「獣になれない私たち」の第8話のあらすじとネタバレで紹介

新垣結衣と松田龍平のW主演が話題のドラマの待望の第8話です。

京谷と別れ新しい人生が始まった晶。恒星は「悪いお金」に関係していることを晶に明かす。その事件には京谷の兄も関係していて…気になる第8話はこちらから。

<スポンサーリンク>


 

「獣になれない私たち」の第8話のあらすじ(前半)

5tapでは、マスターのタクラマカン斎藤(松尾貴史)が、彼氏と別れ新しい人生を生きようとしている深海晶(新垣結衣)と税理士兼会計士の根元恒星に、橘呉羽(菊地凛子)の夫である橘カイジの載っている新聞の記事を見せる。

カイジの会社の上場の手続きを引き受けた恒星は、今日初めてカイジと会う約束をドタキャンされたという。晶は、カイジが恒星を意識して本当は頼みたくないのかもという。はっきり言えばいいという恒星に、言えない人もいるんです、という晶。彼氏であった花井京谷(田中圭)と別れ、今までの自分とは違うという晶。

タクラマカンにパワハラでブラック企業である会社について聞かれた晶は、仕事内容は嫌いではないし、部下たちも少しずつだが変わり始めたという。クライアントやシステムエンジニアの人間を心配する晶に、今までと変わらないという恒星だが、晶は懐に爆弾を、という。

常に懐に、退職願を忍ばせておき、いざという時にはすぐ出せるようにしておくという晶。そこへ、恒星の携帯に連絡が入る。福島の恒星の実家の解体することになったといい、やっとだよという恒星。寂しくないの?という晶に、兄貴なら行って涙の一つでも流したかもという。

「知らせてあげないの?」という晶に対し、恒星は「失踪中」と答えるのだった。恒星の兄は現在居どころ不明なのだといい、現実から逃げているんだという恒星なのだった。

 

晶の会社では、システムエンジニアの佐久間久作(近藤公園)から退職の意思を告げられた、社長の九十九剣児(山内圭哉)は必死で佐久間を引きとめていた。今の給料の1.3倍出すという九十九に対し、佐久間はお金ではないといい、会社のピリピリした空間が息苦しく限界だと話すのだった。「九十九さん、経営者に向いてない」と言い放ち、部屋を出ていくのだった。

佐久間に出て行かれた九十九は人が変わったように生気を失っていた。そこへ、晶が、今後秘書を雇うか、アシスタントを雇って欲しいと話し、出なければ、と胸にしまっている辞表を出そうとするが、九十九は上の空で「増やしたらええがな、もう適当にやっといて」と言い呆然と立ち去るのだった。

九十九の異変を感じつつ、求人の状況を確認する晶だが、口コミには、九十九に対する辛辣な言葉が並び、応募してくる人間がいるとは思えない。そこへ、担当者から先日求人の応募が一人だけあったことを聞いた晶は、すぐに面接を行うのだった。

晶の会社に面接に来たのは、長門朱里(黒木華)だった。朱里は京谷の元カノであり、晶とも様々なことで関わりのあった人物だった。なんで?という晶に対し、晶の会社が求人募集していることを知り、お人好しな晶ならどうにかしてくれるかもと思ったという朱里。

そこへ社長の九十九が様子を伺いにくる。晶の知り合いだと知った九十九は「ええやんか、採用」といい、朱里のことは晶に面倒をみるようにいい部屋を出て行く。二人になった部屋で、京谷と別れたことを告げる晶に、驚きながらも京谷が出て行ったことを告げる朱里。よりを戻せばという朱里に対し、晶は自分で決めたことだから、と答える。

 

その頃、ヘルプとして監査法人の手伝いをしていた恒星は、トイレに立った際に、後ろから何者かに襲われる。トイレの個室へ連れ込まれた恒星に対し、その人物は、経理の不正に関してどうなっているのか、いくら待っても何の調査も始まらないと訴える。以前、不正の事実を書いたメモが挟まれていた事を思い出した恒星。

自分は管轄外なので、訴えたいなら社内の通報窓口に行ってもらえます?という恒星。「それができないからメモを入れたんです」という人物に対し、恒星は、自分はヘルプの人間だといい、検査法人ではないと伝え個人の名刺を見せる。そこへ、誰かがトイレに入ってくる音がして、その人物は恒星の名刺を持って急いでその場を立ち去るのだった。

部署に戻った恒星は、恒星に手伝いを頼んだ堀田(三浦誠己)に、経理部でこれぐらいの身長で、と先ほどの人物の説明をし、当てはまる人物はいるかと聞く。すると、すぐに堀田は、大隈さん?と答え、該当する人物が浮かび上がる。そこへ、恒星の叔父から連絡が入り、恒星の兄の陽太(安井順平)が見つかったという。

 

連絡を受けた恒星は、警察署に向かう。そこで、叔父から陽太のこれまでの状況を聞く恒星。陽太は、これまで日雇いのバイトを転々として暮らしていたが、喧嘩に巻き込まれたことで先月から働けなくなり、食べるものに困り、人の財布の中身を盗んだという。

また、陽太は妻子にだけは連絡しないでくれと泣いて頼んだのだという。陽太は、妻子の前からも1年以上姿を消していたのだった。

そこへ、陽太が現れる。恒星は陽太を自分の事務所に連れて帰り「何やってんだよ。迷惑をかけないでくれよ、こっちだって手一杯なんだから」と言い放つ。食えないなら、山形にいる母親の元か、埼玉の妻子の元へ行けばいいというが、目を話したすきに、陽太は姿を消していた。

陽太を探しに飛び出した恒星は、晶と遭遇する。そこで、晶に事務所の鍵を渡し、事務所にいて欲しいという。驚く晶に、兄が見つかったが、お金も持たずに飛び出したから、もしかして戻ってくるかもしれないという恒星。よろしくといい走り出した恒星に、晶は頑張れと声をかける。

事務所に戻ってきた恒星は一人だった。警察に連絡すれば?という晶に「ダメ。兄貴は窃盗罪で起訴か不起訴か待機中の身だから」という恒星。かつては優等生だったという陽太は、父親の海産物加工会社を継いだが、震災後、経営がうまくいかなくなり、自転車操業を繰り返し、借りてはいけないようなところからお金を借りてしまったという。

挙句、会社は倒産し、陽太のプライドはズタズタになり、行方不明になったのだという。「あたしに似てるって言ってたよね、お兄さん。いつも笑顔の人気者で本気で大嫌いだったって」という晶にそんなこと言ったっけという恒星。

そこで、恒星は昔の話を始める。恒星と兄は「生き残り頭脳ゲーム」というボードゲームにハマり、毎日のようにやっていたのだという。どうしても兄には勝てない恒星は悔しくてたまらなかったが、ある時から、いきなり勝てるようになったという。途中で恒星は、兄が悔しがる自分を不憫に思ってわざと負けていたことに気がついたのだという。

「私はゲームでそんなことしない」という晶。じゃあ、と言い、高校の時の話を始める恒星。高校の時の兄は、成績優秀でみんなの人気者だったという。そして、同じく成績優秀で人気者の彼女がいたのだという。だが、その彼女を恒星が寝とったのだという。

最低、という晶に同意する恒星だが、兄はその時、彼女の心をつなぎとめられなかった自分が悪かったと言ったのだという。「気味悪いだろう」という恒星に、そういうしかなかったんじゃない?という晶に、理解できないという恒星。「わざわざそんなことするあなたが理解できない」という晶に若気の至りだと苦笑いの恒星だった。

「でも恒星さん、お兄さんのピンチを助けたんでしょ?そのせいで粉飾決済に手を貸して、今年も手を貸すよう、だれかに脅されている。今までの話を集めるとそうなる」という晶。もう少しお酒の飲み方を考えた方がいいと反省しながら、お酒を用意する恒星。

兄は会社を続けることにこだわっていたと言い、従業員もリストラできず、いい人の末路は悲惨と言いながら、ビールを晶に手渡す恒星。

「そんなお兄さんを助けた恒星さんもいい人ってことになるけど」という晶に、恒星は「いや、俺はいい人じゃなくて、俺に助けられたら兄貴はどんな顔するのか…」「見てみたかったから助けたって言ってたけど」という晶は、兄を助けた理由なんている?といい、兄を助けたかったから助けた、それでいいと思うけどという晶。

「男の人のプライドってめんどくさいね」と言い、帰るといい出ていく晶。「くそ」とつぶやく恒星は、昔ゲームで遊んでいた頃を思い出していた。

 

晶の会社では、晶が朱里からの電話を受けていた。初日から寝坊したという朱里に、昼からでもいいからくるようにと優しく告げる。12:30になっても現れない朱里に対し、松任谷夢子は、お昼ご飯を食べながら「初日リタイヤって初じゃない?」と言い、上野発(犬飼貴丈)は「僕よりダメな人がいるってホッとします」というのだった。

そこへ、佐久間が「なんか変な女の人がいるんだけど」と晶のところへやってくる。晶が向かった先の廊下では、布に包まれた朱里がそこにいるのだった。

晶は、朱里に開発したシステムのテストの担当を任せる。そっと見守る晶に対し、九十九は期待感を露わにするが、晶はどうにか受け流すのだった。そこへ、クラインアントとして京谷が契約書を持って現れる。京谷に気づいた朱里は急いで姿を隠す。何も知らない九十九は「新人さん。お客さんにお茶」と叫ぶ。

まだ次にも予定があるという京谷に対し、「ほな、お土産さん。ゴーヤの色々あったやろ?新人さん、ちょっと来て、お土産手伝って」と叫ぶが、晶が自分がやるとフォローするのだった。京谷が帰るところへお土産を持ってお見送りに向かう晶の手を止める朱里。

京谷の元へお土産を持って現れたのは朱里だった。驚く京谷に、晶も駆けつけ、京谷は晶と朱里の二人にお見送りされ、訳が分からぬまま、京谷は、会社を後にするのだった。「見た?」という朱里に「見た。二度見した」と答える晶。驚いた京谷に、笑いが止まらない二人なのだった。

 

呉羽は夫である橘カイジの会社にいた。そこへ、週刊誌に記事が載ることへの報告を受ける呉羽。そこへカイジが現れ、呉羽は席を立ち食事へ誘うのだった。

 

5tapでは、疲れ果てた晶が一人飲んでいた。そこへタクラマカンが恒星の兄の写真を差し出し、まだ恒星が探していると話し、晶も注意しながら歩いていると答えるのだった。

<スポンサーリンク>


 

「獣になれない私たち」の第8話のあらすじ(後半)

5tapに、京谷がやってきて、驚く晶。晶の隣に座った京谷は「いつの間に?朱里と?」という京谷に「流れで。マンション出たことも聞いた。お父さんのお葬式にも行けなくてごめんね」という晶。京谷の母親の千春(田中美佐子)のことを気遣う晶に、二人が別れたことは四十九日を過ぎたら京谷が千春に伝えるという。

「あれからずっと考えてる。晶が言ったことの意味。俺は晶に何を求めてたんだろうなって。ねぇねぇ、一つ聞いてもいい?」という京谷に「嫌です。いや、聞くだけなら聞いてもいいよ。答えるかわかんないけど」という晶に、恒星と付き合うのかと尋ねる京谷。

その発想はなかったという晶は、恒星とは気を使わなくていい、楽しい飲み友達だと答える。そんな淡々とした晶に、京谷は言葉が出ないのだった。

 

恒星は自分を待ち伏せしている人物に驚くが「あんたかよ」と言い、その人物は、会社の不正を暴いてほしいという大隈だった。相手にしない恒星に対し、大隈はまたも、恒星の家へ無理やり押し入るのだった。

 

恒星の事務所の看板を眺める人物に気づいた晶は、「あの、根本さんですか?」声をかける。失礼しますと言い、立ち去ろうとする恒星の兄の陽太に対し「あの、手を貸してください」という晶。

 

恒星は郵便物の中からある会社の封筒を見つけ、ビルの解体風景を思い出すのだった。

「経理部長が1000万の横領でしたっけ?」という恒星に、大隈は「3000万です」と訂正する。経理部長という所は否定しないんですね、という恒星は、以前のメモには経理部としか書いていなかったという。大隈は経理部長に一矢報いてやりたいのだという。

ずっと苦しめられてきたという大熊に「一矢報いてやりたい相手が目の前にいていいですね」という恒星。経理部長が気に入らないなら声をあげればいい、殴ればいいじゃないですかという恒星。「本当に苦しいのは敵が誰かわからないことですよ。誰に一矢報いたらいいかわからない。誰に怒ったらいいかわからない、消化できない怒りのことですよ」という恒星。

恒星は、陽太とのやりとりを思い出していた。

「助けてくれなんて俺は言ってない」という陽太に「じゃあ、どうするつもりだったんだよ、親父の会社だろ?」という恒星。「あんなことさえなきゃ。震災なんてなけりゃ。あんな事故が起きなければ、あそこで生きて行けたんだ」という陽太。

 

晶は陽太とともに、岡持三郎(一ノ瀬ワタル)の働くラーメン屋にきていた。ラーメンを食べる子供の客に目をやる陽太。「手を貸してくれというのは?」という陽太に「この店一人だと入りづらくて」という晶に、陽太はお金を持ってないというが、晶は、ラーメンをいっぱい頼むともう一杯付いてくる券を見せ、問題ないというのだった。

恒星の彼女ですか?という陽太に、晶は飲み友達だと答え「お兄さんの話は聞いてます」といい、陽太が生き残りゲームが強かった話をする。しかし「あれは恒星の方が強かった」という陽太。

途中から一切勝てなかったな、という陽太は、恒星に対し「超然とかっさらってく。真面目にやっている方はバカみたいな」という。「わかります。お兄さんと私似てるって言われました。優等生のお人好しだって」と笑う晶。真面目に誰にも迷惑かけずにやってきたんですけどね、それが今や、という陽太。

いきなり、陽太は晶にお金を貸してほしいと訴える。「3万2千円と583円」という陽太は図々しいお願いだというのはわかっているという陽太だが、自分と晶が似てるというもんだから、という。「自分だったらお金を貸す?」という晶に、はい、と答える陽太。

「確かに頼まれるときいちゃいますよね」と笑う晶に、「もしかして、さっき手を貸してくれって言ったの…?」という陽太に、自分と似ているなら来てくれるかなってという晶に、笑い合う二人。

 

ラーメン屋の外では、こっそり恒星に連絡をした三郎が、恒星が来るのを待っていた。そこへ、恒星が急いで駆けつける。ラーメン屋を除いた恒星は、二人で仲良くラーメンを食べる陽太と晶を見て「ふざけんなよ、何呑気に食ってんだよ」という。

 

兄を家に連れて帰った恒星は、事務所の前にいた晶にお礼をいう。「さっき、お兄さんにお金を貸したんだけど。私が貸したくて貸したの。恒星さんには関係ない。32583円。端数まできっちり。なんだと思う?」という晶に考える恒星。

 

翌朝、出かける恒星に、自分も出かけたいという陽太。逃げるなよ、と言う恒星に、戻って来るよと答える陽太。恒星は陽太に鍵を渡すのだった。

恒星は、陽太の後をつけ、陽太が現金書留で何処かにお金を送っていたことを叔父に話す。「それ、もしかしてマミさんじゃない?」と言う叔父は、陽太は妻にお金を送っているのではないかと言う。

恒星は、陽太の妻に電話をし、毎月、陽太が妻に32000円を送金していたとこを確認する。陽太の妻は、先月は送金がなかったことを告げ、もう送金はいいと陽太に伝えてほしいといい、その代わり、離婚届を送ってほしいと恒星に話すのだった。

 

「家賃?!」と驚くタクラマカンに、毎月、陽太が妻子の住む家の家賃だけは、送金し続けていたことを話す恒星。どんな形でも繋がっていたいと思ったのかもしれないねと言うタクラマカンに対し、恒星は、もうぶっ壊れてるのに、現実みろって話だよと話す。

すると「現実だけじゃ生きて行けません。人の脳はね、ストレスフルな環境じゃあうまく働かない。うん、負荷が強ければ強いほど機能しなくなる。そんな時は夢が必要なんです」と言う隣の男性。「夢じゃ食えませんよ」と言う恒星に「聞いてた通りの人だな。恒星さん」と言う男性に、恒星は男性のことを知らないと言う。

「会うのは初めてです。私、橘です」と言うその男性は、呉羽の夫の橘カイジ(飯尾和樹)だった。スケジュールに空きがなく、2回もドタキャンしてしまいお詫びしたいと言うカイジに「恒星さんなら、この店にほぼ毎日いるって。呉ちんが」と言うカイジに、恒星とタクラマカンは言葉が出ない。

呉羽とは友達の紹介で出会ったと言うカイジ。呉羽の仕事をとても興味深く楽しそうに語るカイジは、呉羽を見ていたら、自分も頑張ろうと思い、上場し、プテロオンラインを辞める事を決めたと言う。とても人気のあったゲームを辞める事に決めた理由を、自分の手を離れ、夢がなくなったからだというカイジ。

上場までに最低3年はかかるといい、その間で会社を作り直すと語るカイジ。社員を養わなければならないという事を踏まえた上で、運営と方針次第でできることはあると熱く語る。

カイジは、昔、自分はぶっ壊れたことがあるといい、少しでも現実から遠ざかりたくてゲームをしていたと言う。世界中には今でも昔の自分のような人たちがいるといい、そんな人たちがどんなに回り道をしても夢を持って明るいところへ迎えるようにゲームを作り続けると言う。

「おとぎ話ですね。住む家を理不尽を奪われて、風評被害で会社潰れて、3万2千円すら工面できなくなった男がこの世にいて、どんな夢を語る?ゲーム?ないだろ。昔は苦労した?そんな話ね、どん底にいる人間からしたら、成功者の戯言ですよ」と言い放つ恒星。

 

翌朝、自宅で恒星は、二人分のラーメンを作っていた。そこへ、警察から連絡が入る。陽太にラーメンを差し出した恒星は「食ったら行くぞ」と言い、ラーメンを食べる二人。恒星の部屋のテーブルには、例の封筒がおかれているのだった。

 

タクシーに乗った二人が向かった先は、埼玉だった。驚く陽太は「警察庁に向かってるんだよな」と尋ねる。「不起訴になった。余罪もないし、初犯だから起訴猶予。前歴は残るけど前科にはならないって。今向かってるのは、あんたの祭祀の家」と言う恒星の言葉にタクシーを降りると言う陽太。

「まみさんが、離婚届遅れって。夢なんて微塵もねえよ。毎月家賃払ってるからって意味ねえよ」と言う恒星。タクシーを止め、降りて歩き始める陽太。恒星は、タクシーを待たせ、陽太と歩きながら語りかける。

「家賃払ってるから家族守ってるつもりかよ」と思いを陽太にぶつける恒星。昔からピントがずれているといい、過去の話を持ち出す恒星に、それを言うならと、陽太も過去の話を話すのだった。次々と過去のわだかまりをぶつけ合う二人に、追いかけてきたタクシーの運転手は間に割って入ることが出来ない。

「お客さん、いい加減にしてください」と割って入った運転手に、二人は声を揃え、うるさいなと言う。

「今、兄貴と喧嘩してんだよ。誰に怒ったらいいかわかんないから、お互いに向きあって怒るしかないんだって」と言う恒星に、言い返せない陽太だった。

 

タクシーを帰し、二人で歩きながら話す二人。実家の解体が終わった事を告げる恒星は、広告を見るかと言うが、今はいいと言い、いつかは見る、と言う陽太なのだった。

「恒星、会社の借金助けてくれた時、なんかヤバイ事した?」と言う陽太に、なんの話?と答える恒星。やっぱり離婚かなぁと落ち込み陽太に、旧消費税ぐらいの可能性はあるんじゃない、と言う恒星。陽太は、5%?3%?と聞きながら、歩いていく二人。

公園で遊ぶ、陽太の妻と娘の元へやってきた陽太と恒星。自分の父親に気づき、飛びついて喜ぶ娘に、泣きながら陽太に抱きつく妻。3人は抱き合って涙し、その様子を恒星は、見つめていた。

 

バスで一人帰る恒星は、テーブルに置いてあった封筒を取り出し、中の書類をみる。それは、恒星の実家の解体報告書であった。解体前の写真と、解体後の写真が載っていて、解体前の家の中には、兄と毎日遊んでいたボードゲームが写っていた。解体前の写真を見た恒星は、人知れずバスで涙するのであった

 

事務所の前には晶が待っていた。ネットで懐かしのボードゲームを手に入れたと言う晶は、久しぶりに兄弟対決をしてみたらとビールを持って待っていたのだった。

「兄弟対決は終わった。次は晶VS恒星やろうぜ」と言い事務所でゲームを懐かしく広げる恒星と晶。ゲームをしながら、晶に、橘カイジに会った事を告げる恒星は、ふざけたやつだったわと話す。兄のことで八つ当たりした恒星に対し、カイジは「毒舌でいいね、信用できる」と言ったのだと言う。

「あれは呉羽と気が合うわ」と言う恒星。晶とゲームをしながら「俺、呉羽の事好きだったんだなぁ」と言う恒星に「今頃?丸分かりだったよ」と言う晶。俺、ダッサ、と笑う恒星に、ダサくはないと言う晶。ゲームを続ける二人はとても楽しそうだった。

恒星は、陽太が借りたお金を立て替え、兄貴から、と席に戻ると、晶は眠ってしまっていた。

晶をベッドへ運び、電気を消して、扉を閉めた恒星は、ドアの窓から眠る晶を見つめ、笑顔を見せるのだった。

 

「獣になれない私たち」の第8話の感想

今回の第8話は、恒星と兄との関係についてがメインでしたね。

行方不明になっていた恒星の兄、陽太が見つかり、怪我をしたことにより、日雇いの仕事が出来ず、窃盗を犯してしまった兄を迎えに行った恒星。この時、恒星は兄に嫌味をぶつけるのですが、本当の所はどうだったんだろうかと思いますね。

小さい頃から、何でも出来て人気者の兄。疎ましく感じる部分もあったと思うけど、そんな兄のいまの現状にとても寂しく感じたんじゃないかなと…きっと小さい頃の恒星にとって兄はヒーローのような感じだったんだろうなと思ったので。

なぜ、陽太はそんな人生を送ることになったのか。父親の会社の跡を継いだ陽太に待っていたのは、震災のあの事故だった。そこに風評被害が加わり、気が優しい陽太は、人為削除も出来ず、全てを自分で受け止めた結果が、今の人生だった。

恒星が何度も口にした、誰に怒っていいかわからない、と言う言葉が、本当に切なかった。時として、誰にでも起こりうる事が、兄に降りかかり、兄の人生を狂わせたてしまった。きっと、恒星は兄にいつまでもヒーローでいて欲しかったんだと思いました。だからこそ、今の兄の姿を否定したかったのではないかと感じましたね。

帰りのバスでの恒星の涙が、本当の弟である恒星の姿だった気がしました。

晶と恒星もとてもいい雰囲気で、今後がますます楽しみな、獣なれ!!続きが気になる中、橘カイジの配役にびっくりでした。

 

「獣になれない私たち」の今後の予想

今後の予想としては、まず、朱里が晶の会社でうまくやっていけるのか。これまで5年間、無職で、ゲームばかりで生きてきた朱里が、あんなにキャラの強い九十九の元で、どううまくやっていくのかが気になりますね。ということは、晶にも大変な環境が待っているのでしょうか。

また、晶の会社の憎めないキャラクターの人々も、これからどうなっていくのか。九十九をはじめ、松任谷に上野、退職してしまうのか佐久間、と、今後のこのメンバーたちの成り行きも目が話せないですね。

そして、恒星は、橘カイジとの対面を果たし、今後の呉羽との関係も踏まえて、橘夫婦とどう関わっていくのか。呉羽に対する思いを断ち切ることができるのか。呉羽の本当の想いはどうなのか。まだまだこの部分は気になるところだらけですね。

でも、晶と恒星の距離はいい感じで近づいていて、今回の恒星の兄とも、晶はいい関係をすぐに気づき、恒星と兄の関係にいいエッセンスとなったと感じますし、やっぱり、晶と恒星がひっついてくれたらいいのになぁと願っちゃいますね。

晶の深い心の部分を知っている恒星。恒星の本音を感じ取る晶。お互いに心を開きつつある二人。これからの展開がどうなっていくのか。最終回まで気になって仕方ないですね。

<スポンサーリンク>