セレナe-POWERの税金【いくら?】自動車税や重量税を調べてみた

投稿日:

セレナe-POWER税金いくらかかる?

セレナe-POWERにかかる税金は下記表のとおりです。

セレナe-POWERの税金

セレナe-POWER備考
自動車税34,500円(75%減税)
※翌年度は9,000円、翌年度は34,500円
排気量:1,200cc
自動車重量税0円(100%減税)
※新車購入時と初回車検時
車両重量:1,630kg~1,700kg
自動車取得税0円(100%減税)2019年10月1日に廃止
⇒環境性能割が導入される

セレナe-POWERはエコカー減税対象車なので、自動車税・自動車重量税・自動車取得税の優遇を大幅に受けています。
 
具体的にどのくらい優遇されているのか、本記事で詳しく解説していきます。

セレナe-POWER検討中のあなたへ

週末2日で
値引き交渉した結果・・・

「どうせ、安くならないでしょ?」と友達は鼻で笑った。
 
でも、実際に値引き交渉してみたら・・・!

↓↓続きはこちらから↓↓

セレナe-POWERの値引き体験談を見る

セレナe-POWERの自動車税は毎年34,500円

自動車税

セレナe-POWERの自動車税は毎年34,500円かかります。
 
自動車税は車の総排気量などにより税額が決められています。

自動車税の税額

排気量税額
1リットル以下29,500円
1リットル超~1.5リットル以下34,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下39,500円
2.0リットル超~2.5リットル以下45,000円
2.5リットル超~3.0リットル以下51,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下58,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下66,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下76,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下88,000円
6.0リットル超111,000円

セレナe-POWERの排気量は1,200ccなので、自動車税は34,500円ですね。
 
また、自動車税は毎年4月1日時点で自動車の車検証に登録されている所有者に対してかかります。
 
ちなみにセレナe-POWERの自動車税は購入時期次第で節税も可能です。
 
というのも、自動車税は新規登録をした月の翌月から3月までの月割分で計算されます。
 
だから月末ではなく、翌月初めにセレナe-POWERを購入すれば、1ヶ月分の自動車税を節税できるというわけです。
 
例えば3月31日にセレナe-POWERを購入すると、自動車税は4月から翌年3月までの1年分を支払わなければいけません。
 
でも4月1日に購入すれば、5月から翌年3月までの11ヶ月分の支払いでOK!
 
このようにセレナe-POWERの購入時期を調整すると、総支払額を抑えることができますよ。

セレナe-POWERの重量税は年間10,000円

自動車重量税

セレナe-POWERの重量税は年間10,000円かかります。
 
自動車重量税は「新規登録」あるいは「車検時」に、車検証の有効期間にあわせてまとめて支払います。
 
つまり、新車のセレナe-POWERを購入した場合、重量税を3年分まとめて支払うため、10,000円 × 3年分 = 30,000円となります。
 
ちなみに自動車重量税の税額は、自動車の車両重量によって税額が決まっています。
 
税額は車両重量0.5トン毎に4,100円/年が加算されますが、エコカー減税対象車の場合は0.5トン毎に2,500円/年の加算となります。
 
セレナe-POWERの車両重量は1,730kg~1,760kgでエコカー減税対象車なので、2,500円 × 4 = 10,000円です。

セレナe-POWERの自動車取得税は100%減免

ディーラーから鍵を受け取っている人

セレナe-POWERの自動車取得税は100%減免されています。つまり0円(タダ)です。
 
自動車取得税が100%減免されている理由は、セレナe-POWERが平成32年度燃費基準50%以上を達成している”エコカー減税対車”だから。
 
もしエコカー減税制度による優遇を受けられなかった場合、セレナe-POWERの価格だと通常の取得税は約85,000円ほどかかります。
 
てか自動車取得税が高すぎなんですよね…。でも、セレナe-POWERはエコカー減税の対象車なので、自動車取得税が減免されるから本当にありがたい!

2019年10月1日から自動車取得税が廃止されて環境性能割が導入される

環境性能割の適用期間の説明画像

自動車取得税ですが、消費税が10%に引き上げられると同時に廃止されることが決まっています。
 
そして自動車取得税の代わりに”環境性能割”という制度が導入されます。
 
環境性能割とは、自動車を購入する時にかかってくる税金で、購入する車の環境性能に応じて、普通車は0%~3%、軽自動車は0%~2%かかります。

環境性能割の税額

環境性能環境性能割自動車取得税
平成32年度燃費基準+40%
0%
0%
平成32年度燃費基準+30%0.60%
平成32年度燃費基準+20%1.20%
平成32年度燃費基準+10%1.80%
平成32年度燃費基準達成1%2.40%
平成27年度燃費基準+10%2%
3%
それ以外(それ以下)3%

環境性能割では減税の基準が緩和され、ハイブリッド車はほぼ100%減税となります。
 
もちろん、セレナe-POWERの環境性能割は100%減税です。
 
環境性能割は全体的には減税傾向にはあるものの、喜んでいてはいけません。
 
2019年10月1日から消費税が10%になるので、基本的にはセレナe-POWERの乗り出し価格(総支払額)は高くなります。
 
ぶっちゃけ環境性能割は、消費税増税による負担増を和らげる程度のものですね。
 
そもそも自動車取得税は「消費税との二重課税だ!」といった声が多く、消費税の引き上げに伴い、自動車の販売台数の低迷を防ぐために廃止されるという建前なわけです。
 
自動車取得税の廃止は決まったものの、そのかわりに環境性能割という税金が導入されことになったので、結局は増税です。
 
消費税10%へ増税される前にセレナe-POWERを購入した方が、一番安く手に入ると言えますね。
 

セレナe-POWERの乗り出し価格はこちら


セレナe-POWER【乗り出し価格はいくら?】意外な見積もり結果
 

セレナe-POWERはエコカー減税の対象車

セレナe-POWERのエコカー減税適用価格表

セレナe-POWERはエコカー減税の対象車なので、自動車税や自動車重量税が大幅に減税されます。
 
そもそもエコカー減税とは、燃費基準の達成度合いによって「自動車税は50%~70%の減税」「自動車重量税は25%~75%減税もしくは免税(100%減税)」が設定されています。
 
ただし、減税になるのは新車登録の翌年度分だけです。それ以降は適用されませんので注意してください。
 
だから新車登録時に支払う自動車税は減税されず、翌年度に支払う税額に対して減税が適用されます。
 
ちなみにセレナe-POWERの場合は、購入した翌年度の自動車税が75%減税となります。
 
つまり新車登録時の自動車税は34,500円ですが、翌年度は9,000円に減税され、3年目以降は34,500円になります。
 
また、セレナe-POWERの自動車重量税は100%減税となり、新車購入時と初回車検時の自動車重量税は支払わずに済みます。
 
自動車重量税は新車購入時に免税を受けた場合、初回車検時の自動車重量税も免税になるのでお得なんですよね~。

セレナe-POWER購入検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。


消費税増税後、むしろ【超】お得なセレナe-POWERが買えるのに…
 
ほとんどの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。

↓↓詳細はこちらから↓↓

セレナe-POWER限界まで値引きする裏ワザを見る

※私は68万円以上値引き出来ました。

セレナe-POWERとガソリン車の税金の違いを比較してみた

セレナe-power

セレナe-POWERとガソリン車の税金の違いを比較し、結果を下記の表にまとめてみました。

税金の比較

自動車税自動車重量税備考
セレナe-POWER34,500円(75%減税)
※翌年度は9,000円
0円
※免税
排気量:1,200cc
車両重量:1,730kg~1,760kg
セレナ(ガソリン車)39,500円
※減税なし
10,000円
※25%減税
排気量:2,000cc
車両重量:1,630kg~1,700kg

セレナe-POWERとガソリン車の税金の違いを比較すると、ガソリン車の方が納税額が高くなることがわかりますね。
 
セレナのガソリン車は自動車税の減税がないし、自動車重量税は25%しか減税されません。
 
一方でセレナe-POWERは自動車税が7%減税され、自動車重量税は100%免税されます。
 
セレナe-POWERを新車で購入すると、初年度の自動車税は34,500円かかりますが、翌年度は9,000円で済むと考えると、いかに税金が安いかわかりますね。

まとめ

セレナe-power

セレナe-POWERにかかる税金について、改めてまとめてみました。

  • セレナe-POWERの自動車税は毎年34,500円かかる
  • セレナe-POWERの自動車重量税は100%減免される
  • セレンe-POWERはエコカー減税対車

セレナe-POWERはエコカー減税対象車なので、自動車税と自動車重量税を大幅に節約できます。
 
特に自動車重量税は100%減税され、新車購入時と初回車検時は支払わずに済むのは大きいですね~。
 
また、セレナe-POWERは購入費用だけでなく、「税金」や「ガソリン代」「保険料」などの維持費もかかるので忘れずに!
 

セレナe-POWERの維持費の詳細はこちら


セレナe-POWERの維持費【年間いくら?】ライバル車と比較してみた

セレナe-POWER検討中のあなたへ

週末2日で
値引き交渉した結果・・・

「どうせ、安くならないでしょ?」と友達は鼻で笑った。
 
でも、実際に値引き交渉してみたら・・・!

↓↓続きはこちらから↓↓

セレナe-POWERの値引き体験談を見る

Copyright© ミニバンの教科書[2019年版] , 2019 All Rights Reserved.