セレナe-POWER【残クレ購入はお得?】メリット・デメリットまとめ

更新日:

セレナe-POWER残クレ購入はお得?

セレナe-POWERは高額な買い物になるため、現金一括で支払える人は少ないです。
 
「どうしてもセレナe-POWERに乗りたい!だけど予算オーバーだ…」と悩んでいるなら、残価設定クレジット(残クレ)で購入するという手があります。
 
残価設定クレジット、いわゆる「残クレ」は、車両の3年後または5年後の残存価格をあらかじめ設定しておき、その分を除いた額でローンを組む仕組みです。
 
もっとわかりやすく言えば、「先に下取りをするシステム」と言っても良いでしょう。
 
ローンの支払を終えた後は、「残存価格を支払って乗り続ける」か、「車を返却して新しい車を購入する」か、または「車だけ返却する」という方法が選べます。
 
残価設定クレジットは月々の支払額が減るため、セレナe-POWERに乗れる可能性が高くなります。
 
しかし、残価設定クレジットにはメリットだけでなくデメリットもあります。
 
そこで本記事では、セレナe-POWERの残価設定クレジット購入はお得なのか調査した結果をまとめてみました。

セレナe-POWER検討中のあなたへ

週末2日で
値引き交渉した結果・・・

「どうせ、安くならないでしょ?」と友達は鼻で笑った。
 
でも、実際に値引き交渉してみたら・・・!

↓↓続きはこちらから↓↓

セレナe-POWERの値引き体験談を見る

セレナe-POWERの残価設定型クレジットプランの特徴について

セレナe-POWERの残価設定クレジット

セレナe-POWERを販売している日産自動車では、残価設定クレジットとして2つのプラン(「日産テーガク5」と「NISSAN BIG VALUE CREDIT」)が用意されています。
 
それぞれ特徴があるので、詳しく解説していきます。

日産テーガク5は5年先の買取保証とメンテナンス費用が含まれている

日産テーガク5

日産テーガク5は、5年間の残価設定ローンを組むことができます。
 
また、残クレだけでなく「車検」や「オイル交換」などの基本料金が含まれた【メンテプロパック54】と、車の修理代が保証される【グッドプライス保険】がセットになっています。
 
つまり、5年先の買取保証がされていて、5年間のメンテナンス費用も含まれているお得な残価設定クレジットプランです。

NISSAN BIG VALUE CREDITは3年・4年・5年と残価設定期間が選べる

NISSAN BIG VALUE CREDIT

NISSAN BIG VALUE CREDITは、3年・4年・5年と残価設定期間が選べるプランです。
 
また、日産の残価設定型ローン独自の買取保証がついてきます。
 
ちなみに他社メーカーでも、数年先の残価を設定して、残価を差し引いた金額を月々支払うという形をとっていますね。
 

ホンダ(ステップワゴン)の残クレの詳細はこちら


ステップワゴン【残クレ1.9%はお得?】シミュレーションしてみた
 
 

トヨタ(ヴォクシー)の残クレの詳細はこちら


ヴォクシー残クレ購入【月々の支払いは?】シミュレーションしてみた
 
 

三菱自動車(新型デリカD:5)の残クレの詳細はこちら


新型デリカD:5【残クレ購入とは?】メリット・デメリットを解説
 

日産テーガク5とNISSAN BIG VALUE CREDITの比較

日産テーガク5 VS NISSAN BIG VALUE CREDIT

日産テーガク5とNISSAN BIG VALUE CREDITを比較した結果を下記の表にまとめてみました。

項 目日産テーガク 5
NISSAN BIG VALUE CREDIT
残価設定期間5年3年・4年・5年
ローン金利4.90%4.90%
車検費用(基本料金)含まれる含まれない
オイル交換費用含まれる含まれない
延長保証含まれる含まれない
買取保証含まれる含まれる

※時期によって特別金利キャンペーンの設定あり

日産の残価設定型クレジットのメリット・デメリット

メリット・デメリット

日産の残価設定型クレジットには「メリット」と「デメリット」がそれぞれあります。

メリット

残価保証がついてくる

日産の残価設定クレジットプランには「残価保証がついてくる」のが最大のメリットです。
 
トヨタやホンダの残価設定クレジットプランでは、残価が値上がりした場合でも、設定した残価でしか評価してもらえません。
 
日産は評価差額を新車の頭金としてみてくれるんですよね~。
 
どういうことかと言うと、
 
例えば、セレナe-POWERを200万円で残クレ購入するとき、設定した残価は50万円とします。
 
この場合、残クレで支払う金額は 200万円 - 50万円 = 150万円を契約期間で分割払いとなります。
 
そして、残クレの契約期間が終わった時に、残価が40万円まで値下がりした場合・・・。
 
本来なら200万円 - 40万円 =160万円、つまり10万円の追加払いが必要となります。
 
でも、日産の残クレは「残価保証」がついているため、このような場合でも追加支払いは必要ありません。
 
逆に残価が60万円に値上がった場合は、200万円 - 60万円 = 140万円となり、払いすぎた10万円は次の新車の頭金に充当してくれるのです。

日産テーガク5はメンテナンス費用が含まれている

日産テーガク5には「メンテプロパック54」と、新車購入から3年間は一般機器を無料で修理してくれる「グッドプライス保証」がついています。
 
メンテプロパック54とグッドプライス保証のサービス内容は下記のとおりです。

メンテプロパック54グットプラス保証
新車1ヶ月、6ヶ月無料点検ドアミラー
安心6ヶ月点検(4回)カーナビ
法定12ヶ月点検(3回)パワーウィンドウ
オイル交換(9回)エアコン
オイルエレメント交換(4回)オーディオ
車検(1回)

デメリット

事故や損傷で車が返却できなくなる

セレナe-POWERを残価設定クレジットプランで購入する際に、最大のデメリットとなるのが”事故”や”損傷”で返却できなくなってしまうこと。
 
たとえ大きな損傷がなかったとしても、免責基準が10万円以内(100点以内)、生産可能上限値が15万円以内でないと、追加料金が発生します。
 
つまり査定の減点が100点以内なら追加料金なしで返却できますが、100点を超えた場合は1点ごとに追加料金が発生するのです。
 
そして減点が150点を超えてしまうと返却できなくなるため、事故や損傷は厳禁です!

走行距離が超過すると追加支払いが生じる

最終的な走行距離がオーバーすると追加支払いが生じます。
 
例えば1kmの過走行で5円の精算が必要な場合は、走行距離が5,000kmオーバーすると25,000円(5,000km×5円)の追加支払いが必要です。
 
また、最終的な走行距離や、1kmあたりの生産額は車種ごとに異なるため、日産のディーラー営業マンに確認しましょう。

セレナe-POWER購入検討中の方へ

お願いです。セレナe-POWERを高く買わないでください。


消費税増税後、むしろ【超】お得なセレナe-POWERが買えるのに…
 
ほとんどの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。

↓↓詳細はこちらから↓↓

セレナe-POWER限界まで値引きする裏ワザを見る

※私は68万円以上値引き出来ました。

セレナe-POWERの残クレ購入はお得かシミュレーションしてみた

車とお金

セレナe-POWERの残クレ購入はお得なのか、通常のローンとシミュレーションで比較してみました。
 
シミュレーションするのは、人気グレードの「セレナe-POWER ハイウェイスター V」で、残価設定期間は3年と5年、頭金も同じで、金利も3.5%に統一してみました。

シミュレーション詳細

  • シミュレーション車両:日産セレナe-POWER ハイウェイスター Vグレード
  • 車両本体価格:3,404,160円
  • メーカーオプション:318,600円(セーフティパックBなど)
  • ディーラーオプション:433,563円(ナビ・ベーシックパックなど)
  • 諸費用:110,859円
  • 合計:4,342,532円

3年5年
残価設定クレジット購入の場合頭金:342,532円
金利:3.5%
初回支払額:76,346円
2回目以降:76,200円×34回
最終支払額:1,872,520円
クレジット支払額:4,539,666円
支払総額:4,882,196円
頭金:342,532円
金利:3.5%
初回支払額:60,349円
2回目以降:57,200円×58回
最終支払額:1,332,370円
クレジット支払総額:4,710,319円
支払総額:5,052,851円
ローン購入の場合頭金:342,532円
金利 :3.5%
初回支払額:123,645円
2回目以降:123,600円×35回
クレジット支払額:4,449,645円
支払総額:4,792,177円
頭金:342,532円
金利:3.5%
初回支払額:78,683円
2回目以降:76,700円×59回
クレジット支払額:4,603,983円
支払総額:4,946,515円

残価設定期間3年と通常ローン3年を比較すると、総支払額は通常ローンの方が9万円ほど安くなります。
 
通常ローンで3年後に新車に乗り替えを予定しているなら、頭金を含めた3年間の支払総額額が4,792,177円で、差額は1,782,499円(残価1,872,520)。
 
つまり、通常ローンの方が断然お得!!
 
残価設定クレジットプランでの購入は、総支払額ではなく、月々の支払いの安さだけということになります。

まとめ

セレナe-POWER

セレナe-POWERを残価設定クレジット(残クレ)で購入するメリットは、月々の支払い額を抑えられるだけ。
 
金額的なメリットは無いけど、通常ローンでは実現できないひとつ上のモデルに乗れる魅力的な仕組みです。
 
でも、残価設定クレジットプランでセレナe-POWERを購入するなら、3年後・5年後にまた新車に乗るとか、車を手放す予定がある方にしましょう。
 
単に月々の支払いが安くなるからという理由で残価設定クレジットプランを契約してしまうと、3年後・5年後にその付けが回ってきますよ。
 
まとめると、

  • セレナe-POWERに長く乗り続けたい方は「通常ローン」がおすすめ
  • 月々の支払額を抑えたい、数年後に乗り換えを予定している方は「残価設定クレジットプラン」がおすすめ

長距離ドライブする方や、子供が小さくて車内が汚れる可能性が高い方は、残価設定クレジットプランはおすすめできませんので注意しましょう。
 
残クレを使わずに安くセレナe-POWERに乗りたいなら、値引き交渉を頑張るしかありません!
 
しかし、セレナe-POWERの値引き幅って渋いから、値引き交渉にはちょっとしたコツがいります。
 
下記の記事にセレナe-POWERの「値引き情報」と「値引き交渉のコツ」をまとめてあるので、よろしければ合わせてお読みください。
 

セレナe-POWERの値引き情報はこちら


日産セレナe-POWER【値引き情報】2019年8月の限界相場

セレナe-POWER検討中のあなたへ

週末2日で
値引き交渉した結果・・・

「どうせ、安くならないでしょ?」と友達は鼻で笑った。
 
でも、実際に値引き交渉してみたら・・・!

↓↓続きはこちらから↓↓

セレナe-POWERの値引き体験談を見る

Copyright© ミニバンの教科書[2019年版] , 2019 All Rights Reserved.