先週の台風12号に引き続き、今週も台風13号が襲来!

夏休みの予定や帰省に影響は?

台風に備えて注意すべきことをもう1度確認してみましょう。

 

<スポンサーリンク>


 

台風13号の現在地を確認

雨の駅前

台風13号は今どこにいるのか

ニュースを見れば大体の情報は入ってきますが、簡単に現在の情報を整理しておきます。

7日(火)21時、気象庁の発表によると台風13号は強い勢力のまま、八丈島の東南東、約330㎞の海上を時速20㎞の速さで北西の方向に進んでいるようです。

中心付近の最大風速は35m/s、最大瞬間風速は50m/s。

天気図をみても、中心部の目がしっかりしているのが分かりますので、それだけで怖さを感じます。

この後8日(水)の午後には伊豆諸島に接近、9日(木)明け方に茨城県にかなり接近する予想です。

なので関東では台風が接近する8日(水)の夕方から9日(木)の明け方が雨、風ともにピークになりそうです。

台風の進路は若干変わり、だいぶ東よりになりましたが、油断は禁物です。

特に千葉県や茨城県の沿岸部には台風の活発な雨雲がかかる可能性があり、その場合雨量も多くなりそうです。

9日(木)18時までの24時間に予想される雨量は、多いところで300ミリから400ミリの見込みです。

関東地方ではすでに大気が不安定で、数日前から雨が降り続き、所々で激しい雨も降っていますので、降り始めからの総雨量を考えるとかなり注意が必要です。

台風13号の特徴と言われているのが、スピードが遅いことです。

台風が進路を変えるとき、どうしてもスピードが落ちるということで、今後も雨・風が長引くと見られています。

最新情報を入手し、土砂災害や土地の浸水、河川の氾濫に注意してください。

最新情報は気象庁のホームページで確認できます。

https://www.jma.go.jp/jma/index.html

台風13号と2年前の台風7号

今回の台風13号は2年前(2016年)の台風7号と似ていると言われています。

何が似ているかというと、スピードが遅いことです。

では、そのときの様子はどうだったのでしょうか。

コースとしても似たような入り方で関東地方に接近し、そのとき上陸はしませんでした。

しかし、千葉県と茨城県を中心に大雨となり、茨城の土浦では1時間に65.5ミリの雨を観測し、観測史上1位の記録を更新しました。

また、その後台風一過で晴れ、群馬県の館林では39.6℃を観測するなど、内陸部を中心に猛暑日となりました。

この台風は関東には上陸しなかったものの、その後東北沖を進み、北海道に上陸。

北海道で大雨を降らせ、暴風も記録的なものとなり各地で観測史上1位となる強さを観測します。

関東地方では2年前の台風と同じような状態になることが予想されます。

台風13号はいつ空けるか。その後の天気は?

 

雲と天使の階段

台風13号が空けるのは?

今のところの予想では9日(木)21時には石巻市の南南東約80kmに達する見込みなので、関東地方でも10日(金)には天気が回復しそうです。

台風自体も、温帯低気圧に変わり、日本の東に進み日本から離れていくようです。

ただし、台風が去っても海などは時化ている可能性がありますし、河川は増水しているところもあるかと思います。

レジャーなどでお出かけの際は十分にお気を付け下さい。

台風13号その後の天気

関東地方では7日(火)頃から過ごしやすい気温が続いています。

雨もあり、体感的には涼しいと感じるくらいです。

よく昔のことばで「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、このまま暑さは和らいでいくのでしょうか。

残念ながら、そうはいかないみたいです。

東京の週間予報を確認してみると、台風が空ける10日(金)には晴れ間が戻るのと同時に、最高気温35℃の予想になっています。

その後の週末も猛暑日まではいかなくとも、30℃以上の予想が出ています。

また暑さが戻ってきますので、寒暖差による体調の不調が心配です。

体調管理には十分にお気をつけ下さい。

台風への注意

災害備品

先週の台風12号でも、ホテルの窓ガラスが割れたり、海の家が崩壊してしまったりと各地で大きな被害がありました。

ウチは大丈夫だろう、という油断は禁物です。

いつ、どこで、何があるかわからないのが災害の恐ろしさです。

備えていて損することはありませんので、台風13号の接近前にもう1度災害に備えた対策を見直しておきましょう。

特別警報・警報・注意報

聞いたことあるけれど、なんとなくしか理解していないところもある言葉ではないでしょうか。

「特別警報」は、「警報」の発表基準をはるかに超える、数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表し、対象地域の住民の方々に対して最大級の警戒を呼びかけるものです

「警報」は重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報、「注意報」は災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報と定められています。

どんな情報が出ているか、しっかり把握し、常に備えておくことが大切です。

台風の接近前やっておくこと(台風接近1~2日前)

排水溝の点検・掃除

道路の排水溝が詰まっていて、上手く雨水が流れていかないと道路や自宅周辺に雨水が溜まり、余計な被害を被ります。

またベランダの排水溝や雨どいも見落とされがちですが、落ち葉などが詰まっていた場合、2階部分の浸水や屋根裏への浸水の原因となりますので、掃除は大変ですが確認しておくとよいかと思います。

屋根・外壁・塀の点検

雨漏りの心配はないか確認しておきます。

また飛びそうな屋根材はないかも確認し、危ない場合は補強しておきます。

屋根材が飛び、自分が被害にあうだけでなく、他人に迷惑をかけてしまうことがないようにします。

屋根材が飛んだ場合、怪我だけでは済まないことをきちんと意識しておきましょう。

外壁にひび割れがないことや、塀が倒れそうでないかも確認して、不備があった場合は必ず補強をしておきます。

土嚢の準備

低い土地や川沿いに住んでいる場合には準備しておくと安心です。

土嚢は浸水をせき止めたり、浸水の時間を遅らせることができる可能性があります。

土嚢を手に入れるには、都道府県や市町村に問い合わせてみてください。

地域によっては消防署などに準備されており、取りに行けば無料で提供してくれるところもあります。

土嚢が準備できない場合には、家庭で手軽に作れる水嚢もおすすめです。

ごみ袋があれば作ることができ、ネットでも作り方などが紹介されていますので参考にしてみてください。

家族会議

もし何かあった場合の緊急連絡手段や落ち合う場所などを決めておきます。

ハザードマップの入手

各市区町村で入手することができますので、これを機に1つ用意しておきましょう。

自宅だけでなく、会社のある場所のハザードマップも準備しておくといいです。

その他

外に出している自転車や鉢植え、物干し竿などは倒れたり、飛ばされないように縛って固定したり、屋内にしまったりなどの対策をしておきます。

また、窓にテープを貼っておくと補強になります。

カーテンを閉めておくだけでも、風で飛んできたものが窓ガラスに何かあたってしまっても飛び散らず安全です。

そろそろやっておくこと(台風接近半日~1日前)

懐中電灯・ラジオなどの準備

台風が通過するときに停電になることも考えられます。
懐中電灯やろうそくなど、明かりを確保できるものを準備します。
また、情報収集のためのラジオがあると、停電時は便利です。
携帯電話でも情報収集はできますが、バッテリーの心配もありますので、モバイルバッテリーなどを用意しておくと安心です。
余分に電池を用意しておくなどすると、さらに安心感は増します。
また、もし自宅のトイレが下の階にしかない場合には、上の階に避難した場合にも使用できる簡易トイレを用意します。

食料の用意

<スポンサーリンク>


雨風が強いときに買い物に出るのは危険です。

また、買い物に行けなくなるという非常事態が起こるかもしれません。

そのことを考慮に入れて早めに買い物に行き、数日分の飲み物や食料を用意しておきます。

ただし、停電が起こる可能性もありますので、冷蔵庫や炊飯器、IHなどが使えない可能性があることも考えて食料は準備します。

常温でも日持ちするようなパンや缶詰などがおすすめです。

ガスコンロがあればカップラーメンなど、お湯を注ぐだけで食べられるものもおすすめです。

家財道具の移動

家財道具は火災保険特約などで保険をかけることができますが、加入しているでしょうか。

保険が利くから浸水で濡れてもいいとはならないとは思いますが、万が一に備えている方は安心です。

水に濡れて困るような高価な家財道具は、浸水で被害に合わないように高い場所に移動させたり、上の階に移したりしておきます。

個人的には思い出のもの(アルバムなど)も、もし1階などに置いている場合は、浸水しない場所に移動させておきます。

車の対策・移動

車をどこに停めているかによって対策は変わってきますが、屋外に停めている人は洪水や浸水だけでなく、風にも備えておく必要があります。

できれば屋内の駐車場に移動できると安心です。

しかし地下駐車場は水没する可能性もありますので、避けたほうがよさそうです。

また車の保険証書等は車のダッシュボードにしまっている人も多いかと思いますので、保管場所の変更やコピーを取っておくことも検討します。

台風接近!

避難勧告が出たら速やかに行動

避難勧告が出たら速やかに戸締りをし、貴重品のみを身に付けて避難を開始します。

できればご近所の方に声をかけ、できるだけ一緒に、複数人で避難をします。

車はできるだけ使用せず、徒歩で避難所に向かいます。

渋滞が起き、身動きがとれなくなる可能性や、緊急車両の動きを妨げる可能性があるからです。

長靴は使用せず、運動靴などを履いていきます。

長靴は中に水が入ると重くなり、歩きにくくなります。

夏場の現在もしかしたら、サンダルなどを常に履いている人もいるかもしれませんが、冠水してしまった道路などではどんなものが落ちているか分からず危険です。

地下にいる場合は注意

地下鉄や地下街、地下駐車場には浸水の恐れがあります。

一気に雨水が流れ込んでくることもありますので、十分注意し、必要がなければ近づかないようにしてください。

台風通過中

外へ出ない

基本的なことですが、絶対にやめてください。

川の増水が気になったり、外の様子が気になっても危険ですので絶対に見に行かないでください。

また、無理に避難しないことも重要です。

冠水や浸水してしまったときは、慌てず、上の階に避難します。

水深が腰の高さまである場合、歩くことは困難です。

股上までを目安とし、それ以上あるときは安全な場所を確保し、救助を待ちます。

エレベーターを使わない

停電や浸水によって停止してしまうことも予想されるので、台風通過中は使用を控えたほうが良さそうです。

台風13号に関するまとめ

青空と雲

台風が関東地本に接近するのは、8日(水)から9日(金)

特に8日(水)夜から9日(金)朝は特に注意は必要

台風が空けるのは10日(金)で、晴れて気温も上がる

その後も暑い日が戻ってくる

夏休みや帰省によって移動する人も多いと思います。

しかし、無理な移動は禁物です。

公共交通機関では運休や遅延なども予想されますので、お出かけの際には事前に台風の現在地と進路予想、交通機関の運行情報の確認などをして、余裕を持った行動をしてください。

また、慣れない土地に旅行などでお出かけされる方は、事前に安全のために危険な場所はないかなどチェックすることも必要です。

そしてもし何かあった場合には、必ず現地の方の指示や避難勧告には従ってください。

台風の動きは、情報が更新されるごとに微妙に違ってきます。

台風の進路地域が変わったり、ピークの時間帯が変わったりすることがありますので、細目にチェックしてください。

大切なのは何といっても命です。

台風のたびに洪水や土砂災害で犠牲になる方は後を絶ちません。

常に危険であることを意識した早め早めの行動と準備を心がけましょう。

 

また気象庁が7日(火)午後3時、日本の南海上に台風13号とは別の熱帯低気圧があり、これが24時間以内に台風へ発達するという情報が発表されました。

まだ気象庁から詳細な進路予想はでていませんが、北上する可能性が高いと見られています。

ちなみに、アメリカの米軍合同台風警報センター(JTWC)の予想では週末にかけて、西日本へ向けて北上する予想となっています。

西日本では先週台風12号が上陸したばかりですし、約1か月前に起きた西日本豪雨(平成30年7月豪雨)でも大きな被害があったばかりです。

台風13号が空けても、まだまだ油断はできそうにありません。

<スポンサーリンク>