【ステップワゴン】ガソリンVSハイブリッド買うならどっちがお得?

更新日:

ステップワゴン

ステップワゴンは「ガソリン車」と「ハイブリッド」の2種類が設定されているから、どちらを買うべきか悩みますよね。

  • 長く乗る事を考えると新型ステップワゴンのハイブリッドを選択した方が満足度が高そう
  • 予算が限られているからハイブリッドにすると殆どオプション付けられない可能性がある
  • ガソリン車でオプション満載の方が満足度は高くなるんじゃないか・・・

 
価格面に関して言えば、ステップワゴンのガソリン車は値引き無しで400万近い状態だし、オプションを控えればステップワゴンのハイブリッドG・EXも買えてしまうんじゃないかと思うほど。
 
ステップワゴンのガソリン車とハイブリッド、どちらにするかお悩みなら、まずは何をハイブリッド車に求めているかです。
 
ガソリン代などの経済性なのか最新機能搭載の優越感なのか。
 
そこで本記事では、ステップワゴンの”ガソリン”と”ハイブリット”、買うならどっちがお得か比較した結果をお届けします。

ステップワゴン検討中のあなたへ

週末2日で
値引き交渉した結果・・・

「どうせ、安くならないでしょ?」と友達は鼻で笑った。
 
でも、実際に値引き交渉してみたら・・・!

↓↓続きはこちらから↓↓

ステップワゴンの値引き体験談を見る

ステップワゴン購入検討中の方へ

お願いです。ステップワゴンを高く買わないでください。


消費税増税後、むしろ【超】お得なステップワゴンが買えるのに…
 
ほとんどの人がをしている、その“盲点”とは?
 
あなたが見たことも聞いたこともない方法が、ここにあります。

↓↓詳細はこちらから↓↓

ステップワゴン限界まで値引きする裏ワザを見る

※私は68万円以上値引き出来ました。

ステップワゴンのガソリンとハイブリット迷ったときの判断基準

判断基準

ステップワゴンのガソリンとハイブリットで迷った時、一番の分かれ目はハイブリットに乗りたいかどうかです。
 
やはりハイブリッドの方が乗り心地も燃費も良いし、住宅街などの走行時の騒音もモーター走行だから気になりません。
 
また、ステップワゴンハイブリッドには渋滞追従ACCや電動パーキングブレーキも装備されているから、最新機能搭載の優越感を味わうことができます。
 
しかし、ハイブリットだからといって、ランニングコストでは元が取れません。
 
なぜなら、ハイブリットの電池は徐々に充電量が下がり、ジリジリと燃費が下がっていくからです。
 
ステップワゴンのハイブリットに乗れば乗るほど、ほぼ自動的に電池の状態が悪くなってしまいます。
 
つまりステップワゴンハイブリッドを購入しても、ガソリン代で元を取るのはほぼ不可能なので、それ以外の長所・短所をじっくり観察して決めるのが良いでしょう。

【迷ったときの判断基準】

  • 車両本体価格で選ぶ
  • ガソリン代などの経済性で選ぶ
  • 走行性能や乗り心地で選ぶ
  • ボディーカラーで選ぶ
  • 7人乗りか8人乗りかで選ぶ
  • リセールバリューで選ぶ

車両本体価格で選ぶ

車両本体価格

ステップワゴンのガソリンとハイブリットを選ぶ際に、車両本体価格も決め手の一つ。
 
【新型ステップワゴンの価格(標準車)】

  • Bホンダセンシング:2,455,920円~
  • Gホンダセンシング:2,661,120円~
  • G・EXホンダセンシング:2,862,000円~

 
【新型ステップワゴンの価格(SPADA)】

  • SPADAホンダセンシング:2,852,280円~
  • SPADA CoolSpritホンダセンシング:3,051,000円~

 
【新型ステップワゴン モデューロX(特別装備車)】

  • モデューロX ホンダセンシング:3,665,000円~

 
ステップワゴンのハイブリットモデルの価格帯は3,300,480円~3,559,680円なので、ガソリンモデルとの価格差は約85万円ほど。
 
ステップワゴンのラインナップは、ハイブリットモデルよりもガソリンエンジンの方が多くて価格も安いですね。
 
ハイブリットモデルの場合、エコカー減税などで約15万円減税メリットの恩恵があるので、実際の支払額差は若干縮まります。
 
ステップワゴンの自動車税とエコカー減税【どれくらい?】調べてみた
 
またステップワゴンのガソリンエンジン(B ホンダセンシング)には「わくわくゲート」が装備されていない商用車になるため、G以上のモデルを選ぶことになるでしょう。

ガソリン代などの経済性で選ぶ

ガソリンの給油

ステップワゴンのハイブリットは燃費性能に優れて経済的に乗れるイメージが強いですが、年間1万km程度の走行だとハイブリッドはコスパが悪いです。
 
【ステップワゴンのガソリン車とハイブリットの燃費(カタログ上)】

  • ステップワゴンハイブリットの燃費:25.0㎞/L
  • ステップワゴンガソリン車の燃費:17.0km.L

 
Mサイズミニバンのライバル車の燃費と比べても、ステップワゴンの燃費はトップクラス!
(トヨタ系ハイブリッド車は23.8km/L・1.5Lターボが16.0km/L)
 
またガソリンとハイブリットで燃費を比較すると8km/Lの差があります。
 
でも、新型ステップワゴンのガソリンエンジンは優秀なんですよね~。
 
ガソリン車に搭載されているエンジンは、1.5L VTECターボエンジンで小さくて低燃費。さらに静音性までプラス。
 
ホンダのダウンサイジングターボエンジンは、低トルクからパワーがあって低燃費を実現してくれています。
 
一方、実燃費はハイブリッドが16km/L~20km/Lくらい。ガソリン車は一般道で10km/L~12km/L、高速で15km/Lといったところ。
 
ステップワゴンのガソリンとハイブリットの実燃費差は6km/L~8km/Lとなります。
 
ガソリン代の差額を見積もると、ステップワゴンのガソリンとハイブリットではどちらがお得なのか計算してみました。

年間1万km走行で3年間乗った場合のガソリン代

ステップワゴン【ガソリン】の燃費を約12km/L、ステップワゴン【ハイブリット】の燃費を約18km/Lとします。

まず年間1万kmを走るのに必要なガソリン量は

  • ステップワゴン【ガソリン】:1万km÷12km/L=約833L
  • ステップワゴン【ハイブリット】:1万km÷18km/L=約556L

 
ガソリン代を1L=130円と仮定すると

  • ステップワゴン【ガソリン】:833L×130円=約10.8万円
  • ステップワゴン【ハイブリット】:556L×130円=約7.2万円

 
年間1万km走行で3年間乗ると

  • ステップワゴン【ガソリン】:約10.8万円×3年=32.5万円
  • ステップワゴン【ハイブリット】:約7.2万円×3年=21.7万円

 
ステップワゴンのガソリンとハイブリットの差額は10.8万円。
 
つまり、ガソリンとハイブリットの車両価格の差額85万円に全く届きません。
 
3年でステップワゴンを買い換えるなら、ガソリン車を選んだ方がお得です。

年間1万km走行で5年間乗った場合のガソリン代

同じように年間5万km走行で5年間乗った場合のガソリン代を計算してみました。
 
年間1万km走行で5年間乗ると

  • ステップワゴン【ガソリン】:約10.8万円×5年=54万円
  • ステップワゴン【ハイブリット】:約7.2万円×5年=36万円

 
ステップワゴンのガソリンとハイブリットの差額は18万円。
 
つまり、年間1万km走行では、5年乗っても車両価格の差額の元は取れないのです。
 
どのくらい乗れば元が取れるかと言うと、年間2万5千km走れば5年で元が取れます
 
もちろん、ガソリンの価格変動や車検、税金などのランニングコストがかかるので一概には言えません。

走行性能や乗り心地で選ぶ

インパネ周り

ステップワゴンのガソリンとハイブリットでは、ドライブフィールもかなり違います。
 
ガソリンエンジンはダウンサイジングターボの恩恵もあり、力強くてロールも少なく運転しやすいのが特徴的です。
 
乗り心地に関しての口コミ評判を見ると、ちょっと硬めの乗り心地だけどガソリンエンジンなのに静粛性が高く、後席との会話が楽にできるとか。
 
とはいえ、ステップワゴンのガソリンエンジンは1.5L+ターボで、ハイブリッド車に比べると分が悪いです。
 
でもライバル車の2.0Lガソリンエンジンと比べると、ステップワゴンのガソリンエンジンは低回転域でのトルクが大きいため、市街地走行などでは力強く感じます。
 
ただ、高回転域の最高出力はライバル車と同等程度といったところ。
 
一方、ステップワゴンのハイブリッドは、大きく重いハイブリッド用バッテリーがフロア下に設置されているため、低重心化とボディ剛性が上がり、より優れた乗り心地と優れた操縦安定性を得ています。
 
そしてハイブリッド車の最上級グレード【スパーダG・EX】には、ボディの振動や歪みを減衰させ、優れた乗り心地やハンドリング性能を引き出すパフォーマンスダンパーが標準装備されていいます。
 
よりスポーティーな味付けに変化させたスパーダG・EXは、ミニバンとは思えない気持ちの良い走りが表現されていますね。
 
静粛性、乗り心地、操縦安定性など走行性能面や乗り心地では、総じてガソリンエンジンよりもハイブリッドの方が上です。
 
どうしても乗りたい・・・!
 
だったら足りない分のお金をどうにかするしか方法はないですよね(笑)
 
これ以上安く手に入らないなら、発想をを変えればいいんです!
 
実は「うまくやる方法」があるんですよね。
詳しくはコチラ。
↓ ↓ ↓
\知らないと絶対に後悔する/


⇒新型ステップワゴンをついに購入!しかも人より63万円も安く買えた理由がスゴイ
※230万人が利用した購入前必須のカンタン値引き方法!

ボディーカラーで選ぶ

ボディーカラー

ステップワゴンのボディーカラーは全部で11色あります。
 
ガソリンとハイブリットで選べる色に違いがあるため、その辺も加味して選んでみましょう。
 
ステップワゴンの人気色については、下記の記事に詳しくまとめてあります。
 
ステップワゴン人気色ランキング【色番号あり】ボディーカラーを紹介

7人乗りか8人乗りかで選ぶ

ステップワゴンの車内

家族構成を考えて、ステップワゴンは7人乗りが良いのか、8人乗りが良いのか選びましょう。
 
ちなみにステップワゴンのハイブリットには8人乗りがありません。
 
一人でも多く乗れる8人乗りにしないと、ミニバンを選んだ意味が無いと思っている人は、ステップワゴンのガソリン車を選んだ方が良いでしょう。
 
ステップワゴン7人乗りと8人乗り【どっちを選ぶ?】使い勝手を比較

リセールバリューで選ぶ

リセールバリュー

ステップワゴンのガソリンとハイブリットどちらにするか「リセールバリュー」も考慮した方が良いでしょう。
 
もし3年後、5年後にステップワゴンのハイブリットを売却をするのであれば、リセールバリューに期待できるかもしれませんよ。
 
実際に5年落ちの車で比較すると、距離や状態にもよりますが30万~70万ほどハイブリッドが高く下取りされています。
 
10年乗っちゃうとガソリンとハイブリットの価格差がなくなるかもしれませんが、2回目の車検の時に乗り換えたいと思う可能性もあるなら、「リセール」の違いは考慮した方が良いでしょう。
 
逆に乗り潰すのであれば、リセールバリューは関係なくなります。
 
新型ステップワゴンの人気グレード【おすすめはどれ?】調査してみた

【まとめ】ガソリンとハイブリットそれぞれの長所と短所をじっくり観察してから購入しよう

ステップワゴンのガソリンとハイブリットには、それぞれの長所と短所があるので、じっくり悩み抜いてから購入した方が後悔しません。
 
一見するとハイブリットモデルは経済性やランニングコストが安くなりそうに思えますが、ガソリン車の燃費の差を計算してみると、車両価格の差額には届きません。
 
そしてハイブリッド車はガソリン車よりも多くの部品を搭載(i-MMDなど)しているのため、その分故障のリスクが高くなることも頭に入れておきましょう。
 
また、ステップワゴンのハイブリットに装備されている「渋滞追従ACC」や「電動パーキング」は、正直付いてたら嬉しいですが無くても困るものではないです。
 
金額をメインで考えるなら、ステップワゴンのガソリン車で十分だと思いますよ。
 
とはいえ、悩んでる間が楽しいので、ガソリンにするかハイブリットにするか、ゆっくり考えて下さいね。

ステップワゴン検討中のあなたへ

週末2日で
値引き交渉した結果・・・

「どうせ、安くならないでしょ?」と友達は鼻で笑った。
 
でも、実際に値引き交渉してみたら・・・!

↓↓続きはこちらから↓↓

ステップワゴンの値引き体験談を見る

Copyright© ミニバンの教科書[2019年版] , 2019 All Rights Reserved.