日産セレナe-POWER【値引き情報】2019年10月の限界相場

更新日:

日産セレナe-POWER最新値引き情報

  • セレナe-POWERの値引き額はいくらなの?
  • セレナe-POWERを限界まで値引きする方法を知りたい

こんな疑問をお待ちのあなたへ。
 
本記事では、セレナe-POWERの「値引き相場」や「値引き交渉のコツ」をまとめてみました。
 
セレナe-POWERの購入を検討している方や、これからディーラーに行って見積もりを取ろうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

セレナe-POWER購入検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。


消費税増税後、むしろ【超】お得なセレナe-POWERが買えるのに…
 
ほとんどの人がをしている、その“盲点”とは?

↓↓詳細はこちらから↓↓

セレナe-POWERを限界まで値引きする裏ワザ

※私は63万円以上値引き出来ました。

日産セレナe-POWER2019年10月の値引き相場は35万円が限界

車の見積書

セレナe-POWER値引き相場

  • 目標値引き額:25~35万円
  • 車両本体の値引き額:28万円
  • オプション品の値引き相場:20~30%引き
  • 値引き交渉の難易度:厳しい

日産セレナe-POWERの目標値引き額は25~35万円で、値引き交渉の難易度は厳しいです。
 
というのも、セレナe-POWERは2019年8月にマイナーチェンジされ、消費税増税前の駆け込み需要もあり、値引きの余地はあまりないからです。
 
セレナe-POWERの目標値引き額を引き出すには、トヨタ3兄弟(ヴォクシー/ノア/エスクァイア)やホンダのステップワゴンなど、人気ミニバンの見積書を持ち込んで競合させるのが良いでしょう。
 
それでもセレナe-POWERの目標値引き額に届かない場合は、日産ディーラー同士で見積書を競合させたり、セレナの兄弟車であるスズキのランディと競合させましょう。
 

セレナe-POWERのマイナーチェンジ情報はこちら


セレナe-POWERマイナーチェンジいつ?2019年8月1日予定
 

日産セレナe-POWERの値引き推移

セレナe-POWERの値引き推移

価格.comやTwitter、雑誌などに掲載されている情報を元に、値引き推移をグラフにまとめてみました。
 
上記の値引き額はディーラーオプション・メーカーオプション・車両本体価格を含めた平均額となります。
 
セレナe-POWERのマイナーチェンジ前(2019年6~7月ごろ)から値引き額が拡大し、その後は値引きが渋くなっているのがわかりますね。

日産セレナe-POWERの値引きは拡大傾向は終了

ポイント

日産セレナe-POWERの値引きは拡大傾向にありましたが、2019年8月にマイナーチェンジされたため、現在の値引き額は期待できません。
 
値引き額の目安としては、車両本体価格が10~15万円前後、オプション値引きで10万円前後、合計で25万円以上の値引きが取れれば良い方です。
 
また、マイナーチェンジ前の在庫車なら、50~60万円の大幅値引きも狙えちゃいます!
 
ちなみにマイナーチェンジされたセレナe-POWERの値引きが緩むのは、消費税増税後の10月以降になる見込みです。
 
ディーラー営業マンに聞いは話では、本社から出ている値引き条件がめっちゃ渋いみたい・・・。
 
セレナe-POWERは販売価格も高いため、消費税10%の影響は多大なもの。
 
2019年10月以降は値引きが緩むとはいえ、税金などの維持費を含めて総合的に考えると、消費税増税前にセレナe-POWERを買った方が安いと言えます。
 

セレナe-POWERの維持費の詳細はこちら


セレナe-POWERの維持費【年間いくら?】ライバル車と比較してみた
 

日産セレナe-POWERの納期は1~3ヶ月

ディーラー営業マンから鍵を受け取っている人

セレナe-POWERの納期は1~3ヶ月です。
 
e-POWERは人気車種&マイナーチェンジ後なので納期は長めですね。
 
セレナのガソリン車は、在庫やメーカーの見込み発注分があれば、最短1ヶ月ほどで納車が可能です。
 

セレナe-POWERの納期について詳しくはコチラ


日産セレナe-POWER【納期はどれくらい?】2019年最新情報
 

日産セレナe-POWERの値引きに関する口コミ

口コミ

セレナe-POWERの値引きに関する口コミについて、価格.comやTwitterなどの情報を元にまとめてみました。

総額4,361,524円を410万円+メーカーキャッシュバック10万円の実質400万円で決めました。
納車時にガソリンもそれなりに入れてもらうことも確認してサインしました。
担当の方は出たばっかりなので、かなり頑張りましたと言っていました。

値引き合計は26万ちょっとですが、正確に車両から何万、DOPから何万といった事は言われておらず、合計から26万です。
車両だけで26万引いてもらった訳ではないです(汗)
車両だけだとおそらく10万くらいだったんじゃないかなと思います。

値引きはディーラーさん曰く本社から出される値引き上限がめちゃくちゃ渋いみたい。
この車両についても12月ぐらいまではおそらく値引き上限上がらないとのこと。
そこらへんもう少し待てそうなら待ったほうが良いかもですね。

日産セレナe-POWERの値引きに関する口コミを調べてみると、やはりマイナーチェンジ前はかなり値引きされたようですね。
 
2019年8月以降はマイナーチェンジされた後なので、値引き上限がめっちゃめちゃ渋くなってるみたい。
 
待てるようなら値引き上限が緩くなる12月まで待ったほうが良いけど、今年は10月に消費税増税が予定されているからな・・・。
 
ぶっちゃけ12月以降の値引き額も大幅には期待できないし、消費税10%を考えると、今の値引きが渋い状態でも買った方がお得かも。
 
そこで次の項目では、値引き上限が渋いセレナe-POWERでも、値引きを限界相場まで引き出す5つの交渉術をお伝えします。

日産セレナe-POWERの値引きを限界相場まで引き出す5つの交渉術

セレナe-POWERの値引き済の見積書

セレナe-POWERの値引きを限界相場まで引き出す5つの交渉術をご紹介します!

セレナの値引き交渉術

  1. ディーラー同士で値引き額を競わせる
  2. 競合者の見積もりと競わせる
  3. 下取り車を最高値で売る
  4. 安い社外品で総支払額を下げる
  5. 残価設定ローンで購入する

1.ディーラー同士で値引き額を競わせる

ディーラー店

日産のディーラーは「都道府県名が頭につく日産店」「日産サティオ」「日産プリンス」の3種類に分類されています。
 
どこも取り扱っている車種は同じですが、値引き額やサービス内容が異なります。
 
つまり、同じ地域の違う種類の日産に行き、セレナe-POWERの見積もりをとって、それぞれの店で見積もり内容を競わせれば値引き額を引き出せちゃいます。
 
ただし、経営する法人が同じ場合、顧客情報が共有されているため、見積り内容を競わせることができません。
 
まずは日産の公式HPでどこが経営しているのか確認してから、セレナe-POWERの見積もりを取りに行きましょう。
 
ちなみに「東京」と「神奈川」など、他県をまたげば確実に違う経営なので見積もりを競わせることができます。

2.競合車の見積もりと競わせる

競合車

競合車の見積もりと競わせることで、セレナe-POWERの値引きを限界まで引き出すことが可能です。
 
セレナe-POWERの競合車といえば、「トヨタ ヴォクシー(ノア)」や「ホンダ ステップワゴン」、「三菱 新型デリカD:5」ですね。
 
それぞれ見積もりを取ってくるのは面倒くさいですが、下記のサービスを使えば一括で見積もりを出してくれるので便利ですよ。
 
お休みの日に、わざわざディーラー巡りをするのは時間の無駄なので、こういった無料で使えるサービスはどんどん利用していきましょう!
 
下矢印

トヨタ ヴォクシー(ノア)

ヴォクシー

セレナe-POWERの競合車といえば、ミニバン市場No.1を誇っているトヨタ ヴォクシー(ノア)です。
 
ヴォクシーの車両本体価格はセレナe-POWERとほぼ同じで、大きさも5ナンバーサイズと非常に似ていますよね。
 
でも、セレナe-POWERは”プロパイロット”を始めとする先進装備が備わり、今やヴォクシーは時代遅れなミニバンへと成り下がりました。
 
でも、ミニバン市場人気No.1という地位を守るため、ヴォクシーの値引きは大きくなっています。
 
ヴォクシーの見積もりとセレナe-POWERの見積もりを競合させれば、限界相場まで引き出すことも可能でしょう。
 

ヴォクシーの値引き情報はこちら


ヴォクシーの値引き【渋い】見積もり値引き目標額は50万が限界か
 

ホンダ ステップワゴン

ステップワゴン

走りに特化したハイブリッドシステム「i-MMD」やリヤゲートから乗り降りできる「わくわくゲート」、安全技術「ホンダセンシング」を搭載するなど、最先端の技術が備わっているステップワゴン。
 
ヴォクシーやセレナに押され気味のステップワゴンですが、ミニバン売れ筋ランキングには上位に君臨しています。
 
ステップワゴンの見積もりを引き合いに出せば、セレナe-POWERの値引き額を限界まで引き出せるはず!
 

ステップワゴンの値引き情報はこちら


新型ステップワゴンの値引き情報【相場】を大暴露
 

三菱 新型デリカD:5

新型デリカ

悪路の走破性はピカイチの三菱 新型デリカD:5。マイナーチェンジされてフロントフェイスのデザインが代わりましたね。
 
デリカD:5はミニバンとSUVを掛け合わせたような車なので、RVのカテゴリにも入ります。
 
セレナe-POWERと新型デリカD:5のユーザー層は異なると言われていますが、意外と比較されている方が多いんですよね~。
 
新型デリカD:5の見積もりを引き合いに、セレナe-POWERが安くなるかもしれませんよ!
 

新型デリカD:5の値引き情報はこちら


三菱 新型デリカD:5値引きどれくらい?2019年限界相場を調査
 

3.下取り車を最高値で売る

車とお金

値引きで成功したと思っても、下取り車で損している人がとても多いです。
 
損している人が多いのは、ディーラー営業マンに「これ以上の値引きは出せないので、下取りの方で調整させてください」と言われてしまうから。
 
ディーラーの下取りで5万でも10万でも値が付けば、その分の支払額が安くなるのでかなりお得だな~と思ってしまう方が多いんですよね…。
 
でも、実はディーラーの下取りって、買取業者より安くなる傾向があります。
 
ディーラーで下取り5万円と言われた車が、買取業者では20万になる事例もあるほどです。
 
ディーラーと買取業者の違いって、実際の中古車相場から査定額を算出しているかの差です。
 
買取業者は中古車相場に基いた査定額を算出してくれるので、ディーラーよりも高く買い取ってくれることが多いんです。
 
ディーラーの下取り価格が妥当かどうかは、事前に無料査定サービスを使って調べておきましょう。
 
無料査定サービスは色々ありますが、おすすめは下記の査定サイトです。
 
おおよその査定相場もスグにわかるし、高額査定も期待できます。
下矢印

※どんなに古い車でも必ず高額査定は出ます

下取りなしで安く買いたいなら新古車を狙え!

新古車

そもそも下取り車がない!でも、どうにかしてセレナe-POWERを安く買いたい!のなら、新古車(未使用車)に狙いを定めるのも一つの手です。
 
新古車(未使用車)とは、新車として買うよりも安く買える新品(未使用)の中古車のことです。
 
新車を買うよりも安くきれいな車が買えるだけでなく、納車までが早いなどのメリットがあります。
 
ただし、色やグレードが選べない、人気車種は品薄で手に入らないなどデメリットもあります。
 
新古車(未使用車)のセレナe-POWERを見つけられれば、値引き交渉するよりも20万円くらい安く買えます。
 
ただし、新古車のセレナe-POWERはいつでも手に入るわけではなく、ある一定の条件を満たした場合に市場に出回る車です。
 
だから、全く知識のない人が一生懸命探しても見つけることは難しいでしょう。運良く見つかっても、問い合わせると売り切れになっているケースがほとんどです(汗)
 
そこで新古車のセレナe-POWERを探す時に使えるのが、ズバット車販売です。
 
ズバット車販売とは、入力された情報をもとに、車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料サービスです。
 
ネットや雑誌には掲載されていないセレナe-POWERの新古車を無料で探してくれるので、購入を検討しているなら登録しないと損ですよ。
 
下矢印

4.安い社外品で総支払額を下げる

安い社外品

純正オプションよりも安い社外品で総支払額を下げるのも1つの値引き方法です。
 
例えば、ナビやフロアマット、ドアバイザーなどを社外品で揃えるだけで、値引き交渉の手間を必要とせずに、セレナe-POWERの総支払額を下げることができます。
 
とはいえ、社外品はサイズが微妙に合わなかったり、質が悪かったりするため、純正オプションの方が良い場合もあります。
 
また、フロアマットやドアバイザーなどは、印鑑を武器にして”おまけ”してくれる可能性もあります。
 
値引き交渉次第では純正オプションの値引きは引き出せるため、トータル的にお得なのかは、交渉の手間を考慮しながら損得勘定するのが良いでしょう。
 
それでは純正オプションを止めて社外品にするだけで、どれだけ値引きできるのかまとめてみました。

純正オプション社外品値引き額
カーナビ240,288円202,220円約3.5万円
フロアマット65,684円40,980円約2万5千円
ドライブレコーダー39,000円5,980円~約3万円

カーナビは社外品のアルパイン ビッグXシリーズがおすすめ

日産 純正ナビアルパイン 社外ナビ
本体メモリーナビ MM318D-LビッグX EX11Z-SE
画面大きさ9インチ11インチ
価格240,288円(工賃込み)202,220円
バックカメラ39,744円12,130円
ナビ工賃–円29,800円
合計額280,032円244,150円
純正との価格差-35,882円
ETC最安27,648円6,758円
ETC2.044,712円32,689円

セレナe-POWERに装着できる純正カーナビには、9インチ大画面とスムーズな操作性が人気のMM318D-Lがありますが、バックカメラやナビ取り付け工賃を含めると約28万円します。
 
一方で社外品のアルパイン ビッグXシリーズに代えるだけで、バックカメラやナビ取付工賃を含めても24.4万円。約3.5万円の割安となるので、実質的な値引き効果を得られます。
 
アルパイン ビッグXシリーズは、名前の通りワイドで大きな画面が特徴で、ルート案内や音声操作なども好評です。
 
ETC機器やバックカメラ、リアモニターなど、カーナビ選びは悩ましい部分もありますが、賢く選べばセレナe-POWERの総支払額を下げることができますよ。

フロアマットを社外品にすれば1~3万円以上の割安になる

セレナe-POWERのフロアマット社外品

価格
セレナe-POWER 純正フロアマット64,584円
セレナe-POWER社外品フロアマット40,980円

セレナe-POWERのフロアマットを社外品にすれば、約1~3万円以上の割安となります。
 
社外品のフロアマットはサイズが合わなかったり、質が悪いなど悪評高いですが、PREMIUM SERIESの品質面は純正品と比べても見劣りしません。
 
6色2パターンから選べる上に価格も安いので、相対的に高コスパなフロアマットです。

ドライブレコーダーを社外品にすれば3万円以上の値引き効果が得られる

コムテックのドライブレコーダー

価格
セレナ純正ドライブレコーダー39,000円
社外品ドライブレコーダー5,980円~

TVで「あおり運転」が問題になっているのを見ると、ドライブレコーダーは今や必須装備と言えますよね。
 
セレナe-POWERには純正ドライブレコーダーが用意されていますが、社外品のドライブレコーダーを装着すれば差額分の値引き効果が得られます。
 
セレナe-POWERを新車で購入するなら、取り付け工賃サービスを契約条件に追加すれば、支払総額をもっと下げるチャンスです!

5.残価設定ローンで購入する

セレナe-POWERの残価設定ローン

セレナe-POWERを残価設定ローン(残クレ)で購入すると、ディーラーへクレジット会社から入るマージンが多くなるため、その分値引き額が大きくなります。
 
残価設定ローンは走行距離に制限があったり、汚れや事故は厳禁!など制限がありますが、月々の支払額を抑えられるのが最大のメリット。
 
セレナe-POWERを残価設定ローンで購入した場合の月々の支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名セレナ ハイウェイスター V
車両本体価格2,932,200円
車両本体値引き250,000円
メーカーオプション価格261,360円
ディーラーオプション価格560,868円
ディーラーオプション値引き115,000円
諸費用281,325円
支払総額3,389,428円
ローン元金3,389,428円
支払回数36回払い (3年)60回払い (5年)
金利4.9%4.9%
初回65,949円×1回54,728円×1回
2回目以降63,800円×34回49,600円×58回
最終回(残価)1820,000円×1回
(62.0%)
1341,000円×1回
(45.7%)
金利を含む支払総額4,055,149円4,272,528円

 
選択するオプションや値引き金額、頭金などでローン元金が変わるため、上記のシミュレーション結果はあくまでも目安として考えましょう。
 
実際の金額はディーラーで見積もりしてもらい、値引き交渉もお忘れなく!
 

セレナe-POWERの残クレ購入について詳しくはコチラ


セレナe-POWER【残クレ購入はお得?】メリット・デメリットまとめ
 

セレナe-POWER購入検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。


消費税増税後、むしろ【超】お得なセレナe-POWERが買えるのに…
 
ほとんどの人がをしている、その“盲点”とは?

↓↓詳細はこちらから↓↓

セレナe-POWERを限界まで値引きする裏ワザ

※私は63万円以上値引き出来ました。

日産セレナe-POWERのリセールバリュー(2019年10月最新情報)

セレナe-POWER

数年後に乗り換える予定がある人なら、日産セレナe-POWERを購入する上で「リセールバリュー」が気になるはず…。
 
今現在どのグレードが高く売れているのか、下記の表にまとめてみました。

グレード名買取相場
リセールバリュー
e-POWER X--
e-POWER XV289万円91%
e-POWER ハイウェイスター332万円97%
e-POWER ハイウェイスター V326万円94%

セレナe-POWERのリセールバリューは、ノーマルグレードよりも「ハイウェイスター」の方が高いですね。
 
上級グレードほどリセールバリューが高くなる傾向があるため、セレナe-POWERを購入する際は「ハイウェイスター」を狙ってみるのが良いでしょう。
 
ちなみにディーラー営業マンから聞いたマル秘話ですが、セレナは上級グレードになればなるほど、値引きできる金額は多くなるんだとか。
 
セレナe-POWERハイウェイスターを買うなら、しっかりと値引き交渉して、限界相場まで引き出しましょう!

リセールバリューから見たおすすめグレードは「ハイウェイスターVセレクション」

セレナe-POWER

リセールバリューから見たおすすめグレードは、「セレナe-POWER ハイウェイスターVセレクション」です。
 
ハイウェイスターはネームバリューもあり、中古車市場では非常に人気が高いため、年数が経過しても価値が下がりにくく、売却時に恩恵を受けられます。
 
e-POWERを買うならおすすめグレードは「ハイウェイスター」が狙い目と言えるでしょう。
 

セレナe-POWERのグレードの違いはこちら


セレナe-POWERのグレードの違いを比較してみた
 

リセールバリューが高いおすすめカラーは「ブリリアントホワイトパール」と「ダイヤモンドブラック」

セレナe-POWERブリリアントホワイトパール

リセールバリューは色(カラー)によっても相場が異なります。
 
セレナe-POWERの中古車相場が高い人気カラーは「ブリリアントホワイトパール」と「ダイヤモンドブラックパール」です。
 
また、「マルーンレッド」や「ツートンルーフ」も相場価値が高いため、新車で買うならおすすめのカラーと言えます。
 
ちなみにセレナe-POWERの中古車相場が安いカラーは「ブリリアントシルバーメタリック」で、人気カラーよりも相場価値は10~20万円ほど安いです。
 
シルバー系の色は商用車っぽいのが不人気の理由で、販売台数自体も少ないですね。
 
リセールバリューを意識しているなら、セレナe-POWERの人気カラーを選ぶのが良いでしょう。
 

セレナe-POWERの人気色の詳細はこちら


セレナe-POWER【人気色はどれ?】ランキングにまとめてみた
 

まとめ

セレナe-power

セレナe-POWERはマイナーチェンジ後なので、ディーラー営業マンの値引き上限は渋めですね。
 
とはいえ、値引きの余地はあるので、しっかりと値引き交渉をして限界相場まで引き出しましょう!
 
また、2019年10月には消費税増税が控えているため、10月までに購入しないと10%の消費税がかかってきます。
 
たった2%の増税とはいえ、セレナe-POWERの車両本体価格を考えると馬鹿にできません。
 
増税に間に合うように今からしっかりと値引き交渉を進めて、限界相場まで引き出し、超お得なセレナe-POWERを手に入れましょう!

セレナe-POWER購入検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。


消費税増税後、むしろ【超】お得なセレナe-POWERが買えるのに…
 
ほとんどの人がをしている、その“盲点”とは?

↓↓詳細はこちらから↓↓

セレナe-POWERを限界まで値引きする裏ワザ

※私は63万円以上値引き出来ました。

Copyright© ミニバンの教科書[2019年版] , 2019 All Rights Reserved.