「高嶺の花」第7話のネタバレ。あらすじの紹介。

 

有名華道家の月島ももと、冴えない自転車屋さんの風間直人。

そんな二人が出会い、心を通わせていく純愛ストーリー。

前回、ももは自分を殺し、華道家の跡継ぎとして、もう一人の自分を呼び起こすために、直人に対しひどいことをし、懺悔とともに生きていくことを決める。

また、直人は、それを受け止め、芸術家としてももを応援するのだった。

そんな二人が新たな道を歩き始める。気になる第7話のネタバレはこちらから。
&<スポンサーリンク>


「高嶺の花」の第7話のネタバレとあらすじ(前半)

月島もも(石原さとみ)は風間直人(峯田和伸)との結婚式当日。式の最中に元婚約者の、吉池拓真(三浦貴大)とともに、式場を飛び出していく。

その時、振り返ったももは、直人が去りゆく自分に、穏やかでとても優しい笑顔をしているのに驚く。

自宅に戻ったももと拓真。そこには、拓真の妻の真由美(西原亜希)が待っていた。

真由美と連絡を取り合っていたももは、驚く拓真に対し、もうすぐ出産を控える真由美ときちんと話し合うように言う。今日のことはなんだったんだ、と声を荒げる拓真に、「そうね、いうなら儀式かな…」と言うもも。

自分は恋愛も結婚も向いていない、一人で生きていくと決めた儀式だという。戸惑う拓真に、真由美は、離婚してもいい、ただお腹の子供に父親のことを聞かれた時の為に、きちんと話し合いたいという。

一人になったももは、直人の笑顔を思い出し、「プーさん、そこ笑うとこじゃねぇから」と涙を流すのだった。

 

いつのもスナック喫茶では、直人の友人の原田(吉田ウーロン太)と田村幸平(袴田吉彦)が、もものタクシー運転手の高井雄一(升毅)に怒りをぶつけていた。

スナックのママ、今村佳代子(笛木優子)に、どうしてあんなことをしたのかと言われた高井は、罪悪感を抱きながら一人で生き、花道に向き合うこと、一生一人で暮らす決意を伝える。

しかし、ももの都合で、直人を傷つけていいとは到底ならないと言う佳代子に、高井は、直人に対し、土下座をして謝罪する。直人は、頭をあげてくださいと促し、怒りのおさまらない仲間に、「俺がいいって言ってんだよ」と声を荒げる。

直人は、一匹のカエルを自分、モネをももだとたとえ、カエルは、幸せな気持ちになる絵を描いてくれるモネに対して、もっともっと書いてほしいと願い、モネは、書いてもいいが代わりにひどい事をして、傷つけてしまうかもしれないという。

ひどい事が自分の許容範囲であれば問題はないという直人。描いてほしいカエルは俺、俺が描いてくれるならそれでもいいとお願いしたのだから、何も問題はないという。

 

自宅で、ももの活けた花を見ながら、涙がこぼれる直人。「何これ?嘘でしょ」と涙を拭い、号泣する直人だった。

その頃、とある料亭ではももの父親の月島市松(小日向文世)が、花道会の名門、神宮流の家元候補である、兵馬(大貫勇輔)と会食をしていた。そこには市松の妻、ルリ子(戸田菜穂)ともももいた。

ももに対し、後ろ生けの名主と評判の、という兵馬だが、「でも、今は見えないようだ」と見透かすようにいう兵馬に驚くももだった。

 

宇都宮龍一(千葉雄大)のショーを訪れていた月島なな(芳根京子)。そこでななは、宇都宮に「お姉ちゃんと競う事になったの」という。ななは、宇都宮の手を握り、宇都宮の為にいい生花をして精一杯頑張るという。

そこへ、ルリ子から電話が入るが、電話に出ないなな。お見合いにみたいになるのが嫌だからと会食に出なかった事を明かすが、神宮流の時期家元が来ているということを聞いた宇都宮は驚きを隠せない。

ルリ子は、ななが電話に出ない事に苛立っていた。ももとななが競い合って家元を決める事に対し、二人の見学をさせてほしいという兵馬に、難色を示すルリ子だが、市松は快諾するのだった。

ももは、兵馬に宇都宮龍一を知っているかと尋ねる。よく知っていますよと答える兵馬は、「弟です」という。宇都宮は、父親の婚外子として生まれた腹違いの弟だった。

 

その頃、自転車で日本一周の旅に出ている堀江宗太(館秀々輝)は、板東基樹(博多華丸)と板東の恋人、りっちゃんの話をしていた。心配しているんではないかという宗太に、いなくなったら、そのうちまた別の男性を好きになるさという坂東。

「うちの母親もそう、父さんと別れたら、すぐ別の男」と嫌悪感を露わにする宗太。りっちゃんはそういう女でじゃなきゃいいね、という。

そんな宗太に対して、好きな子はいないのか?と聞く板東。宗太は「いるっちゃあ、いるかな」と呟き、みんなから、からかわれる中で、好きな子に辛い事を言われたことを思い出し、「いや、いないよ」と答えるのだった。

 

直人の自転車屋さんで、原田の娘の秋保(高橋ひかる)に慰められていた直人。

結婚式で、立ち去るももに、笑顔を見せたことについて聞かれた直人は、ギャップがあればあるほど印象が残ってしまう、自分が笑顔を見せることで、ももの中に種を蒔いてしまったという。

そんなことをしてはいけなかったと後悔しながらも、ももに忘れ去られてしまう事が耐えられなくなり、笑顔を見せてしまったのだという。

 

ななは、ももに、出されなかった婚姻届を手渡す。驚くももだが、直人が結婚式より前に別れが来ることを知っていたことを悟るのだった。

悲しんでくれないと罪悪感が生まれないというももに対し、その気持ちは、本当に必要なのかと問うなな。好きな人がいる方が力が出る、その人から勇気をもらえるというななに、甘い考えだと一蹴するもも。

明るく振る舞うななに対し、ももは婚姻届を見つめ、直人の笑顔を思い出しながら、うめき声をあげるのだった。

 

図書館を訪れた直人は、手に取ろうとした本が一緒になった新庄千秋(香里奈)という女性に出会う。

 

月島を訪れていた宇都宮は、市松から、ある計画を決行するように促されていた。宇都宮は、その事で、ななが壊れてしまうかもしれないと話すが、「この世の汚れを知らぬ者に、この世の美しさがわかる はずがない」という市松。

市松は、月島に協力してくれれば、月島も君に借りを返すといい、去り際に、兵馬のことを、花道会に現れたモンスターだという。温室育ちのボンボンですよという宇都宮に対し、そうかな、といい市松は立ち去るのだった。

 

ももは兵馬とゲームセンターにいた。クールな兵馬に対して、「兵馬様はもう一人の自分が見えなくなったことはないのですか?」というももに、「ないよ」という兵馬。

「それは私には人を愛した事がないと聞こえます」というもも。兵馬は、答えずはぐらかすのだった。

ななは、自分とお揃いの時計のプレゼントを持って宇都宮の元へ向かっていた。

ゲームセンターでクレーンゲームをしていた兵馬は、やっとクマのぬいぐるみをゲットし、ももにプレゼントする。クマのぬいぐるみを見て、苦笑いのももなのだった。

一方、ななが部屋に入ると、そこには母のルリ子が宇都宮とベッドを共にしているのだった。それを見たななは部屋を飛び出して行ってしまう。走り去ったななは、靴を脱ぎ捨て放心状態で歩き出すのだった。

 

水汲みから戻った宗太は、倒れている板東を発見する。

宗太から連絡を受けた直人は、宗太に指示をする。そこへ、千秋が現れる。理由を聞いた千秋は、急いで、直人を車に乗せるのだった。

場所がわかない宗太は、道路に出て、車を止めようとするが止めってくれない。そこで、宗太は板東を思い、トラックの前に飛び出すのだった。

「高嶺の花」の第7話のネタバレとあらすじ(後半)

宇都宮のショーにももが駆け込んできた。

そこで、ももは宇都宮の顔を花で叩きつけた。ルリ子との関係を知ったももは最悪だと宇都宮を罵倒するが「通過儀礼だったんですよ」と話す宇都宮に、市松の存在に気づいたもも。

月島との交換条件だったという宇都宮は、「神宮流の次の家元になりたい」という要求を明かす。兵馬との票争いの中、最後の一票を握るのが、月島なのだった。

卑怯者と吐き捨て、立ち去ろうとするももに、宇都宮は、卑怯者は兵馬の方だという。本妻の子というだけで、何不自由なく贅沢してきたんだ、と声を荒げる宇都宮。

自分と母親がどれだけひどい生活をしてきたか、芸術家気取りで、何人の隠し子をはした金で黙殺してきたかわかるか、ももに怒りをぶつける。

「消えればいい」と言い放つもも。ななを壊すミッションが終わったのなら、電話なんかして来ないで、そのまま消えればよかったのにという。

ななを思う宇都宮に、「哀れだね、普通に生きられない人間は。まぁ、あたしも似たようなものね」と言うもも。

 

病院に着いた直人。板東のそばにはりっちゃんがいた。

直人と再会した宗太は、「あのまま死なせてあげればよかったのかも。見つかっちゃったからおっかない手術受けなきゃならない」と言うが、助かりたかったからおっかなかったんだ、と答える直人。

「止められない自殺はない」という直人。ハッとする宗太に、直人は、君が助けたんだ、という。そこへ、りっちゃんがやってくる。何度もありがとうと言いながら手を握るりっちゃんに宗太も、笑顔でうなづくのだった。

スケッチブックを見る宗太に、東京に帰るかい、という直人。

宗太はスケッチブックをしまい、「彼女俺にすごい美人だって言ってたんだ、イルカさん」と言い、自転車で走り始めるが、ふと病室を振り返り、「そうでもねぇから、全然そうでもねぇから。イルカさん」と言い、再び走り出す宗太。

病室のベッドの上で、板東は、笑顔を浮かべるのだった。

 

その頃、ももは、なながいるという蔵に向かっていた。蔵に入ったももは、そこで花を生けていたななが、粉々に割れた鏡で流血しながら、呆然と座っている姿を見つけるのだった。

恐る恐る駆け寄り、ななを抱きしめるもも。二人は抱き合いながら涙するのであった。

 

直人は、千秋とともに食事をしていた。看護師をしているという千秋は、直人のことを放っておけなかったのだという。

「あの…あなたは?」と尋ねる千秋に、自転車屋ですという直人。それを聞いた千秋は、難しい本を読んでいる直人のことを大学の先生かと思っていたという。自己紹介をする二人。

みんなからはプーさんと呼ばれているという直人に、じゃあ私もプーさんでと言い笑顔を見せる千秋だった。

 

レストランで、兵馬と食事をしているももに、ななの容態を気にする兵馬。龍一と何か関係がありますか、という兵馬に対し、いいえと答えるもも。あなたは嘘が下手だと笑う兵馬。

もう一人の自分を取り戻したいかという兵馬。ある人にひどいことをし、罪悪感で孤独に向き合うというももに対し、種を蒔かれたのでしょう、その人に、という兵馬。

ももは、私は、亡き母のために、妹にかたなければ、家元にならなければいけないと答える。

それが何よりも大事かと問う兵馬に、もう一人の自分が見えていた時は作品と一体化できた、あの高揚感を取り戻したいというもも。兵馬は、まだ恋愛感情のない人間と結ばれれば、心の種は燃やせるという。

 

ななのそばで、看病をする市松。追い詰めすぎたのかもしれないという市松に、ルリ子が家元を裏切っている事を告げる。市松は、ななを慰め、自分はななの味方だという。

それらを強く憎み、暗闇でもがきながら美しい光を探すことこそ、月島の家元になることだという。それらを諦め、許容し、折り合いをつけていく生き方もあるという市松に「私は許しません、絶対に許さない」と怒りに震えるななだった。

 

ももは自分と向き合い、直人からもらった婚約指輪を見つめていた。意を決したももは、スナック喫茶を尋ねてくる。みんなが驚く中、直人は亡き母の節子(十朱幸代)の言葉を思い出していた。

「いいかい、女は自分の行動をいちいち説明なんかできないのさ、開き直っていわせてよ。お月様に聞いとくれ〜」という節子。

「こんばんちゃ」と明るく挨拶をしたもも。「ただ会いたかっただけかもしれないのに、それでも顔を見ると口から出る言葉は天邪鬼」という節子の言葉。

ももは、直人にもらった指輪を返しに来たという。「あたしみたいな無茶苦茶な女じゃなくて、プーさんにはもっといい女が現れるよ」というもも。「言いながら傷ついて」という節子の言葉。

「ありがとうございます。俺のことは心配しないでください」という直人。「言われては悲しんで」という節子の言葉。結果が全てだとしたら、人生は虚しい、過程が最高ならなおさらですという直人。

「あなたは高嶺の花。どこかで綺麗に咲いていてくれるだけで、生きていてくれるだけでいいんです」という直人にうなづくもも。だからあの時笑ったんだって、そう思っていい?というももに、そうです、はいと答える直人。

おやすみなさいと言い、深く頭を下げ、出て行くもも。最後の一曲を歌う直人。「でも一人になると、やっぱり、泣いてしまうの」という節子の言葉。車の中で、ももは声をあげ泣くのだった。
<スポンサーリンク>


高嶺の花を見逃してしまった!動画配信はどこだ!

毎回ドキドキワクワクの 「高嶺の花」なんですが、 毎週決まった時間に見るのって難しくないですか? 見逃した! もしくは、用事があって見れなかった~ DVD取るの忘れた。 途中から見たら面白い。以前の放送内容知りたい。 そんな思いでネット探してこの記事に来た人もいるでしょう。 そんな方へお勧めのサービスが2つあります。 日テレ無料オンデマンドはこちら ↓ 日テレ無料オンデマンド スマホやタブレットをお使いの方は番組選択後 日テレ無料TADA!というアプリが 立ち上がるかと思います。 そちらをインストールすれば無料で見る事ができます。 こちらはテレビ放送後、1週間放送しております。 逆にいうと放送後1週間しかみれません。 放送された最新話しかみれないんです。 では、もっと以前の放送見たい時はどうすればいいでしょうか? そんな時にお勧めなのが2つ目のサービス! こちらのサービス。 huluです。 ↓ huluはテレビなどでもCMをやっているので ご存知の方も多いかもしれません。 パソコンやスマホ、タブレットで動画を楽しめるサービスです。 え、ただHuluって有料のサービスじゃないの? と思う方もいるでしょう。 現在、Huluでは2週間のお試しキャンペーンを やっており、登録は無料でできます。 そしてHuluだと全ての作品が無料で視聴できます。 huluだとTBSオンデマンドとは違い 1週間過ぎても過去配信を見る事ができます。 以前の「高嶺の花」を視聴する事ができるのです。 是非、一度試しに使ってみては如何でしょうか? Huluには他にも面白いコンテンツがいっぱいあります。 是非、そちらも試してみてはいかがでしょうか? そして試した結果、もしお気に入りの動画が 高嶺の花以外になければ 2週間以内に解約すればお金はかかりません。 無料で今までの高嶺の花を 視聴する事ができるのです。 またHuluは携帯キャリア決済に対応しております。 ですのでドコモ、au、ソフトバンクの携帯を使っていれば クレジットカードなくても登録できてしまいます。 ですので、お気軽に試す事ができるかと思いますよ。 是非、「高嶺の花」を見逃してしまった! 「高嶺の花」の過去の放送がみたい! そんな方は是非、Huluを使ってみては如何でしょうか? huluはこちら ↓

 

「高嶺の花」の第7話の感想

 

今回の高嶺の花も凄まじかったですね。

今回からは、第2章という感じで、また新しい登場人物が出て来て、という感じでしたが、結婚式を飛び出してからのももと直人ですが、直人は相変わらずの穏やかさで、いつもの日常を過ごしていましたね。

でも、ももの生けた花の前で、自分の意思とは反して涙が止まらないシーンには、ぐっときましたね。やっぱり直人も一人の男性なんだなと感じました。

ももの方はといえば、なんだかドロドロとした展開が多くなってきた気がしますが、新たな真実がわかり、宇都宮が神宮流の次期家元の兵馬の腹違いの弟だったとは…

宇都宮が、そこまで月島にこだわっていた理由が、そこにあったとは思わなかったですね。

また、関係性としては、月島とよく似た境遇だったんですね。そんな中で、ななの明るさや純粋さに、宇都宮は惹かれ始めていたんじゃないかな、と思います。

ただ、そんな時に、市松から悪魔のような作戦が命じられました。

もう、市松のすることや発する言葉が怖すぎます。

全ての問題は、市松の仕業ではないのかと疑ってしまうほど、市松の闇が深すぎて、恐ろしいです。ななに対しても、自分が仕込んだことで傷ついた娘を、自分だけが味方だと思わせる。

実の親のすることとは思えないですよね。

ななも、心が壊れてしまい、ももと戦うことに燃えてしまいましたね。ももとの戦いや、千秋の登場など、第8話がますます気になります!!

 

「高嶺の花」の今後の展開について

今後の高嶺の花がどうなっていくのか。

まずは、ついに心が壊れてしまったなな。ななが、今後、ももとの戦いに闘志を燃やしていくと思うが、その中で、宇都宮へ思いや、母との関係性がどうなっていくのか。

市松は、そういうところも含めて作戦考えていたのではないかとも思う。そんな中、心が壊れたななが、そんな自分に勝てるのかも心配です。

ももに関しても、そんなななに対して、厳しい態度でぶつかっていけるのか。市松の思い描くゴールはどこなのか、これからどんどん明らかになっていくと思います。

 

新たな登場人物として、今後のストーリーに関わってくる兵馬ですが、どこかしら、市松に似た雰囲気や考えが似ているところがあるのが、気になりますが、ももに接近してくるのは間違いないと思います。

そこで、ももが、直人の種を燃やしてしまうのか。もう一人の自分を取り戻すために、兵馬とともに歩んでゆくのか。とても気になりますね。

 

一方の直人ですが、看護師の千秋との出会いがありましたね。千秋との共通点もあり、印象も悪くない二人が、今後接近していくのでしょうか。

直人のももに対する気持ちは変わらない気がしますが…こちらも気になるところです。

月島、神宮ともに、次期家元争いが加速していく中で、自分との戦いを選ぶものが勝つのか、愛するものと共に、愛を選ぶものが勝つのか、今後の高嶺の花から目が離せません!!


<スポンサーリンク>