お勢登場 あらすじ ネタバレ

「乱歩小説の映像化+主演 満島ひかり」という組み合わせが好評の、NHKBSプレミアム放送の江戸川乱歩短編集。2018年12月末に第3弾が放送されて話題になりました。第2弾が2016年12月末だったので、2年ぶりです。続編を待ちわびていたファンの方も多かったのではないでしょうか?

今回は「お勢登場」「算盤が恋を語る話」「人でなしの恋」の3本立てで放送されました。原作を読んだことがない人にとっては

「いったいどんな話なんだろう?」

と興味がひかれるタイトルだと思います。今回はこの中でも、私が一番好きな話である

  • 満島ひかりが演じた「お勢登場」のあらすじとネタバレ
  • 私の感想とツイッター上の感想

などについて紹介していきます。

 

また、ドラマを見逃してしまったり、BS放送なので見れなかった人もいるかと思います。そんな方のために

  • 「満島ひかり×江戸川乱歩」第3弾の再放送の情報
  • お勢登場の原作小説を無料で読む方法

についてもお伝えしていきます。

【満島ひかり主演 NHKBS】江戸川乱歩「お勢登場」のあらすじとネタバレ

満島ひかり 江戸川乱歩 お勢登場

江戸川乱歩の短編小説は、起承転結がわかりやすいという特徴があります。そこでここでは「お勢登場」のあらすじと結末を、起承転結に分けて紹介していきます。

【起】お勢登場のあらすじとネタバレ~お勢と格太郎

時は大正時代。女中持ちの裕福な家の主人と思われる格太郎(宮藤官九郎)は、肺病に冒されていて余命いくばくもない命。なのに、美しい妻お勢(おせい)(満島ひかり)は、若い書生(学生)と不倫を重ねています。

お勢は「病気の父親を見舞う」と嘘をついて家を出て、子供は女中に任せて、書生との不倫の恋を楽しんでいたのです。

本当にお勢が里に帰って、自分の父親と見舞っているか調べれば簡単にウソはわかります。相手は貧乏な学生だし、格太郎と離婚してしまえば困るのはお勢の方です。

 

でも格太郎は、妻の浮気を表ざたにして離婚できない理由がありました。

1つは息子の正一の問題です。先の短い命の自分だけでなく、妻のお勢まで居なくなってしまっては正一が可哀そう。さらに格太郎は、妻にそんな仕打ちを受けてもおきらめきれない『未練』のような気持ちがあったのです。

そして女中も息子の正一でさえも、お勢が病気の旦那をほったらかしにして、不倫をしていることに気づいています。そんな二人に格太郎はまるで「はれもの」のように扱われながら、日々と悶々と(もんもんと)過ごしていたのです。

序盤は、格太郎のみじめな心情と、お勢の悪女っぷりが描写されています。

【承】お勢登場のあらすじとネタバレ~閉じ込められた格太郎

いつものようにキレイに化粧をして、書生との浮気に出かけるお勢。一人ポツンと家に取り残された格太郎。今日は息子の正一が3,4人のともだちを連れてきて、家の中で遊んでいます。

寂しさをかみしめていた格太郎でしたが、子どもたちの様子を見ていると、ふと温かい気持ちになって「自分も子供たちと一緒に遊んでみよう」という気分になりました。

 

そして子供たちが喜びそうな面白い話をいくつかして喜ばれると、格太郎は上機嫌になりました。

「おはなしは終わりにして、今度はかくれんぼをしようか。おじさんも入るのだよ」

子供たちと格太郎は、家の中でかくれんぼをして遊ぶことにしました。

 

格太郎は押入れの中に隠れたのですが、子供たちに見つかりそうになると、押入れの中にあった「長持ち(ながもち)」の中に隠れました。長持ちというのは、衣類や寝具を収納していた、長方形の大きな木箱です。昔話では「つづら」をイメージするとわかりやすいと思います。

押入れの戸を開けた子供たちでしたが、中には大きな長持ちしかありません。格太郎はまんまと子供たちから隠れることに成功したのです。

子供たちはあたりを探し回りましたが、格太郎はどうしても見つかりません。そのうち、かくれんぼには飽きてしまい、外に行って別の遊びを始めてしまいました。

 

そんな子供たちの様子をみて、長持ちの中から出ようとした格太郎でしたが・・・。

なんと、長持ちの掛け金がふたを閉めた時に勢いで閉まってしまい、内側から出ることができなくなってしまったのです。

 

掛け金は頑丈に取り付けあって、病気で弱った格太郎が暴れても、まったくびくともしません。また大声を上げて正一の名前を呼びましたが、扉が閉まった押入れの中。全く声は届かないどころか、暴れて声を出したことによって、箱の中の空気も薄くなってきました。長持ちは密閉性が非常に高くて、このまま長時間放置されれば、窒息してしまうことがわかります。

頼みの女中も、掃除も途中で居眠りをこいている始末。格太郎は絶体絶命のピンチに陥ってしまったのです。

【転】お勢登場のあらすじとネタバレ~お勢登場

そんなどうしようもないピンチの状況で、お勢が帰宅します。不倫の後ろめたさを感じながら帰宅したお勢でしたが、旦那も女中も誰も出迎えないことに気づきます。

「ただいま」

うたた寝をしていた、女中があわててお勢を出迎えます。お勢は旦那と息子の正一がどこにいるか尋ねますが、居眠りをしていた女中は、すぐに答えが出てきません。

 

「だんな様もいっしょに、先ほどまでかくれんぼうをなさっていました」

それを聞いたお勢は、息子と格太郎が外にいると思ったのか、女中に探してくるように命令します。

かくして、家の中にはお勢と、押入れの長持ちに閉じ込められた格太郎の二人だけの状況が出来上がります。

 

徐々に中の空気が薄くなり、忍び寄る死にもがき苦しむ格太郎にとって、お勢は救世主。危機一髪の状況でお勢が格太郎を見つけて救出する。まさに「お勢登場!」となるはずでした。

 

が、現実は違ったのです!

押入れの中のかすかなうめき声に気づいたお勢。女中から、旦那が子供とかくれんぼをしていたという話を聞いていたので、長持ちの中に格太郎が隠れて、誤って閉じ込められてしまったことを即座に理解します。

 

「あらかくれんぼうなさっていたのですね。ほんとうに、つまらないいたずらをなさるものだから・・・」

掛け金を外して、お勢は長持ちのふたをちょっと持ち上げます。

と、その直後、お勢は反対にふたをおさえて、元通り閉めてしまったのです。

中からは格太郎の精いっぱいの押し返すような抵抗がありました。お勢はそれを押しつぶすように、ふたをぐっと閉じてしまったのです。

 

ここに頭の回転が速いお勢の悪女っぷりが凝縮されています。彼女は格太郎がかくれんぼ中に誤って長持ちの中に閉じ込められたことをすぐに理解しましたが、同時に、回りの誰もこの状況に気づいていない。知っているのは自分のみであることに気づきます。

そして、このまま格太郎を長持ちの中に閉じ込めておいて、窒息死させてしまえば、かくれんぼ中の事故として誰も疑わない。夫を合法的に殺すことができることに気づいたのです。

 

悪女であるお勢にも多少の罪悪感はありました。が、旦那が死んでしまえば、一生遊んで暮らせるほどの莫大な遺産と、若い恋人との楽しい未来が手に入ります。そのことが、お勢にこの恐ろしい犯罪を思いつかせたと言えそうです。

【結】お勢登場のあらすじとネタバレ~お勢の完全犯罪は成立したのか?

満島ひかり 江戸川乱歩

かくしてお勢の狙い通り、数時間後、格太郎は長持ちの中で苦しみぬいて窒息し、その死を警察に届けたのはお勢本人でした。

 

それにしても格太郎の、死に至るまでの恐怖と絶望はどれほどのものだったでしょうか?

子供となにげに始めたかくれんぼという遊びがもとで長持ちに閉じ込められてしまった、まぬけさ。病気で余命が短いとは言え、そんな不名誉な死に方をするのは、もちろん嫌だが、箱の中で暴れれば誰かが気づいてくれるかもしれない。そんな助かりそうで助からない微妙な状況。死の恐怖を感じている状況で、帰宅したお勢。不倫中の妻とはいえ、彼女は閉じ込められた自分を見つけてくれたのです。

 

「もう一歩で死ぬところで助けられた」

という状況から、格太郎は再び奈落の底に突き落されました。

  • もしかしたら助かるかもしれない
  • 妻の心が自分のところに戻ってくるかもしれない

といったすべての希望が打ち砕かれてしまったのです。

 

格太郎は死に向かう絶望の中で、恨みに思うお勢の名前を、ダイイングメッセージとして残しました。生づめをはがしながら必死に、長持ちのふたの裏に「オセイ」という名前を書き残したのです。苦しさにもだえ苦しんだ時の、無数のひっかき傷の中に「オセイ」の名前が不気味に刻まれていました。

 

格太郎の弟の格次郎はその文字に気づきましたが、ダイイングメッセージとは気づきません。

お勢自身も「それほど私のことを心配してくださったのでしょうか・・・」としらじらしく言いながら、ハンカチを頬に当てて泣くのでした。

 

こうしてお勢は旦那の多額の遺産を受け取り、息子の正一と共に屋敷を離れました。その後は次々と住所を変えて、親戚からの監視から遠ざかっていくのでした。

長持ちはお勢がもらい受けて、ひそかに古道具屋に売り払い、どこのだれかの手に納められていったのです。

その長持ちを手に入れたものは、フタの裏に刻まれたひっかき傷と「オセイ」という不気味な文字を見て何を想像したでしょうか・・・

~終わり~

【満島ひかり】江戸川乱歩 お勢登場の感想

江戸川乱歩 お勢登場 感想

江戸川乱歩の「お勢登場」は、私が子供の頃に読んだ乱歩の短編の中でも、かなり印象に残っていた話の一つです。タイトルを見ただけでは予想できない話の展開と後味の悪さ。ふたを閉めた瞬間にお勢や格太郎は「どんな表情をしていたのかな?」と子供ながらに想像しながら読んだ記憶があります。

今回、満島ひかりさん主演でNHKでドラマ化された「お勢登場」は、ドラマの冒頭でも紹介された通り、小説に忠実な内容になっていました。ドラマというより、小説の朗読に合わせて映像が流れていた感じです。

 

「お勢」の原作を読んだことがない視聴者の方は「何だこの話は・・・」という恐怖とも驚きとも言えないような印象を持ったのではないでしょうか?

そして結末を見た瞬間「お勢怖え~」と思ったのではないでしょうか?ww
宮藤官九郎さん演じる格太郎が、長持ちの中で絶命していた表情には強烈な苦しみが表現されていて、ものすごい恐怖を感じましたね。

ネタバレを知っていた私も、乱歩の世界を忠実に再現した映像として楽しむことができました。

 

乱歩の小説には「お勢登場」のような人間の闇を描いたような、何とも救いようがないけど、面白い短編がたくさんあります。現実で微妙にあり得そうな話だから、リアルに怖いですよね。明智小五郎が登場する推理物も、事件が解決する爽快さがあるのですが、私はこうした乱歩の怪談系の短編の方が癖になるというか、好きです^^

【NHKBSドラマ】江戸川乱歩 お勢登場のキャストと感想

配役もばっちりハマってました。

完全犯罪を成し遂げる、美しい悪女であるお勢は満島ひかりさん。長持ちのふたを閉める時のお勢の冷徹な表情の演技力はさすがでした。

 

そして病弱で不倫されてもお勢と離縁できない、弱弱しい格太郎を演じたのは宮藤官九郎さんです。脚本家である宮藤官九郎さんですが、去年TBSの火曜ドラマ「カルテット」にも出演して、松たか子さんの旦那を演じていました。妻との関係に悩み、家出をしてしまう情けない人柄は、今回の格太郎の役と共通するものがあります。こういうダメな旦那役って、クドカンさんに合っているのかもしれませんね。

そしてNHKの「満島ひかり×江戸川乱歩」シリーズは、脇役を演じる俳優さんのインパクトに魅力があります。今回のお勢登場にも女中役として猫田直さん、そして最後にちょい役で警察官として登場した「マメ山田」さんのインパクトはかなりのものでした。

マメ山田さんは「日本で一番小さな手品師」という呼び名がありましたが、最後の場面はその見た目の違和感の方に気がひかれて、物語の内容が頭に入ってこなかったほどですww。なぜ、ここで起用したの?と突っ込みたくなりました。

これまでもそうでしたが、こうした遊びごころみたいな仕掛けも「満島ひかり×江戸川乱歩」シリーズの魅力の一つだと思います。

【満島ひかり】江戸川乱歩 お勢登場のツイッターの感想

ここでは「満島ひかり×江戸川乱歩 お勢登場」についての、ツイッターの感想を見ていきます。

 

満島ひかりさん演じるお勢やクドカンさんの「艶やかな衣装や美しいメイクに感動した」というつぶやきが多く見られました。

 

やはり、マメ山田さん演じる警察官には、多くの人がインパクトを感じたようですね。

 

私もお勢登場は、今回の「満島ひかり×江戸川乱歩」の中では一番好きな話でした^^

【NHKBSプレミアム】江戸川乱歩短編集のこれまでの作品

NHKBSプレミアム 江戸川乱歩短編集

引用:https://natalie.mu/eiga/gallery/news/307903/1049639

今回放送されたNHKBSプレミアムのテレビドラマ「満島ひかり×江戸川乱歩」は第3弾です。

  • お勢登場
  • 算盤が恋を語る話
  • 人でなしの恋

の3本が2018年末に一挙放送されました。

 

第1弾は2016年1月11日放送。

  • D坂の殺人事件
  • 心理試験
  • 屋根裏の散歩者

 

第2弾は2016年12月26~28日に放送。

  • 何者
  • 黒手組
  • 人間椅子

のそれぞれ3本立てでした。

 

どの作品も主役は満島ひかりさんです。名探偵明智小五郎を女性である満島さんが演じて話題になりました。満島さんが演じることで、おどろおどろしい乱歩の世界が妖艶な感じに変わるのが、このシリーズの魅力です。

 

そしてメインの配役やちょい役で、インパクトがある俳優さんを起用しているのも、このシリーズの面白さです。

今回放送された他の2本の作品である「算盤が恋を語る話」「人でなしの恋」。満島さんの相手役として、ハライチの岩井勇気さんと高良健吾さんがそれぞれ起用されていました。特に「人でなしの恋」では、あやうさを感じさせる絶世の美男子役を高良健吾さんが演じていて、超ハマり役だなと思いました。

 

これまでのシリーズでも、「屋根裏の散歩者」で犯人役を柔道の篠原信一さんを務めたり、「心理試験」に出ていた島田久作さん、「黒手組」に出ていたミッツ・マングローブさんなどはインパクトが強すぎて、そっちにばかり目が行ってしまいました。「今回の話には誰が出てくるのかな?」というワクワク感がNHKの江戸川乱歩短編集の魅力ですね。

江戸川乱歩 屋根裏の散歩者

NHK 江戸川乱歩 篠原信一

引用:http://www4.nhk.or.jp/P3860/

今後このシリーズがが続くとしたら、個人的には「二銭銅貨」「押絵と旅する男」「一枚の切符」などの短編を映像化して欲しいですね。第4弾を期待しています!

「満島ひかり×江戸川乱歩」の再放送は?DVDや動画は販売されるの?

  • 「満島ひかり×江戸川乱歩」を見逃してしまった!
  • 家にはBSがないので見られない・・・

NHKBSプレミアムで2018年12月末に放映された「満島ひかり×江戸川乱歩」の第3弾ですが、現在再放送の予定は決まっていません。ただ2019年の1月13日までなら、NHKオンデマンドの見逃し配信で見ることが可能です。

満島ひかり 江戸川乱歩 再放送

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018093580SC000/?np_banID=top_rk_m03_093580

NHKオンデマンドであれば、BSがなくてもネット環境さえあれば見ることができます。

またNHKオンデマンドは動画配信サービス『U-NEXT』に登録しても見ることが可能です。『U-NEXT』の場合は、31日お試しキャンペーン登録時に1000ポイントがもらえます。この1000ポイントを使えば、無料で今回のドラマを視聴することができます。直接NHKオンデマンドに入会すると使えないサービスなのでお得ですね!この機会に試してみるのもいいかと思います♪

 

「それでもどうしても再放送をテレビで見たい!」

NHKのドラマなどの番組は、夏休みや大型連休中などに不定期で再放送されることがあります。また、新シリーズ(次回は第4弾)の制作が決まったタイミングなどで再放送されることもあります。BSだけでなく地上波のNHKで放送されることもあるので、どうしても再放送を見たい人はその時期は番組表を週単位でチェックしましょう。ヤフーの番組表などが便利です。

 

ちなみに、これまでのシリーズではなかったので「満島ひかり×江戸川乱歩」のDVD化や動画の販売の予定は未定になっています。乱歩ファンにとっては、メイキング映像などのおまけがついていればDVD売れそうですね。

江戸川乱歩 お勢登場の原作を無料で見る方法

「見逃した話の原作だけでも読みたい!」という場合、無料で読む方法があります。

 

それは『青空文庫』を使うことです。

■青空文庫
https://www.aozora.gr.jp/

 

『青空文庫』とは著作権が消滅した作品をテキスト(ファイル)形式で紹介しているサイトです。明治から昭和初期の文学作品の多くを読むことができます。スマホのアプリを使うと、より読みやすくなります。江戸川乱歩の有名短編の多くも読むことができるので、ぜひ利用してみましょう。

江戸川乱歩 お勢登場 原作

「お勢登場」だけでなく、今回放送された「人でなしの恋」や「算盤が恋を語る話」、これまでのシリーズで映像化された作品の原作も読むことができます。

 

ということで、NHKBSドラマ「満島ひかり×江戸川乱歩」のお勢登場について、ネタバレと感想をお伝えしていきました。映像や音楽もすばらしくてコレクションしたくなる内容でしたが、見逃してしまった人は、ぜひ原作だけでも読んでみてください。