「サバイバル・ウェディング」の第8話のあらすじとネタバレ紹介。

元彼から婚約破棄された黒木さやかは新しい職場の上司から、半年以内に新しい恋を見つけて結婚することを条件に編集部で働くことに…

イケメン王子と順調に距離を縮めるさやかだが、果たして、結婚することが出来るのか?!気になる第8話はこちらから。

<スポンサーリンク> //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

「サバイバル・ウェディング」の第8話のあらすじ(前半)

イケメン王子の心が読めない黒木さやか(波留)は、編集長の宇佐美博人(伊勢谷友介)に助けを求める。だが、そこには、なぜかさやかの母、黒木美恵子(財前直見)がいるのだった。

 

一方、イケメン王子、柏木祐一(吉沢亮)は自宅を訪ねていた。父の柏木惣一(生瀬勝久)に話があるという祐一に、不安な表情の母、柏木小百合(羽田美智子)なのだった。

 

忙しいと連絡をしてこないさやかに対し、美恵子はrizの特集がさやかの事だと気付き、急いで駆けつけたという。

ところが、さやかの仕事に対して、感動する美恵子。宇佐美がさやかのコラムを評価を美恵子にアピールしたおかげで、美恵子はさやかの仕事に対して好印象を抱いていたのだった。ただ、結婚に対し不安をもつ美恵子に、宇佐美は、大丈夫だと言い切る。

美恵子は編集部のみんなにもパワフルに挨拶をして去って行く。宇佐美は、そんな美恵子のパワフルさが、優一の父、惣一とも渡り合えるのではないかという。

 

実家を訪ねていた祐一。惣一は「だめだ、話にならん。お前はな、俺のいう通りにしていればいいんだ」と言い、小百合の言うことも聞かず、出かけて行く惣一。小百合は祐一の肩を優しく叩き、惣一のあとを追う。

 

上機嫌な宇佐美は、rizの海外展開の決定に、軌道に乗れば、代表取締役を任されるかもしれないと浮かれているのだった。編集長でなくなるのならば、結婚企画をやめてもいいですかと言うさやかに、宇佐美はだめだという。

半年で結婚すると言う契約で入ったのだから、守らなければ契約違反になると言う宇佐美。

 

あと、1ヶ月で結婚なんて無理だというさやかに、宇佐美は、次期代表取締役が相談にのってやる、という。祐一の気持ちがイマイチわからないという」さやかに、今すぐ確認しろ、という宇佐美。しかし、さやかは自分から選択を迫って彼を失いたくないし、告白は男の口から聞きたいという。

一緒にいるうちに付き合ったり、結婚したりすることがあるというさやかに対し、宇佐美は、お前には時間がないと告げる。

30代に突入して余裕が出てきたというさやかに、宇佐美は、これからのことを考えると、もしダメなら次を探せという。「確認してダメなら次を探せなんて極端すぎますよ」というさやか。

そこへ、ベルナール・アルノーを例に出し、目的に忠実になり、不要なものは切り捨てろ、という宇佐美。欲しいものを手に入れたいなら、周りの評価やプライドをかなぐり捨てて行動しろという。宇佐美はさやかに「貪欲になれ」という。

 

さやかの家に泊まる美恵子は、さやかの恋に興味津々。そんな中、テレビに柏木惣一が映っていた。「最近この人ようでとるねぇ。柏木コーポレーションって何やっとう人なんやろねぇ」という美恵子。さぁ、とテレビを消すさやかに、結婚を急かす美恵子。

そんな美恵子に対し、せっかくの東京で行きたいところや趣味はないのかと聞くさやかに、「何もなか。ずっとパートと家の往復やったからね」という母に、さやかは、婚約破棄のことを黙っていたことを謝る。次は決めんとね、という美恵子なのだった。

 

次の日、編集部では、同僚の奥園千恵理(ブルゾンちえみ)が、お互い勇気を出して気持ちを確かめよう、さやかに言い、圧倒されながらうなづくさやか。

そんな中、デートの約束をしていた祐一が、「仕事で近くまできたから、迎えにきちゃった」とさやかを迎えにくる。そんな言葉にキュンキュンしながら、食事へ向かう二人。

そこで、祐一に関係を確かめようとするさやかだが、タイミング悪く、美恵子からメッセージが届く。帰り道、さやかを送り届けたところで、みりんを買いに現れた美恵子が現れ、祐一を家へ連れて行くのだった。

美恵子の作った筑前煮を食べる祐一に、色々質問をする美恵子。

「祐一くんみたいな子が、さやかと一緒になってくれたらいいのにねぇ」と言い、祐一に筑前煮を持って変えるように強引に勧める美恵子。さやかは迷惑だと止めに入り、筑前煮を床に落としてしまう。

「それもそやんね、ごめんね。こんな田舎料理…」と筑前煮を拾う美恵子。美恵子と一緒に片付ける祐一を見つめるさやか。さやかの家を出た祐一は心配そうに振り返るのだった。

美恵子は「さやか、お母さん、明日帰るけん」と荷物をまとめていた。

 

川村製薬での打ち合わせで、元気のないさやかを見つめる祐一。その様子をあやしげに見ている、川村製薬広報部、栗原美里(奈緒)だった。

 

美恵子は、昨日の筑前煮がこぼれてしまった場所を見つめ、さやかの部屋を後にする。

 

「昨日はみっともないとこ見せちゃってごめんなさい」と謝るさやか。「よかったらまた3人で食事しない?」という祐一に、今日美恵子が帰省することを伝えるさやか。そこへ美里がランチに行こうと言い出し、みんなで社食へ行くことになる。

そこで、祐一とさやかの仲を怪しむ美里は、こっそりとさやかに、さやかと祐一の関係を問い詰める。こっちが聞きたいぐらいだよ、とさやかは心の中でつぶやくのだった。

 

「サバイバルウェディング」の第8話のあらすじ(後半)

ラーメン屋に入ってきた元彼氏の石橋和也(風間俊介)は、そこで偶然美恵子と鉢合わせる。美恵子に対し、深く頭を下げる和也。

 

社員食堂で、食事をしていたさやかに、和也から、美恵子にあったとメッセージが届く。和也に電話をし、美恵子の様子を聞くさやか。最初は、和也に対し怒っていた美恵子だが、さやかのコラムを読み、和也から大事なことを気づかせてもらったと感謝したという。

そして、和也を笑顔で励ましてくれたと聞いたさやか。美恵子は、さやかの書いた記事を大事そうにスクラップし、東京にきた時に少しずつお店を回るのが楽しみだと言っていたという。

 

「何もないって言っていたくせに」とつぶやくさやか。祐一と二人で帰りながら、さやかは、美恵子との会話を思い出していた。祐一は、みっともないところを見せちゃったと言ったさやかに対し、自分はとても羨ましかったという。

「あんなに笑いあって家族でご飯食べたの最後いつだっけなぁって。さやかといる時のお母さん、めちゃくちゃ幸せそうだったよ。家族っていいなぁって思った」という祐一の言葉に、私行ってくる、と美恵子の元へ急ぐさやか。

さやかは思い出していた。離婚したときも、パートを掛け持ちして疲れているときも、上京するときも、いつも笑顔でいてくれた美恵子に、ちゃんと謝ってちゃんと笑顔で帰って欲しいと走るさやかだった。

 

空港へ着いたさやかの目の前には、美恵子と宇佐美の姿があった。驚くさやかに、最後に編集部へ挨拶に行った美恵子を宇佐美が空港まで送ってくれたのだという。

搭乗の時間が迫る中、謝るさやかに、自分が離婚したことで、さやかが結婚なんかしたくないっていう日がくるのではないかと心配していたという。

辛いこともあったけど、その何倍も楽しかったという美恵子。「こんな可愛い娘がおるんやもん。幸せやったに決まっとろうもん」という美恵子に、私幸せになる、結婚してもしなくても絶対に後悔しない、と告げるさやか。宇佐美はそのやりとりを聞いていた。

娘をお願いしますという美恵子に、祐一が柏木コーポレーションの息子だと明かす宇佐美。

驚き慌てる美恵子に、宇佐美は、余裕です、といい、ココシャネルを例に出し「生まれや家柄なんか気にせず欲しいものに貪欲になれ」という宇佐美は、卑屈になってると一生幸せになんかなれないからな、といい、頷く美恵子とさやか。

美恵子は無事に、福岡へと帰って行くのだった。

 

バークリフでは、さやかと同僚の三浦多香子(高橋メアリージュン)と杉優子(須藤理彩)が飲んでいた。マスター(荒川良々)から、祐一の気持ちを確かめたのかと聞かれたさやかは、来週のデートで確かめるという。緊張するというさやかに対し、そんなに好きになってたんだね、という多香子。

出会った頃からを思い出し、緊張しているさやかに対し、大丈夫と励ます優子。まずは確かめよう、全てはそこから始まるというマスター。自分も運命的な出会いがあってもしかしたら…というマスターの言葉に「確かめたっていいことないわよ」と叫ぶ千恵理の姿があった。

 

カウンターで顔を埋めながら泣いている千恵理。涙で崩れたメイクのまま泣き続ける千恵理は「りょうにゃんに振られた」と再び涙に暮れるのだった。

 

さやかは祐一と車で海に向かっていた。宇佐美の助言により、「困ったら海に行け」という言葉から海に向かっていたのだった。俺も遠くに行きたい気分だったから、という祐一。

海に着いた二人。祐一の車の鍵についているキーホルダーについて尋ねるさやか。

子供の頃住んでいたインドから日本に帰る時に友達からもらったのだという。インドの人たちは、日本よりはるかに恵まれない環境にいるのに、とにかく前向きで、心配したってしょうがないと考えるのだという。

このキーホルダーを見ると、悩んでいた時に、そんな無駄なことするな、と励まされた時のことを思い出すのだという。さやかと一緒に行けたらな、とつぶやく祐一の言葉に、さやかの中で幸せな妄想が広がる中、宇佐美が妄想に現れ、我に返るさやかだった。

 

家具を見ながら、自然と手を握る二人。今なら聞けると確信するさやか。いい雰囲気の中「私たち、付き合ってるのかな?」と尋ねるさやかに、急に顔色が変わった祐一に対し、さやかは過去に和也に疎ましく感じさせてしまった自分を思い出すのだった。

その時、祐一に手を握られ「俺についてきてほしい」と告げられるさやか。祐一は、一緒にインドに行って欲しいという。いつかはやらなきゃだめだって思っていたが逃げていたという。必ず幸せにします、という祐一に、それって、というさやか。

座っていたテーブルから立ち上がり、好きです、と指輪を取り出す祐一。「僕と結婚してください」という祐一のプロポーズに「はい」と答えるさやか。

 

手を繋ぎながら海辺を歩く二人。ずっとさやかのことが好きだったという祐一は、インドにさやかを連れて行くわけにはいかないと、気持ちをしまいこんでいたのだという。

しかし、祐一は、同じ時間を過ごして行く中で、一緒にやっていきたいという気持ちが抑えきれなくなったのだという。

「私も、祐一が、その…あの…すごく、好き」というさやか。祐一がキスをしようとした瞬間、波が足にかかり、笑い合う二人。そして、夕日の中、二人はキスをする。

 

バークリフでは宇佐美と柏木の父、惣一がいた。ここはひとつよろしくお願いします、と頭を下げる宇佐美に対しそんな簡単じゃないんだよ、今回の話はという惣一。

 

夕日の中、キスをする幸せな二人はどうなるのか。

<スポンサーリンク> //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

サバイバルウェディングを見逃してしまった!動画配信はどこだ!

毎回ドキドキワクワクの 「サバイバルウェディング」なんですが、 毎週決まった時間に見るのって難しくないですか? 見逃した! もしくは、用事があって見れなかった~ DVD取るの忘れた。 途中から見たら面白い。以前の放送内容知りたい。 そんな思いでネット探してこの記事に来た人もいるでしょう。 そんな方へお勧めのサービスが2つあります。 日テレ無料オンデマンドはこちら ↓ 日テレ無料オンデマンド スマホやタブレットをお使いの方は番組選択後 日テレ無料TADA!というアプリが 立ち上がるかと思います。 そちらをインストールすれば無料で見る事ができます。 こちらはテレビ放送後、1週間放送しております。 逆にいうと放送後1週間しかみれません。 放送された最新話しかみれないんです。 では、もっと以前の放送見たい時はどうすればいいでしょうか? そんな時にお勧めなのが2つ目のサービス! こちらのサービス。 huluです。 ↓ huluはテレビなどでもCMをやっているので ご存知の方も多いかもしれません。 パソコンやスマホ、タブレットで動画を楽しめるサービスです。 え、ただHuluって有料のサービスじゃないの? と思う方もいるでしょう。 現在、Huluでは2週間のお試しキャンペーンを やっており、登録は無料でできます。 そしてHuluだと全ての作品が無料で視聴できます。 huluだとTBSオンデマンドとは違い 1週間過ぎても過去配信を見る事ができます。 以前の「サバイバルウェディング」を視聴する事ができるのです。 是非、一度試しに使ってみては如何でしょうか? Huluには他にも面白いコンテンツがいっぱいあります。 是非、そちらも試してみてはいかがでしょうか? そして試した結果、もしお気に入りの動画が サバイバルウェディング以外になければ 2週間以内に解約すればお金はかかりません。 無料で今までのサバイバルウェディングを 視聴する事ができるのです。 またHuluは携帯キャリア決済に対応しております。 ですのでドコモ、au、ソフトバンクの携帯を使っていれば クレジットカードなくても登録できてしまいます。 ですので、お気軽に試す事ができるかと思いますよ。 是非、「サバイバルウェディング」を見逃してしまった! 「サバイバルウェディング」の過去の放送がみたい! そんな方は是非、Huluを使ってみては如何でしょうか? huluはこちら ↓

 

「サバイバル・ウェディング」の第8話の感想

今回のサバイバル・ウェディング第8話は、さやかの母との関係がとても心に響きましたね。シングルマザーでパートを掛け持ちしながら、さやかを育ててきて、上京して行くさやかを見送り、結婚すると言っていたのにまさかの婚約解消になるなんて。

さやかもさやかで母に心配かけたくなかったんだろうな。和也とのことを伝えられないままきてしまったところに、そんな思いも感じましたね。でも、母はコラムを見て全てを知っていたという。

特別なことは望まない母と、特別なことをしてあげたい娘の感情がリアルに感じましたね。

母が、娘に隠れて娘の記事を残していて、少しづつ回って行くのが楽しみだというところで泣いちゃいましたが、母ってそうなんだと思います。また、娘も後にならないとありがたさには気づけないことも良くあるんですよね。

でも、さやかと美恵子は本当に素敵な親子でしたね。無性に、筑前煮が食べたくなりました。

そして、やっとここへきて、さやかと祐一の関係にもかなりの進展がありました。付き合うを通り越してのプロポーズでしたね。いや、よかったと喜びたいのは山々なんですが、祐一の家族のことはまだ解決していないので、来週最終回で全てが本当に最後ですね。

何やら宇佐美と話をしていた惣一。もう最終回が気になって仕方ないです!!

 

「サバイバル・ウェディング」の予想と今後の展開について

まずは、祐一からプロポーズを受けたさやかが、インドについて行くのか。まぁ、プロポーズを受けるということはついていく前提の話ですよね。

せっかくrizでのコラムでの評価もあって、仕事にやりがいも芽生え始めたさやかは、それを捨てインドについて行くのでしょうか。

そして、何より一番の問題となっている、祐一の父、惣一との関係ですね。とある決意を伝えた祐一は、惣一に、だめだと断られていましたが、それが、今回のインドのことなのか。そんな状態で、結婚をしたいという報告が出来るのか?

また、8話の最後に出てきた、宇佐美と惣一の会話がとても気になります。宇佐美がブランドの海外展開をし、軌道に乗れば代表取締役になれると言っていた話に関係があるのでしょうか。それとも、祐一に関係した話なのでしょうか。

この辺りも、最終回に大きく関係してきそうですね。

個人的には、宇佐美とさやかの関係が終わってしまうのは非常にさみしいですね。あのやりとりが聞けなくなってしまうのも寂しいです。

そして、祐一を狙っていた栗原美里も最終回にはどんな感じで登場するのかもぜひ、見どころですよね。いいキャラだったので、最後まであのキャラで行くのかも気になるところです。

とても、個性的なキャラクターがたくさんいて、でも、まとまっていたサバイバル・ウェディングが、最後に、どんな結末を迎えるのか、来週まで楽しみに待ちたいと思います。

<スポンサーリンク> //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});