「ハゲタカ」の第6話のあらすじ。ネタバレで紹介。

バブル崩壊後の大手企業などを次々と買収していくサクセスストーリー。

どんな手を使ってでも、手に入れると決めたら手に入れる。そんな鷲津率いるサムライファンドが、いよいよ、ファインTDと本気の戦いが始まる。果てして、どちらが最後に笑うのか。

気になる「ハゲタカ」第6話はこちらから。
<スポンサーリンク>



 

「ハゲタカ」の第6話のあらすじ(前半)

サムライファンドの鷲津政彦(綾野剛)は、あけぼのに対し、TOBを行うことを発表した。

とある料亭に呼び出された鷲津。扉を開けると、そこにはファインTDの滝本誠一郎(高嶋政伸)が土下座をして待っていた。

「あけぼのを諦めてもらえないか」という滝本は、これから統合の条件をすり合わせていくファインやあけぼのにとって、ネガテイブキャンペーンは最も避けたい事態だという。

それを受けて、本来水面下で行うべき統合を早々に発表したことがうかつだったと言い放つ鷲津に、用意した10億を鷲津にプレゼントするという滝本。

そこで、鷲津は「こういうては使い古されていますよ」と、そこにあったカバンの中から、隠しカメラを見つけ出す。鷲津が大金に飛びつく様子を撮りたかった滝本に、残念でした、とお見通しの鷲津。

あけぼのから手を引く気はないという鷲津に対し、自分にとっては夢であり、憧れなんだ、今やっと巨大なあけぼのを飲み込むだけのの力を手に入れたという滝本。

飲み込もうとしているのは背後のプラザグループであり、滝本はただ利用されているだけだという鷲津。「俺は外資の犬じゃない」と声を荒げる滝本だが、「いや…この際、犬でもな構わん。欲しいんだよ、あけぼのが」という。

金ならいくらでもある、足を舐めろというなら舐めてやる、頼むから俺の邪魔をしないでくれと泣き崩れる滝本に「金や泣き落としでハゲタカを口説くことはできません」と言い放つ鷲津。

それなら鷲津を破滅させるしかないという滝本に、愉快な余興をありがとうございますといい去る鷲津だった。

 

あけぼのとの統合を進めたい滝本は、マスコミを使い、大掛かりな鷲津のバッシングを繰り広げてきた。

そして、サムライファンドには問い合わせの電話が殺到していた。滝本はメディアに金をばらまいて、事実無根の内容を書かせていた。

そこへ、鷲津が現れ、TVの出演依頼を受けたという。鷲津は、あけぼの株を三分の一越えまで持っていくように支持するのだった。

 

その頃、あけぼのの元執行役員、芝野健夫(渡部篤郎)は、元取締役の諸星恒平(筒井道隆)にクーデーターを起こすように指示をしていた。

その指示は鷲津からのものであった。統合を阻止し、諸星があけぼのの未来を担うという図式を作るという。

 

一方、日光みやびホテルもアラン・フジタ(池内博之)の私情による買収によって、危機に立たされていた。

ホライズンが売却した日光みやびホテルの株は、外資系のクラウンセンチュリーホテルが買い取っていた。その傘下に入るにあたり様々な条件を突きつけられていた。

日光みやびホテル社長、松平貴子(沢尻エリカ)は、不本意な条件に対して、意義を唱えるのだった。

 

アランが取締役を務める、ホライズン・ジャパンでは、私情に走り、会社としての売り上げをふいにしてしまった事で、解雇を言い渡されたアラン。言い訳もせず、ホライズンを去るアランなのだった。

立ち去るアランは、テレビに映る鷲津に目をやる。

 

そこで、鷲津は、ファインとプラザグループのつながりを言及し、今回の統合について、あけぼのの崩壊を招くといっても過言ではないと断言する。ファインはプラザグループの隠れ蓑にすぎないと言う鷲津。

「予想通りだ」と、その放送を見ていた滝本はプラザグループの社長に連絡するようにいう。

 

放送局を出たところで、マスコミに囲まれた鷲津は、言いたいことは一つだと「企業を安く買い叩き再生させる私がハゲタカなら、外資に操られ、日本の技術を売り渡そうとする輩は下劣な売国奴だ」と言い放つ。

 

あけぼのを訪れた鷲津は、芝野に案内され、レーダー開発部にやってくる。芝野と鷲津を見て微妙な空気の従業員達。

そこで、「新見会長はプラザグループのことを知った上で、ファインとの統合を決めたと言うことでしょうか」と言う社員に、その通りだと言う鷲津に、言葉をなくした社員は立ち去るのだった。

 

脳梗塞で倒れた、レーダー開発部部長の中尾武の病室を訪ねた、取締役の諸星と芝野と鷲津。

そこで、中尾は「俺らの世代は踏ん切りがなかなかつけられなくってね…」と言い、きっと、あけぼのの会長、新見鉄平(竜雷太)もそうなんだろうと言う。

そんな中尾に「中尾部長は今も新見会長を信じていると?」と言う鷲津。ちゃんと向き合ええばわかってくれるはずだと言い、新見会長はあけぼのの社員にとって、家族なのだと言う。

諸星を再び社長にしたいという鷲津は、新見会長を追い落とすことになると言い「この買収騒動の当事者はあなた達です」と強く訴えるのだった。

 

そこへ、プラザグループがあけぼのに直接TOBを仕掛けてきた。鷲津の暴露により統合が困難になったプラザグループは直接買収へと乗り出したのだった。

そのニュースを見ていた滝本は、サムライファンドに勝ち目はないと確信し、プラザグループに対しては、経営権を握った後に提携するという。沈むあけぼのの姿を肴に前祝いと行こうじゃないかと笑う滝本だった。

 

その頃、サムライファンドでは資金力のキャパオーバーに悩まされる社員達。そこに、鷲津は、我々に必要なのは、相手の動きを封じるためのカードだといい、ある情報を提示する。

そこには、FBI調査資料「プラザグループの動向について」と書いてあった。そこで、鷲津は、事実関係を徹底的にあらうように告げるのだった。

 

あけぼのでは、諸星が、新見会長と幹部を引き連れ、レーダー開発部へやってくる。ファインとの統合、プラザグループのTOBについて対話をしたいという社員達。

あけぼののこれからについて会長の意見が聞きたいという社員に対し、新見は、決定が下るまでは今まで通り、仕事に専念してほしいという。

プラザグループの計画をわかっていてファインとの統合を決めたことを社員全員知っているという諸星。幹部に促され立ち去ろうとする新見に対し、「それが新見会長の意思なら黙って従うといっている」という言葉に、従う?と振り向く新見。

「中尾部長がみんなを説得しました」という諸星。そこへ、杖をつきながら歩いてくる中尾。新見にたくさんのことを教わったという中尾は、新見に感謝し、自分達のことを一番に考えてくれているという。

諸星は、ただ金や生活のために働いているわけではないといい、あなたの下で、あけぼのの社員であることを誇りに思って働いてきたと訴える。

「開発部こそ、あけぼのたれ」この言葉を貫いてきた新見を信じ、あけぼののこれからを会長の口ら聞きたいという諸星に対し、新見は、芝野に「彼らの技術を生かせる売却先はこれからでも探すことはできるのか?」と問いかける。

必ず見つけてみせますという芝野に、新見は頷き、自身の会長職を辞任すると明言するのだった。新見は、すまなかった、信じてくれていたのに、と社員に詫びる。

 

サムライファンドに新見の辞任を報告に来た芝野。サムライファンドは、プラザグループの不正をつかんだのだが、ガードが固く中々詳細がつかめずにいた。

このままだと、サムライファンドは消滅、この世界では生きていけないという危機を迎えていた。

 

「ハゲタカ」の第6話のあらすじ(後半)

日光みやびホテルでは妹の松平珠香(木南晴夏)が今後のホテルに対して、不安を感じていた。

これからも交渉を続けていくと言う貴子は、みやびホテルを守っていくためだと言うが、そこで、珠香は、もういいんじゃないかと貴子に言う。

「契約書にサインしてもしなくてもお姉ちゃんが決めた事に間違いはないと思うから」と言う珠香は、全部一人で背負いこまないでと貴子を思いやるのだった。

 

貴子は鷲津に会っていた。鷲津は栃木にイヌワシを見に訪れていた。

鷲津を心配する貴子に、買収のことを会って直接謝罪したかったと言う鷲津。

貴子は、聞きませんと言い、何年後でもいいので、自分がみやびホテルを守れているか、鷲津に見に来て欲しいと言う。

たとえ持ち主が変わっても必ず守り抜いてみせます」と言う貴子は、鷲津にも負けないでと告げるのだった。

 

東京に戻った鷲津に、有力な情報が入る。プラザグループへの捜査に複数の弁護士が協力をしていたことが分かり、その名簿を手に入れたサムライファンド。鷲津は、その名簿の中に、ジョン・フジタの名前を見つける。

いつもの立ち食いそばに鷲津はいた。そこへ呼び出されたアラン。要件はジョン・フジタ、俺の父親のことですね、というアランは、迷惑をかけたお詫びにと、プラザの不正に関するデータを鷲津に渡す。

アランに、サムライファンドに来ないかと言う鷲津だが、お断りですと言うアラン。ソして、二人は並んでうどんを食べるのだった。

 

鷲津は飯島亮介(小林薫)と会っていた。逃げ腰な飯島に対し、鷲津は、内閣総理大臣、望月康夫(角野卓造)に会わせて欲しいと頼む。

驚く飯島に対し、2億を用意すると言う鷲津。飯島は会わせるだけだと了承する。

 

鷲津は、飯島の紹介で、内閣総理大臣の望月と会っていた。そこで、プラザグループに対し、政府から非難する声明を出して欲しいと言う鷲津。総理の一声であけぼのの未来が決まるという。

しかし、根拠を示してもらえないのでは話にならないと言う望月に対し、政治献金はいい値でお支払いしますよと言う鷲津に、ふざけたことをいうんじゃないと声を荒げる望月。

そこで、鷲津は、望月にある資料を手渡す。そこには、望月が受けたヤミ献金の顧客リストが記してあった。テーブルを叩き、マスコミに渡すかどうかどうかはご返答次第だという鷲津。

「できるだけ早く私の依頼を実行していただけますか?」と詰め寄る鷲津に、圧倒される望月だった。

 

総理大臣をも脅迫する鷲津に対し、命の危険を忠告する飯島。飯島は、鷲津が提示したリストを2億で買い取ると言うが、鷲津は3億だと言う。鷲津は、ビジネスですからと立ち去るのだった。

 

翌日、望月内閣からプラザグループに対し、あけぼのへのTOBを避難する声明が発表される。それを受けて、あけぼのはサムライファンドによるTOBを友好的買収として支持すると発表する。

サムライファンドは買い付け価格をプラザグループより1円高くつけて運命の日を迎える。

 

楽観している滝本の元へ鷲津は訪れる。あけぼのの株を売って欲しいと言う鷲津に対し、笑い飛ばす滝本。

そこへ、ニュースが飛び込んでくる。プラザグループのに贈収賄疑惑が発覚、2名が逮捕されたと言う報道に、滝本は呆然とする。

プラザグループとのTOBが完了する前に、不正を告発できるかが鍵だったと言う鷲津。あらゆるコネクションを利用し、不正の証拠集めと承認の確保した結果、契約間際でこの日を迎えることができたのだと言う。

買い付け価格の上乗せが1円だったのも、プラザは崩壊し、これ以上は買い付け価格の上乗せはできないと見越し、「だから一円で十分だったのです」と言う。

 

これでTOBはサムライファンドの勝利となった。反発する滝本に対し、要求が飲めないのなら、ファインに対しTOBを仕掛けると言う鷲津。

猶予は24時間だといい、「1秒1秒じっくりお考え下さい」と言い放つ。

去り際に、滝本に対し、貪欲で優秀な経営者だと認め、その姿勢を貫けば、100年後もファインは生きている、その頃には老舗と呼ばれる企業になっているはずだと言い、去っていく鷲津。

 

「100年後か…」と言い、笑いながら崩れ落ちていく滝本。

 

あけぼのは記者会見を開き、新見の意思を受け継ぎ、諸星があけぼのを守っていくと発表する。

 

日光みやびホテルでは、クラウンセンチュリーホテルとの契約にサインをする貴子。クラウンセンチュリーホテルの傘下として、貴子は、より良くしていくための提案、意見はさせて頂くと頭を下げる。

 

あけぼのを去りゆく新見と対面する鷲津。あけぼのを守ってくれたことに礼を言う新見は、大きな荷物を下ろせたと安堵の表情を見せる。

「お疲れ様でした」と新見をねぎらい頭を下げ、去っていく鷲津は、また新しい戦いに向かって歩き出すのだった。
<スポンサーリンク>


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ハゲタカを見逃した場合動画をみる方法

ハゲタカを見逃した! もしくは、用事があって見れなかった~ DVD取るの忘れた。 途中から見たら面白い。以前の放送内容知りたい。 そんな思いでネット探してこの記事に来た人もいるでしょう。 もしくは再放送や再度、ネットで動画を配信している所が ないかなぁとこの記事に訪れた人も多いでしょう。 そんな方へお勧めのサービスが2つあります。 1つ目が「TVer(ティーバー)」です。 ↓ TVer(ティーバー) こちらはテレビ放送後、1週間放送しております。 逆にいうと放送後1週間しかみれません。 放送された最新話しかみれないんです。 では、もっと以前の放送見たい時はどうすればいいでしょうか? そんな時にお勧めなのがこちらのサービス。 U-NEXTです。 ↓ //ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3312496&pid=884464679U-NEXTはテレビなどでもCMをやっているので ご存知の方も多いかもしれません。 パソコンやスマホ、タブレットで動画を楽しめるサービスです。 こちらでハゲタカの配信が始まりました。 え、ただU-NEXTって有料のサービスじゃないの? と思う方もいるでしょう。 現在、U-NEXTでは31日間無料トライアルというサービスを やっており、登録は無料でできます。 動画によってはポイントがかかりますが、 無料登録の際に600ポイント貰う事ができます。 そのポイントを使いハゲタカを視聴する事ができます。 また、無料で楽しめるコンテンツも多々ありますので 是非、一度試しに使ってみては如何でしょうか? 31日間に解約すればお金はかかりません。 またU-NEXTは携帯キャリア決済に対応しております。 ですのでドコモ、au、ソフトバンクの携帯を使っていれば クレジットカードなくても登録できてしまいます。 ですので、お気軽に試す事ができるかと思いますよ。 是非、ハゲタカを見逃してしまった! ハゲタカの過去の放送がみたい! そんな方は是非、U-NEXTを使ってみては如何でしょうか? U-NEXTの登録はこちらより ↓ //ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3312496&pid=884464679

「ハゲタカ」の第6話の感想

今回の見所は、まさしく、鷲津率いるサムライファンドが、滝本率いるファインTDにどうやって戦い、最後に笑うのはどっちだ?と言うところにつきましたね。

最初から、滝本の巧みな作戦が炸裂していましたが、惑わされもしないクールな鷲津が、とても対照的な二人でしたね。

いかにもと言うぐらいの滝本の行動に、笑えてしまうほどベタな作戦を繰り広げていましたが、案の定、思い通りにならないとわかると逆ギレすると言う。

まるで、子供のような滝本でしたが、なかなかいいキャラでしたよね。もっと壊れる感じを見ていたかった気もしますが、終わってしまいましたね。

あけぼのの新見会長も、社員の純粋な気持ちを受けて、本来の姿を取り戻してくれたところは、少し感動もありましたね。

本来の姿はこうあったのに、いろんなことがあって、引くに引かれないところまできてしまったことが残念で仕方なかったです。

でもきっと、今後のあけぼのは、そんな気持ちを受け継いだ社員たちが築いっていってくれるという希望ある終わりにホッとしました。

また、意外や意外で、アランがピンチを救ってくれるとは…

アランも社長の座を追われ、それでもこの世界でやっていくという意思に、鷲津のマインドを見た気がしました。

サムライファンドには来ないといったところに、鷲津に対する思いが隠れていた気もしましたが、並んでうどんを食べる二人に、なんだか、ほっこりした気分になりました。

 

「ハゲタカ」の今後の展開について

今後、気になるのは、おそらく最初からの戦いの相手である飯島がラスボス的な感じなんだろうなとは思うのですが、その前に、また一人、強敵が現れそうな感じでしたね。

今回、仲直りのような状態になったアランは、もう出てこないのでしょうか?まだ最終回までに出てくるのではないかと期待している自分もいるのですが、ひょっとしたら、最終回にはまた同じチームで…と期待はしています。

 

また、最初からの鷲津との関わりでいうのであれば、芝野ですよね。

いつも違う道を選びながらも、その道の先では出会うことになっている、まるで運命のような二人が、今後同じチームで戦うことは果たしてあるのだろうか?

ハゲタカの第1話の始まりは、芝野目線で始まったんですよね。

芝野が鷲津の元へ仕事の依頼にいくところから始まったハゲタカでしたが、最終回ではつながるのだとは思うのですが、どんな形で繋がるのか。

これから最終回に向けてますます目が離せませんよね。

 

これは、完璧に予想なんですが、鷲津の最後の戦いは、やはり、鷲津の父親の事件に関わっていくのではないでしょうか。

そこには、きっと飯島も関わっていると思うので、どうなっていくのか楽しみで、正直待ちきれないですね。

何より、貴子と鷲津の関係もどうなるのでしょうか。貴子を見ていると、鷲津に対して、尊敬のような、まるで師匠のような感じもするのですが、鷲津の中で貴子はどんな存在なのか。

二人が幸せになってくれたらいいなと、そういう意味でも応援しながら見ていきたいなと思います。
<スポンサーリンク>