「ハゲタカ」の第7話のあらすじとネタバレの紹介。

バブル崩壊後の大手企業などを次々と買収していくサクセスストーリー。

どんな手を使ってでも、手に入れると決めたら手に入れる。そんな鷲津率いるサムライファンドが、最大の敵である飯島との新たな戦いに挑む。驚く鷲津の戦略とは…

気になる「ハゲタカ」第7話はこちらから。
<スポンサーリンク>
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});<スポンサーリンク>



 

 

「ハゲタカ」の第7話のあらすじ(前半)

 

2018年。平成最後の夏。国を代表する一流企業の相次ぐ不祥事に、日本中が揺れていた。その中でも、日本を代表する重工業メーカー「帝都重工」でデータ改ざん事件が発覚する。

 

日本ルネッサンス機構の会長、飯島亮介(小林薫)の影響力は、今や官邸にまで及んでいた。

その頃、サムライファンドの鷲津政彦(綾野剛)は大学で講義を行っていた。そこで、現在の日本に対し、「平成という時代は失われた30年と言って差し支えないだろう。では、この失われた30年の間に何を手に入れたのか…」という鷲津。

その答えは、Nothing、何も手に入れることができなかったといい放つのだった。

「肝心なのはこれからの10年、その中で君たちがチャンスを掴むための精神、Scrap&Bird、壊して羽ばたけ」という鷲津。この国は壊して作り直しても意味がない、この国は腐っている、と学生に向けて語るのだった。

 

講義を終えた鷲津に、羽ばたくチャンスを頂きたい、と声をかけてきたスペース・フロンティア・ジャパン代表、天宮光一(森崎ウィン)。

電気メーカー、あけぼのを再生させた芝野健夫(渡部篤郎)は、起業再生家として日本の第一人者と呼ばれていた。飯島は、帝都重工の再生を芝野に依頼する。

 

芝野は、経協連の会長、西澤則之と会っていた。西澤は、芝野しか帝都重工を再生できる人物はいないという。芝野は、自分一人ではなくパートナーとして鷲津となら請け負うという。

 

その頃、鷲津は天宮の会社を訪ねていた。ホームページを見て興味が湧いたという鷲津に、スペース・フロンティア・ジャパンの桜井加奈(青野楓)は天宮とともに喜んでいた。

スペース・フロンティア・ジャパンは、元は、無人探査機の開発に携わっていたベンチャー企業で、今は帝都重工の子会社となっていた。

そこへ、芝野が訪れ、帰ろうとする鷲津に対し、天宮は「僕らは夢半ばで国に切り捨てられました。今も、大企業の下請け同然で不本意な業務を続けています。鷲津さんのお力で、僕らの夢を叶えさせてくれませんか」と訴える。

しかし、鷲津は「結論をいうと、私が関わりたいビジネスではない何より、私は夢にお金は投資しない。なぜなら夢というのは、実現する意思のない人間が使う言葉だからだ」と言い去って行く。

 

鷲津は、芝野とともに、帝都重工へ向かっていた。そこには、飯島も同席していた。帝都重工の社長、真壁達臣(伊武雅刀)と、飯島は、帝都重工をサムライファンドに買収してほしいという。

日本ルネッサンス機構は、安易に税金を投入すると国民からの風当たりが強いと及び腰だという。サムライファンドに日本株式会社の救世主というシンボルになってほしいという飯島。

ただし、帝都重工は、売却するのは株の三分の一までで、経営権は渡さないという条件を提示し、頭を下げる飯島に対し、鷲津は返事を保留する。

不安を口にする真壁に、飯島は「その為にこれから餌まくねん」という飯島。真壁と飯島は鷲津に対しての秘策を考えていた。

 

鷲津を屋台に誘った芝野。そこで、鷲津は、なぜ自分を誘ったのか、と芝野に尋ねる。「これが私の最後の大仕事になるだろうからなぁ」と語り始める芝野。

帝都銀行ほどの大企業が倒れれば、日本経済は大打撃を受け、帝都銀行の社員やその家族も路頭に迷うことになり、子供や孫の代まで影響を及ぼすことになるという芝野。自分も孫を持ち、明るい未来を望むようになったという。

芝野は、歳をとったからこそ、鷲津の力を借りて、恥も外聞もなくこの仕事をやり遂げたいという。

 

サムライファンドは、帝都重工の買収について話し合っていた。鷲津は、飯島の言うことをそのまま受け取るのも信用できないと、まずは帝都重工周辺の動きを探ってくれと言う。

 

そこへ、天宮と桜井が鷲津に会いたいとやってくる。スポンサーになることは断ったはずだと言う鷲津に、新しい事業計画書を持ってやってきた天宮は、これなら鷲津にとっても損にならないビジネスだと言う。

事業計画書に目を通した鷲津は、話にならないと計画書を突き返す。私は夢には投資しないと言う鷲津に対し、壊して羽ばたくとはどうやるんですか、と問いかける天宮。

天宮は「僕らが羽ばたく為には、誰かの助けが必要なんです。一緒に夢を追いかけてくれる人が」と声を荒げる。自分の不遇を訴えながら、財力を妬む天宮に対し、テーブルを叩きつける鷲津。

驚く天宮に、鷲津は「ふざけるのもいい加減にしろ。どこまで甘ったれてんだ」という。

「金や力がなくても守るべきものの為にあがき続ける人間はいる。そういう人間は夢なんて語らない。羽ばたくためのチャンスがほしいなら、その被害者根性と他人任せの考え方を徹底して捨てろ」と告げる。

「自力で飛ぶ覚悟を持て」と言い、話はそれからだと部屋を出て行く鷲津。天宮は割れたテーブルを眺めていた。

 

「ハゲタカ」の第7話のあらすじ(後半)

クラウンセンチュリーホテルグループの経営会議が行われる中、クラウンセンチュリーホテルの傘下に入って8年になる、日光みやびホテルの社長、松平貴子(沢尻エリカ)の士気のもと、着実に実績を積み上げていた。

貴子は、副統括の加瀬からある人物を紹介される。その相手とは飯島だった。

いずれはグループからの独立を目指している貴子に対し、加瀬は無理だと断言する。そこで飯島はみやびホテルの独立に向けて、日本ルネッサンス機構が、融資を検討してもいいというのだった。

 

とある女性が、「記事にしてほしい話があるんです。帝都重工のことで」という電話をかけていた。週刊誌の早刷りを前日に入手したサムライファンド。そこには、帝都重工の不正会計の内部告発記事が載っていた。

 

芝野と連絡を取った鷲津は、買収の為には帝都重工が救うに値する企業なのかを知る必要があると、内部告発した本人に合わせてほしいという。

 

鷲津は、内部告発をした女性である、帝都重工、財務担当常務の嶋田寛子()に会っていた。不正告発した理由を聞く鷲津に対し、こんなことはもう終わりにしたかった愛社精神からきたものだという。

そんな嶋田に対し、あなた一人が犠牲になったところで、会社は何も変わらないと言い放つ鷲津。

しかし、これは被害を最小限に抑える為の作戦であった。そのことについて、芝野は知っていた事を認める。嶋田に責任を背負わせ、会社を守ったことについて言及する鷲津。

「帝都重工を潰す訳にはいきません」という芝野は、全てを明るみに出すことが出来ない以上、時間をかけて組織を変えていくしかないという。

組織として腐りきっていると断言する鷲津に、ではこの件から手を引くのかという芝野。

 

天宮の会社である、スペース・フロンティア・ジャパンは、会社の方針で業務委託提携を打ち切られてしまう。

 

一方、サムライファンドでは、なぜ帝都重工の買収を持ちかけてきたのかが判明する。実は裏では、アメリカの投資機関グループと日本ルネッサンス機構との間で話は出来ていたという。

飯島は、帝都重工の実権を握る為に、サムライファンドに買収をさせようとしていたのだった。

 

それを聞いた鷲津は、自分とサムライファンドとの情報共有はここまでとし、これまでの帝都重工の情報を全て破棄するように指示する。

鷲津は、「私はサムライファンドを辞める」と宣言するのだった。

 

飯島と真壁は料亭で会食をしていた。そこへ、前触れもなく訪れた鷲津に、驚く二人。必死で不正会計の一件を想定外だと訴えるが、鷲津は、そんなことはどうでもいいという。

ここへ来たのは帝都重工の買収を断りに来たと伝える鷲津。開き直る二人に対して、鷲津は「私が帝都重工の社長に就任します」と宣言し、私とあなた方がより利益を得るためのご相談です、という鷲津。

 

鷲津は、自分が帝都重工の社長になり、芝野が企業再生責任者として帝都重工に入ることを要求して来たという飯島。芝野は、その要望を飲んだと報告を受ける。

 

鷲津は、帝都重工の社長に就任する前に、サムライファンドのメンバーとともに、証券取引等監視委員会を訪れ、サムライファンドの情報を開示し、鷲津はサムライファンドを去った。

近いうちにまた、とメンバーと別れ、歩き出す鷲津。

 

不安視する真壁と鷲津のペースにはしたくないという飯島は、芝野に鷲津を見張るように釘を刺す。

 

日光みやびホテルを訪れた芝野は、飯島に不信感をもつ貴子に対し、自分がついているから大丈夫だと伝える。芝野は、帝都重工が主催して、アジア重工連会議をこのホテルで行いたいという。

また、鷲津が帝都重工の社長になったことを明かす。

そんな鷲津の暴走を止めてほしいという芝野に、戸惑いを隠せない貴子。

これは、日光みやびホテルの独立とともに、帝都重工の再建、日本経済を救う取引だといい、芝野は、失敗は許されませんと頭を下げる。

 

サムライファンドは、佐伯宗徳(杉本哲太)が社長に就任して、再び動きだしていた。

 

その頃、帝都重工では、鷲津の代表取締役就任が承認された。それを知ったスペース・フロンティア・ジャパンの桜井は、天宮にその事実を伝える。それを聞いて顔色が変わる天宮なのだった。

 

鷲津に会いに来た貴子。そこへ芝野も同席を求め、3人での話し合いが始まる。

<スポンサーリンク>
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});<スポンサーリンク>


 

ハゲタカを見逃した場合動画をみる方法

ハゲタカを見逃した! もしくは、用事があって見れなかった~ DVD取るの忘れた。 途中から見たら面白い。以前の放送内容知りたい。 そんな思いでネット探してこの記事に来た人もいるでしょう。 もしくは再放送や再度、ネットで動画を配信している所が ないかなぁとこの記事に訪れた人も多いでしょう。 そんな方へお勧めのサービスが2つあります。 1つ目が「TVer(ティーバー)」です。 ↓ TVer(ティーバー) こちらはテレビ放送後、1週間放送しております。 逆にいうと放送後1週間しかみれません。 放送された最新話しかみれないんです。 では、もっと以前の放送見たい時はどうすればいいでしょうか? そんな時にお勧めなのがこちらのサービス。 U-NEXTです。 ↓ //ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3312496&pid=884464679U-NEXTはテレビなどでもCMをやっているので ご存知の方も多いかもしれません。 パソコンやスマホ、タブレットで動画を楽しめるサービスです。 こちらでハゲタカの配信が始まりました。 え、ただU-NEXTって有料のサービスじゃないの? と思う方もいるでしょう。 現在、U-NEXTでは31日間無料トライアルというサービスを やっており、登録は無料でできます。 動画によってはポイントがかかりますが、 無料登録の際に600ポイント貰う事ができます。 そのポイントを使いハゲタカを視聴する事ができます。 また、無料で楽しめるコンテンツも多々ありますので 是非、一度試しに使ってみては如何でしょうか? 31日間に解約すればお金はかかりません。 またU-NEXTは携帯キャリア決済に対応しております。 ですのでドコモ、au、ソフトバンクの携帯を使っていれば クレジットカードなくても登録できてしまいます。 ですので、お気軽に試す事ができるかと思いますよ。 是非、ハゲタカを見逃してしまった! ハゲタカの過去の放送がみたい! そんな方は是非、U-NEXTを使ってみては如何でしょうか? U-NEXTの登録はこちらより ↓ //ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3312496&pid=884464679

「ハゲタカ」の第7話の感想

いよいよ。鷲津の最後の戦いが始まりましたね。やはり、最後も飯島との戦いになるんですね。最後に、父の自殺の原因となった飯島と息子の鷲津が戦うという展開。

夢を追いかける天宮に対し、厳しい言葉を投げつけていた鷲津ですが、これまで戦った相手に対しても、絶望だけではなく、最後に希望の見える言葉を投げかけていた鷲津。

でも、きっと、どこかつながる部分があるからこそ、鷲津は彼らの現場に行き、一緒に作業をしたのではないかなと思います。そんな鷲津が垣間見れた瞬間でもあった気がします。

芝野が、貴子に対して、鷲津の暴走を止めてほしいと伝えたところが、どういう意図があって、あの発言になったのかが、今後わかってくるとは思うのですが、とても印象に残りましたね。

飯島は、相変わらずのドンであり、敵ながらあっぱれというぐらい、策略家ですよね。その悪さが、このドラマの展開の大きな起点となって、おもしろさが増しているのも、また事実で、最終回がどうなるのかが本当に楽しみで仕方ないです。

そんな中で、サムライファンドを辞めてしまった鷲津の意図とは…おそらく、鷲津の中では作戦の一環なのかなとは思うんですが、とても驚きましたね。また、というメンバーの言葉が、きっとまた、という意味には感じました。

今回は、最終回への序章という感じでしたが、ますます最終回が楽しみになってしまいました。

 

「ハゲタカ」の今後の予想と展開について

とうとう来週で最終回を迎えてしまいますが、やはり、鷲津と飯島、帝都重工との戦いはどうなるのか。今回の終わり方が予想ができない終わり方で、鷲津は、帝都重工の社長に就任して、何をしようとしているのか。

今までの外から変えていくやり方ではなく、自分が、その腐った組織の中へ入り、改革を起こそうとしているのかなとは思いますね。最後の最強の敵ですからね。

そして、鷲津と飯島の最後はどうなるのか。どんな展開でラストを迎えるんでしょうか。

 

夢を追いかける天宮に対して、鷲津は、手を差し伸ばすのか。また、天宮も自分で飛ぶことに覚悟を決めるのか。こちらの関係も、どう変化していくのか楽しみですね。

厳しい言葉を投げつけていたそんな鷲津だからこそ、見いだせる未来があると思うので、笑顔で終わってほしいなと思いますね。

最後に、同じ組織となった芝野ですが、きっと最後に、鷲津とともに戦う姿見れるのではないでしょうか。自身も最後の戦いになると言っていた芝野。最後にどんな姿が見れるのか。

また、鷲津に刺激を受け、同志のように生きてきた貴子もまた、最終回で鷲津とともに戦うのでしょうか。そう考えると、最終回は、みんなで最強の敵との戦いに挑むという感じですかね。

いよいよ最終回のハゲタカ。最後に鷲津はどんな言葉を残すのでしょうか。

<スポンサーリンク>
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});<スポンサーリンク>