引用:シエンタhttps://toyota.jp/sienta/  フリードhttps://www.honda.co.jp/FREED/ 以下同様

コンパクトカーでは少し小さいけど、アルファードなどのミニバンほどの大きさもいらないなと思う方にピッタリなトヨタシエンタホンダフリード。両車共に小さめなボディに3列シート、スライドドアを備えていて子育て世代にはピッタリな車ですが、似ている部分が多く、どちらが良いのか迷ってしまいます。そこで今回はシエンタとフリードを様々な角度から比較してどちらがオススメなのか検証してみたいと思います。

<スポンサーリンク>


ボディサイズ

まずは運転のしやすさに繋がるボディの大きさについて比較してみますが、実際にシエンタとフリードを数字で比較してみると、とても似ている車種だとわかります。高さこそフリードの方が高いですが、全長と全幅はほぼ同じ、小回りのしやすさを表す最小回転半径も全く同じです。

ではここで室内の広さも比較してみましょう。

シエンタもフリードも7人乗り仕様だとコンパクトなボディに3列シートのため、ラゲッジルームが狭くなってしまい、荷物がたくさん乗りません。

そこで今回シエンタがマイナーチェンジされ、5人乗り使用が追加されたことによって、フリード+(フリードの5人乗り仕様)と同等のラゲッジルームを確保することができるようになりました。

その5人乗り仕様のラゲッジルームを比較してみましょう。

シエンタの場合、ラゲッジルームの仕切り板を使うことで、ローデッキ仕様ハイデッキ仕様の2種類に切り替えることができます。

一方のフリードも同様に仕切り板を使い切り替えることができます。

ではお互いローデッキ仕様でのラゲッジルーム広さはどちらが広いのでしょうか?室内高さはフリードの方が高く、幅は同等(画像の幅はシエンタが室内幅、フリードが開口部幅)そして特筆すべきはフリードの開口部地上高の高さです。335mmとかなり低く抑えられていて、重い荷物を乗せる際にはかなり重宝しそうです。

高さにも勝り、開口部地上高も低いフリード+のラゲッジルームの方が優秀と言えそうです。

そしてもう1つフリードの良いところがシートアレンジの豊富さです。フリードはセカンドシートがそれぞれ独立シートになったキャプテンシートを選択することもできます。キャプテンシートにすると乗車定員は6名になってしまいますが、サードシートに室内からウォークスルーすることができるようになります。

サードシートにお子さんが座っていても、一度外へ出ることなくお子さんの元へ行くことができます。シエンタはセカンドシートが3人がけしか設定がないのでサードシートへは一度車外へ出なければ行けません。

両車共に助手席運転席からセカンドシートへはウォークスルーできるようになっています。

 

しかしシエンタも負けてはいません。

 

スライドドア部の床高さを330mmに抑えることによって優れた乗降性を実現しています。(フリードは390mm)実際に乗る部分の乗りやすさが荷物よりも大切と考える方もいると思います。

 

ここまでボディーサイズから室内空間を中心に比較してみましたが、フリードの方が僅差で優れているような気がしました。

 

サイズ勝負はフリードの勝ちといたします。

<スポンサーリンク>


 

動力性能

いくら乗り降りや荷物が乗せやすくてもシエンタやフリードは自動車です。自動車たる者、快適に走れなければ意味がありません。そこで動力性能を比較してみましょう。

 

シエンタにもフリードにもガソリン車とハイブリッド車が設定されているので、それぞれで比較してみたいと思います。

・ガソリン

・シエンタ

・フリード

エンジン性能を数値だけで見るとフリードのエンジンの方が出力やトルク共に優れた数値なので、よりパワーのあるエンジンと言えそうです。

両車ともに1500ccのエンジンですが、7人乗りのミニバンということを考えるともう少しパワーが欲しいところ。実際フル乗車での上り坂の加速ははシエンタでもフリードでもしんどいとの話もあります。

では、気になる燃費はどうでしょうか?

・シエンタ

・フリード

 

燃費の面ではシエンタに軍配が上がりそうですが、僅差ですので実際はほぼ同じといったところでしょう。

ガソリン車を比べてみましたが、動力性能の差の割には燃費の差はそこまで付いていない印象ですので、ガソリン車はフリードの方が良いと思われます。

・ハイブリッド

続いてハイブリッドはどうでしょうか?それぞれのハイブリッドのシステムが異なっているので、一概に動力性能を比較することは難しいです。そこでハイブリッド車といえば圧倒的な低燃費と言えるので、低燃費性能で比較してみることにします。

・シエンタ

・フリード

 

ここは流石ハイブリッドのパイオニアであるトヨタのシエンタに軍配が上がりました。

余談ですが、シエンタのハイブリッドシステムはアクアなどに搭載されているものと同じシステムで、元々は20系プリウスのハイブリッドシステムを改良した物です。ですのでシステムの信頼性は抜群で、故障は少ないと言えそうです。一方のフリードのハイブリッドシステムはフィットハイブリッドのシステムを改良した物で、このシステムはフィット時代に不具合が多く、あまり評判の良くなかったシステムになります。改良されてるとは思いますが、このイメージがある為、信頼性の面でもシエンタに軍配が上がりそうです。

ガソリン車はフリード、ハイブリッドはシエンタなので動力性能対決はドロー、引き分けということにします。

 

乗り心地

 

最終対決は家族を乗せるミニバンとしてもう1つ重要なポイント、乗り心地です。

 

一般的にミニバンは背が高いのでコーナリング時にふらつきやすくお世辞にも乗り心地が良いとは言えません。シエンタとフリードの場合はどうなのでしょうか。

 

シエンタとフリード、どちらにも乗ったことがあるので主観になりますが率直な感想を伝えますと、まずシエンタは静粛性に優れていると言えます。ミニバンはリヤタイヤハウスが室内にあるので、セダンに比べるとロードノイズなどが室内に侵入しやすく静粛性は劣りがちですが、シエンタはリヤのタイヤハウス内に特殊加工がしてあり音がかなり軽減されています。

一方のフリードは静粛性に関しては可もなく不可もなく”並”といった印象でした。

そして高速安定性。ここでもシエンタに軍配が上がります。理由としては、室内空間を生み出すためのフリードの全高の高さがアダとなり、やはり全高の低いシエンタの方が高速走行時の安定性は良かったです。

肝心の乗り心地ですが、段差を乗り越えた時の衝撃の緩和などはどちらも優れていて甲乙付け難い印象でした。

静粛性の高さが良かったシエンタの方が、総合的な乗り心地は良いと言えそうです。

まとめ

すべてを比較したわけではありませんが、3項目にポイントを押さえてシエンタとフリードを比較してみました。結果は1勝1敗1分けということで、ライバル車種らしくドローという結果に終わりました。

数字の面で現れない”デザイン性”など好み部分で選ぶのも良いのかもしれません。シエンタはボディーカラーも豊富でどちらかというと個性的、一方のフリードは大人な印象を私は受けます。

そして一番大切なのは実際に乗ってみることです。いくら色々な情報に目を通しても体で感じるものの方が何倍もインパクトがあるはずです。ぜひシエンタとフリードに実際に試乗して、お好みの1台を選らんでみてください。

<スポンサーリンク>