表情を変える。

車の中で、兵馬のひれ伏す姿を想像し、高笑いをする宇都宮だった。

 

月島に呼び出されたももは、市松から次期家元に任命され、頭を下げ、正式に受諾する。

 

ななは宇都宮のもとへ向かっていた。ところが、中に入ってみると、部屋はもぬけの殻となっていた。ななは、しゃがみこみ、信じない、信じちゃだめと呟くのだった。

 

直人はももに呼び出されて、喜んで待ち合わせの場所へ現れる。ももが作ったという弁当を嬉しそうに受けとる直人だが、あとで食べて、というもも。

「家元になります」というもも。色々ありましたが、最終的に次期家元になるというももに対して、良かったんですよね、という直人。今まで本当にありがとうございましたと頭を下げるももに、直人は、なんだかいつもと話し方が違うという。

 

一人で立てないもの同士が寄り添うのは共依存です、というもも。「風間さんは一人で立てる人」と言い、強い嵐が来ても倒れない、一人で立てない私は、寄りかかってしまう、という。

いいじゃないですかという直人に対し、そして、いつか直人も倒れてしまう、支えてあげる相手ではないと共倒れになってしまうというもも。自分のことでいっぱいいっぱいになってしまう自分では支えられないという。

「私も一人で立てるようになりたいんです」というももは、そのためには華道家としての自信を取り戻すしかないという。いつになるかわからないというももに対し、待ちますよ、という直人。首を振るももに、重いなら友達としてでもと直人は話すが、ももは、これでサヨナラだという。

ももは、高級なティーカップになるために、自分に自信をつけたいという。そのうち…という直人に、ももは、そんな簡単じゃないという。

必死になる直人に「なにジタバタしてるの?いつもなら、はいわかりました、って。何なら生きててくれるだけでいいって、超カッコつけてたくせに」というもも。それでも今までは、そんなこと言ってても連絡をくれると思っていたという直人。

「今までは、鷹をくくってた?」と言うももに、直人は、そうなのかも、と言い、今回はもう二度と会えなくなるかもしれないという予感がするという直人。それでもももは「今までありがとうございました」と頭を下げて去っていく。その場に泣き崩れる直人なのだった。

 

家に戻った直人は涙にくれていた。直人を励ます仲間たちに対し「まだなんかしてあげたい。あんなに必死で生きている人、いないもん」と涙する直人。そこで、母が自分に言った言葉で、男が未練がましいのは余力があるからだといい、急に何処かへ行こうとする直人。

止める仲間に、直人は、自転車で日本一周の旅をしている堀江宗太(館秀々輝)が取ろうとして取れなかった高嶺の花を取りに行くと言いだす。それを摘んでプレゼントしたらきっと、という直人に、止める女性陣。だが、男性陣は、直人のために一緒に花を取りに出かけるのだった。

 

「高嶺の花」の第10話のあらすじ(後半)

 

その頃、ももは花と向き合っていた。そこへ、お手伝いの金(正司照枝)と銀(正司花江)がやってくる。二人にももは「私のママ、お母さんはどんな人だった?」と尋ねる。月島の師範でもあったももの母は、結婚と同時に生け花をやめたのだという。

「なぜ?やっぱり、もう一人の自分が見えなくなったから?」というももに、千恵子には最初からそんなものはないという銀。「千恵子様は皆から慕われ尊敬される素晴らしい華道家でした。けど、これは月島の華道ではないとお家元が嫌ったからお辞めになったのです」という銀。

遠ざけられてもやはり市松を愛していたという千恵子。寂しさで運転手の高井雄一(升毅)に逃げただけだったと知るもも。

お家元にも嫉妬されるぐらいの生け花で、もう一人の自分もいない、ママはどんな生け花を、と尋ねるももに、「私はおはな」という金と銀。その意味を考えるももなのだった。

 

高嶺の花を目指して、山梨に向かう男性陣は、冒険のようで楽しそうだった。ただ一人、直人は違うことを考えているのだった。

 

佳代子のスナックでは、原田のお店のコロッケを女性陣で食べていた。そこには原田の妻の姿もあった。「ある時、なんでこんなつまんない人と結婚したんだろって口も聞きたくなくなる。そろそろおしおきやめてあげたら?」という佳代子の言葉に原田の妻は笑顔を見せる。

 

ももは「私はおはな」と繰り返し呟きながら、母の生け花を考えていた。

 

山の中で、高嶺の花を見つけた直人達。しかし、花の高さに無理だと諦めて帰ろうとする仲間たち。だが、直人は、意地でも取ろうと不安定な棒に登り、「俺は英雄になる」と花に手を伸ばし、ジャンプするのだった。

 

ももは自宅のエントランスであるものを目にする。そこには、直人が取ろうとしていた高嶺の花が飾ってあるのだった。どうしたの?というななに対し「いつかあなた言ってたね。好きな人がいる方が勇気がわくって」というもも。

ももは、その想いをまっすぐに極限まで消化すればいい、という。私ならできるというももに対し、あなたならできる、というなな。「私はおはな。私たちはおはな」と抱き合う二人。

 

車で会場へ向かうももは、運転手の高井に、母親が最後まで市松を愛していた、残酷な話ね、と話す。そして、ももの母親を愛し、その後は誰のことも好きになったことがないという高井に対し、ももは「全力であなたの人生を肯定してあげる、お父さんの人生を…」という。

 

市松が「俎上とはどういうことだ」と会場に現れる。そこで、新しい流派を立ち上げたいというもも。これから自分が生ける花は、月島とは一線を画するというももに、驚く市松。

兵馬は、新流派を立ち上げるには、満場一致でなければならない、最後に市松が入れなければ、成立はしない、とたしなめ、「お手並み拝見と参りましょう」と告げる。

 

「その方は、私が悲しいといえば、愛ある証と答えてくれました。怒っていたら、もっと怒っていいと言ってくれました。その方は、分け隔てなく全ての土地を照らす太陽なのです。こんな時代にいつでも優しくあり続ける事がどれほど困難か、聡明で高潔な魂…」と語りながら、花を生け始めるもも。

 

その頃、病院で入院している直人は、ベッドで横になりながら、宗太にメッセージを送っていた。

 

「花はただ、その日差しに顔を向けています。一番綺麗な顔を太陽に向けています。喜びに満ちて…」と次々と花を挿していくもも。

 

日本一周の旅をしている宗太に「君がいつか誰かにいうのを想像する、大丈夫だから。君がいつか誰かにいうのを想像する、僕がついてるから」というメッセージを送る直人。

 

花を挿し続けながら「ならば、私も花になりましょう。そこに太陽を、あの方を思い浮かべましょう。花が素直にただ太陽を向くように、私もあの方に顔を向ければいいのです。あなたの暖かな日差しに感謝して、愛と喜びに満ちて…」というもも。

ももの言葉を聞いていた高井は会場の扉をしめて涙するのだった。

 

市松は心の中で千恵子とつぶやいていた。「私はおはな。私のお花は何の邪気もないありのままの私。その求愛にございます。たとえこの思いが叶わずともなんの痛みもありません。あなたこそが太陽だと、唯一無二の日差しであると、今、わかるのです」と言うもも。

今になって、と言い、直人が取ってきた高嶺の花の一輪挿しを差し出し「お慕い申しあげております」と頭を下げるのだった。ももの後ろには、素晴らしい作品が完成しているのだった。

その作品を見た兵馬は立ち上がり、「言葉もない」とももに票を投じる。次々とももに票が投じられる中、市松は、立ち上がり、これは月島ではないと告げる。

ももは自分の足で立ちたいのです、と新流派の立ち上げを願うのだった。

なんら格式のない、名もなき初代家元としてやっていくことに、ももは「はい、お父さん」と答える。茨の道を行くのかという市松に対し、一人ではありませんというもも。

「見事ではあった」と最後の一票をももに投じる市松だった。

 

とある、牧場で、馬に話しかける宇都宮。そこにタクシーからななが降りてくる。

「Aプラン、Bプラン、これは何プラン?」というななに対し、お嬢様が馬の世話なんてできるかと笑う宇都宮。くだらない冗談で笑い合う二人。

「行くとこないの」というななを、抱きしめ、ここにいてくれという宇都宮に、それが運命だと笑い合い、二人はキスをするのだった。

 

退院した直人をスポーツカーで送り届けた千秋に、お礼を言い、家へ入って行く直人。自転車屋に入ると、店の中はたくさんの花で彩られていた。2階へ上がると、そこには頭を下げたももがいた。

おかえりなさいませ、というもも。不束者ですが、末長くよろしくお願いします、というももに対し、周りを見渡しながら、誰かに聞かれていることを警戒する直人。

 

月島のお家元はパスして、ここで生けばなの教室を開くというももに、お金や元彼の心配をする直人。心の準備が、といい「俺なんかには高嶺の花なんで」と照れる直人。

「高嶺の花よ。だけどいいじゃない、あなたには十分資格があるでしょ、その花を摘む」と言うもも。そこで直人は、母、節子(十朱幸代)の言葉を思い出す。

「どんな夢も現実になるよ。夢を叶える力がある。騙されはしないよ。いつかお前は本物の愛を手に入れる。だってあたしと父さんの息子なんだから」という節子。

直人は涙を流し「こちらこそ、よろしくお願いします」と答える。ももは直人を抱きしめ、キスをする。そして、窓を開いて喜ぶもも。外では、みんなが二人を祝福しているのだった。やっぱり、という直人。

そして、ももから、もれなくついてくるからと言われた直人が振り向くと、そこには金と銀がよろしくお願いします、と頭を下げるのだった。

 

市松に、ルリ子が本部会議を招集し、教室網の整理と宣伝強化をしたいと伝える高井。市松は、ももにはついていかないのかと尋ねる。高井は、自分は月島の人間です、よろしければこのまま、といい、市松はそうかと答えるのだった。

 

市松の部屋へ、ルリ子が入ってくる。ルリ子に対し、本当に月島のことを考えてきたのはお前なのかもしれんな、という。花のことは何もわからないが、耐えることのない血筋の家を守ることが自分の役目だというルリ子。市松は、だからこそ愛した、という。

家元として息がつまる日々の中、ルリ子を娶って初めて呼吸ができた気がする、という市松の言葉に涙するルリ子。「なら証明して下さい」というルリ子。愛があるなら、もう一人産んで見せるというルリ子の言葉に笑い合う二人。

 

商店街に宗太が帰ってきた。自転車を返しにきた宗太におかえりというもも。そこへ、みんなが出てきて、おかえりと口々に告げるのだった。驚く宗太に「宗太、おかえり」という直人の声がする。プーさんただいま、という宗太。

学校の同級生や好きな女の子、いるかさん(博多華丸)も宗太の帰りを祝う中、宗太の母親がおかえりという。宗太は、母親に「俺、もう大丈夫だから」と囁くのだった。その言葉に涙する母親。直人とももは、宗太の言葉に喜び合っていた。

 

ある日、ももは公園で生花教室を開いていた。家族連れや若い女子に笑顔で接するもも。

直人はいつもと変わらず自転車屋さんでももの自転車を笑顔で直している。

「さぁ、みんな、楽しんでお花を生けて。一番大切な人を心に思い浮かべて」と言い、幸せそうに笑うももなのだった。

 

<スポンサーリンク> //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

高嶺の花を見逃してしまった!動画配信はどこだ!

毎回ドキドキワクワクの 「高嶺の花」なんですが、 毎週決まった時間に見るのって難しくないですか? 見逃した! もしくは、用事があって見れなかった~ DVD取るの忘れた。 途中から見たら面白い。以前の放送内容知りたい。 そんな思いでネット探してこの記事に来た人もいるでしょう。 そんな方へお勧めのサービスが2つあります。 日テレ無料オンデマンドはこちら ↓ 日テレ無料オンデマンド スマホやタブレットをお使いの方は番組選択後 日テレ無料TADA!というアプリが 立ち上がるかと思います。 そちらをインストールすれば無料で見る事ができます。 こちらはテレビ放送後、1週間放送しております。 逆にいうと放送後1週間しかみれません。 放送された最新話しかみれないんです。 では、もっと以前の放送見たい時はどうすればいいでしょうか? そんな時にお勧めなのが2つ目のサービス! こちらのサービス。 huluです。 ↓ huluはテレビなどでもCMをやっているので ご存知の方も多いかもしれません。 パソコンやスマホ、タブレットで動画を楽しめるサービスです。 え、ただHuluって有料のサービスじゃないの? と思う方もいるでしょう。 現在、Huluでは2週間のお試しキャンペーンを やっており、登録は無料でできます。 そしてHuluだと全ての作品が無料で視聴できます。 huluだとTBSオンデマンドとは違い 1週間過ぎても過去配信を見る事ができます。 以前の「高嶺の花」を視聴する事ができるのです。 是非、一度試しに使ってみては如何でしょうか? Huluには他にも面白いコンテンツがいっぱいあります。 是非、そちらも試してみてはいかがでしょうか? そして試した結果、もしお気に入りの動画が 高嶺の花以外になければ 2週間以内に解約すればお金はかかりません。 無料で今までの高嶺の花を 視聴する事ができるのです。 またHuluは携帯キャリア決済に対応しております。 ですのでドコモ、au、ソフトバンクの携帯を使っていれば クレジットカードなくても登録できてしまいます。 ですので、お気軽に試す事ができるかと思いますよ。 是非、「高嶺の花」を見逃してしまった! 「高嶺の花」の過去の放送がみたい! そんな方は是非、Huluを使ってみては如何でしょうか? huluはこちら ↓

 

「高嶺の花」の第10話の感想

とうとう終わってしまいました、高嶺の花。結果、ももと直人は結ばれ、幸せに暮らすというハッピーエンドの最終回になりましたね。

高嶺の花に関しては、最初から、ももの芸術に対する、華道家への思いが強すぎて、引いた目で見ると、もものわがままで周りをかき乱している感がすごかったんですが、最後には、憑き物が取れたかのようなももで終わりましたね。

最終的には、ももには母と同じ、華道家としての血が流れていたことに気づいた。でも、ももは、華道家として新流派を立ち上げ、母はとは違う生き方を選び、そこには最愛の人と一緒に歩んで行く道を見つけることが出来た。

みんながみんな、自分の幸せへの道を一生懸命探した出したようなドラマだった気がしますね。そこに貪欲に生きたももだったのだろうな。

いつもは、何があっても見守り、動じることのない直人が、最終回では、ジタバタする姿が観れたのも新鮮だったし、やはり、直人も一人の恋をする男性だったんだなと思いましたね。

また、市松も、本当に悪魔のようなことばかりを考えているのかと思いきや、最後の最後は、ななともも、二人の父親に戻った気がしました。市松も花に取り憑かれた人生を送った一人だったんだなと思います。

ななは最後まで純粋で素直な人間だったし、そこへ愛情に飢えていた宇都宮と結ばれたのは、こちらも本当にいいカップルでよかったなと感じました。

日本一周をやり遂げた宗太。いろんなフラストレーションを抱え、周りの人のせいにしてばかりで逃げてきた宗太が、旅に出て、自分を知り、周りの優しさにも触れた時、やっと自分が見えて、また、そんな自分も認められたからこそ、最後までやり切れたんだなと思いました。

ひとつひとつの言葉が耳に残って考えさせられるストーリーで、本当に、素敵で心が温まるドラマでした。

<スポンサーリンク>
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});